境内案内

伽藍

山門

 正覚寺の正門、入り口にあたります。

本堂

 文化年中に焼失し文化八年に再建されましたが、関東大震災で半壊し、大正十四年に修復されました。以降、改修を重ねながら今日まで維持されています。
 本堂には、本尊の「虚空蔵菩薩」と脇本尊の「薬師瑠璃光如来」が安置されています。お参りの際は、まずこの本堂を参拝してから、四季折々の緑と花に囲まれた境内を散策ください。

阿弥陀堂(納骨堂)

 阿弥陀如来が安置された納骨堂です。宗派問わずどなたでもご利用いただけます。詳細は「墓地・納骨堂」のページをご参照ください。

鐘楼堂

 大晦日に、除夜の鐘を順番にお突きいただけます。(午後11時半頃~翌午前0時半頃)
 静かに夜空に響き渡る除夜の鐘に耳を傾け、行く年の煩悩を洗い、来る年の光明を願いましょう。

大鷲神社

 境内には、山王日吉神社が鎮座し大鷲大明神が合わせて祀られています。
 毎年「二の酉」の日には、この神社の祭礼として酉の市が催されており、古くから多くの方々にお参りいただいています。

「心のふる里」の碑

 第二次世界大戦中、正覚寺では学童疎開が行われており、多くの子供たちが、戦火を逃れ境内の防空壕で過ごしました。
 境内には、当時使用されていた井戸が残っています。

境内散策

その他、境内の四季折々の景観をお楽しみください。