logo

アテンダント

派遣の流れ

① 利用者からセンターに依頼

  • 依頼は依頼日の前月20日までにして下さい。それ以降になるとアテンダントが見つからない場合がありますので、ご注意下さい。
  • FAX・メールでの依頼については「依頼を受けました」という返信をコーディネーターよりさせていただきます。
    返信がない場合は再度ご連絡下さい。
    (土・日・祝日を挟む場合は、返信が遅くなります。)

② コーディネーターがアテンダントに依頼

③ 利用者には、決定アテンダントを連絡し内容を確認する文書を送付

  • アテンダントには介助契約書兼領収書
    (以下契約書)・添付資料を送付。

④ 当日の派遣

  1. 契約書(3枚綴り)はアテンダントが持参。
  2. 保険の関係上、介助が始まる前に契約書の内容を確認し、両者で署名・捺印をして下さい。
    *捺印は3枚全てにお願いします。
  3. 介助。
  4. 介助終了。契約書に延長・交通費・合計金額等を記入。利用者は介助料をアテンダントに支払い、アテンダントは領収欄に署名・捺印をする。
    利用者、アテンダントともに契約書
    (ピンク: 利用者 黄:アテンダント)を受け取り1枚ずつ受け取り保管。
  5. 契約書(白)の1枚をアテンダントがセンターに提出。

利用料金

利用者支払 アテンダント受取
アテンダント料 事務手数料
基本料金 1,500円/時 1日 300円 1,500円/時
延長料金
(30分ごと)
750円/30分 無料 750円/30分
宿泊介助
(0:00~6:00)
3,000円/泊 無料 3,000円/泊
入浴介助 500円 無料 500円
宿泊時活動手当
(30分ごと)
750円/30分 無料 750円/30分
年末年始
(12/30~1/3)
1,875円/時 1日 300円 1,875円/時
特例の料金
6時間契約
5,000円/6時間 1日 300円 5,000円/時間
交通費  公共交通機関の場合     実費
 自家用車・バイクの場合   20円/㎞
 駐車料金          実費

通勤・通学の付き添い介助

通常のアテンダント契約は1時間~ですが、「通勤・通学」のみ特例として、30分契約から受け付けます。
30分契約の場合、アテンダント料は750円・事務費は300円となります。

特例の料金・6時間契約

  1. 障害福祉サービス(居宅介護・重度訪問介護・同行援護)地域移動支援サービスなど公的サービスを第一の優先にして下さい。
  2. 施設入所利用者、公的サービスの利用が認められていないもの(通勤・通学・通所、入院、仕事、旅行でのホテル内など)等で尚且つ長時間利用した場合に限っての特例の料金設定です。
  3. 公的サービスが使えないが短時間利用の場合は、通常料金(1時間1,500円)をご利用下さい。

介助中の経費

  • 介助中の交通費・入場料・宿泊費などは利用者負担です。
  • 食事は原則としてアテンダントの負担ですが、外食で高額な食事になる場合はセンターに、事前にご連絡下さい。利用者に一部負担をお願いする等話し合いを行ないます。

延長料金

  • 時間厳守が原則ですが、やむ得ない場合、アテンダントとの合意の上で延長(最長1時間)して頂いても構いません。
  • 延長料金は10分から切り上げて、30分単位でお支払い下さい。

キャンセル料金

  • 2日前の18時以降のキャンセルについては、介助料の全額をアテンダントに支払っていただきます。

キャンセル料が発生しない場合

  • 災害
  • 公的交通機関のマヒ
  • 家族等の急な不幸があった場合

アテンダントの遅刻

  • 契約時間になってもアテンダントが来ない場合、コーディネーターまでご連絡下さい。
  • 連絡のない遅刻は1回につき3,000円を迷惑料としてアテンダントがセンターに支払います。
  • 利用者の希望によっては、30分以上の遅刻の場合、別のアテンダントを派遣することができます。その時も同様で、キャンセル前のアテンダントが1回3,000円を支払います。
  • 迷惑料は後日センターより利用者にお渡し致します。

事務手数料

  • 当サービス利用に当たっては1日300円の事務手数料を頂きます。利用時間や1日の利用回数は問いません。
  • 事務手数料は1年に1回(4月)、1年分まとめて請求します。
  • お支払いは持参または郵便振替でお願いします。

アテンダントの研修

  • アテンダントには当事業所えんじょいの有資格ヘルパーまたはセンターが面接後、車いすの介助、食事介助等研修を受けた者とします。
  • 初めての組み合わせの場合、利用者・アテンダントどちらかの希望があれば、コーディネーターが同行指導します。

アテンダント研修の研修について

  1. アテンダントには面接後、車いすの介助、食事介助研修等を受けていただきます。
  2. 研修後は直接介助に入ってもらいます。但し、初めての組み合わせの場合、利用者・アテンダントどちらかの希望があれば、コーディネーターが同行指導します。

その他

  • 利用登録は更新制になります。毎年3月に、翌年度の利用を継続される場合は再登録し、その時点で以下の方法で会費(正会員:5,000円 利用会員:3,000円)をお支払い下さい。

    1.事務所に来て、直接納入する。
    2.郵便振替口座に振り込む。
    【口座番号】  00900-7-188361
    【口座名義】  特定非営利活動法人
            姫路自立生活支援センター

  • 当サービスは、特定非営利活動法人姫路自立生活支援センターの正会員及び利用会員に対するサービスです。会費、事務費の滞納、または、会の趣旨に従って行動していただけない場合は、アテンダントサービスの利用を停止する場合があります。
  • 介助に関わるトラブル、不満や悩み、介助サービスに関わる疑問など、どんな些細なことで構いませんので、コーディネーターまでご連絡下さい。