勉強会報告 平成30年度

ホームへ
 
平成16年度勉強会
平成17年度勉強会
平成18年度勉強会
平成19年度勉強会
平成20年度勉強会
平成21年度勉強会
平成22年度勉強会
平成23年度勉強会
平成24年度勉強会
平成25年度勉強会
平成26年度勉強会
平成27年度勉強会
平成28年度勉強会 
平成29年度勉強会
平成30年度勉強会



平成30年(2018年) 
 月日 主催  講師  講演内容   評価  出席者
2月24日 鶴見大学歯学部小児歯科学教室
同門会 
鶴見大学小児歯科学教室
小平裕恵先生
小児患者が理解しやすい代用語 ☆☆☆☆☆  京子 
  お茶の水女子大名誉教授。CRN(child research network)所長
榊原洋一先生
小児歯科診療現場で役立つ大人の発達障害、子どもの発達障害

「発達障害」は診断名ではなく、「ADHD」、「ASD」及び「LD」の何れかを指すこと、従来の様に「主に男児の疾患」ではなく、女児の割合も高いこと、さらに成人で発症する場合もあること、発達障害の脳内病理、症状、対処法、新薬の登場、日本におけるインクルーシブ教育の実態等の内容でした 
3月10日  保険医協会  元埼玉県総合リハビリテーションセンター歯科診療部長
三浦正明先生 
 歯科医院の為の医療安全管理講習会
「偶発症に対する緊急時の対応および医療事故対策など」
☆☆☆  哲雄 
3月24日  東京臨床小児歯科研究会  杉並区開業 岡村毅先生 
三芳町開業 小肩敏江先生
の指導で右の検査その他(舌苔付着度、パタカ、サクソンテスト)の実習
 咀嚼能力検査
(グルコセンサー)
 
 咬合圧検査
(デンタルプレスケール)
   
 舌圧検査検査
 
 粘膜湿潤度検査
(ムーカス)
 
☆☆☆☆☆   京子 
 京都市歯科医師会 大野先生 口腔機能発達不全症に関する基本的な考え方及び算定について