ピア・カウンセリング

ピア・カウンセリングとは

 ピアカウンセリングは1970年代初め、アメリカで始まった自立生活運動の中でスタートしました。自立生活運動は、障がいを持つ当事者自身が自己決定権や自己選択権を育てあい、支えあって、隔離されることなく、平等に社会参加していくことを目指しています。ピア・カウンセリングとは、自立生活運動における仲間(ピア)への基本姿勢のようなものです。


 ピアカウンセリングでは、お互いに平等な立場で話を聞き合い、きめ細かなサポートによって、地域での自立生活を実現する手助けをします。


 ピアカウンセリングの役割には、大きくわけると2つの側面があります。

精神的サポート 「ありのままのあなたでいいよ」というメッセージ。お互いを尊重しあう。

  • 自己信頼を回復するためのサポート
  • 権利擁護、意識確立のサポート
  • 施設や親元から独立するためのサポート
  • 性やセクシャリティについての悩みに対するサポート
  • その他対人関係等、自立生活全般に必要な精神的サポート

自立のための情報提供

  • 住宅探し、情報提供と改造等の相談
  • 所得保障に関する相談、情報提供
  • 仕事、職業に関する相談、情報提供
  • 介助に関するさまざまな情報提供
  • 余暇・旅行・レジャー情報提供
  • その他、自立生活に関する全般的情報提供および相談

 以上のような相談に応じる障がい者を、ピア・カウンセラーと呼んでいます。


JILが提唱するピア・カウンセラーは、単なるアドバイザーではありません。当事者のことをもっともよく理解しているのは、その人自身であるという人間信頼、自己信頼にのっとった立場に立ちます。平等に、対等に、力と時間をつかい、自立生活の実現のサポートをします。

全国自立生活支援センター協議会(JIL)ホームページより