園紹介

保育理念

一人ひとりの個性を大事にしながら、心身共に健やかな、のびのびとした園児を育てます。


保育方針

・仏教保育を基本とし、園児の心身の発達を助ける保育を行なう

・さまざまな経験を重ねることで、こどもたちの感性を育む

・安定した保育を提供し、家庭と共にこどもの成長を喜び合う


保育目標

生き物を慈しむ心を育む

他人を思いやる心を育む

がまんのできる心を育む

保護者に寄り添い、共に子育てをする環境を整える


決まり事

1. 保護者に負担を掛けないために保護者会を設けていません。
2. 3歳児以上は指定の制服があります。
3. オムツは布オムツを使用します。(レンタルの布おむつを利用します。洗濯は不要です。)
4. 4歳児までは午睡があるので、ベビー布団をご用意下さい。
5. 3歳児以上は、主食代を徴収します。
6. 月に1回、保育園だより・クラスだよりを発行します。必ず目を通して下さい。
7. 原則として、与薬は行いません。(医師の指示がある場合を除く。)
8. 登園の際には、保護者同伴で教室まで来て下さい。降園時、園児は保護者のみに引き渡しを致します。
9. 駐車場は観音寺の駐車場を利用します。

園の特徴

 クラス別保育を行っています。各クラス複数担任を配置した、手厚い保育を心がけています。
 職員は、平均勤続年数が11年超とベテランの職員が多くおり、安心して保育を任せることができます。
 広い園庭、観音寺の境内地を利用して、四季の変化を感じ、生き生きとした心を育むことができます。

保育園の沿革

昭和12年 5月 春秋二季農繁期託児所として経営。
昭和18年 5月 横浜市の依頼を受け戦時託児所として運営。
昭和23年 5月 児童福祉法に則り神奈川県知事より認可を取得。観音寺保育園として設置運営。
昭和45年 7月 既設建物が老朽化したため施設建物の全面改修を計画。設置主体を社会福祉法人とするため厚生大臣に認可申請書を提出。
昭和46年 1月 施設建物工事着工。
昭和46年 3月 厚生大臣より社会福祉法人の認可を受ける。
昭和46年 5月 横浜市長より児童福祉法人による保育園の認可を受ける。観音寺保育園閉園。
施設名「横浜ルンビニー保育園」として運営。
昭和46年 10月 職員寮を併設し、冷暖房を完備・水洗式の保育園園舎完成。
平成26年 7月 老朽改築事業として新園舎建設工事着工。
平成27年 3月 新保育園舎竣工。