栃木県議会議員   第103代 栃木県議会議長

 この度、会派を超えた多くの議員の皆様からのご推挙をいただき、第103代栃木県議会議長に就任することが出来ました。歴史と伝統のある栃木県議会の議長として、前議長を引継ぎ、公正中立、円滑そして活気あふれる議会運営に全力で取組んでまいります。
 平成28年度は、「地方の時代」 の創出に向け本格的に始動する、とても重要な年です。本県においては、「とちぎ元気プラン」 をはじめ、多くの分野別計画がスタートするとともに 「とちぎ創生15(いちご)戦略」 についても本格展開することになります。
 「県民の皆様が、元気に、安心して暮らせる栃木県」 を目指し、積極的に諸課題に取組んでいく必要があります。知事とともに県政をしっかり舵取りしていくことこそが、県議会議長に課せられた責務であると考えております。
 また、「地方の時代」 にふさわしい、活力ある議会、真に力を発揮できる議会とするため、更に議会活動を充実させ、県民に信頼され、期待される県議会となるよう最大限の努力をして参る所存であります。

               五月女 裕久彦












ギャラリーにて活動状況も紹介しておりますので、こちらもご覧下さい。



y.soutome
地域のきずなを大切にし、
だれもが
安心して暮らせる
地域社会、
夢と活気のある
地域社会
を目指します。



 私たちの住む河内・上河内地区は宇都宮市と合併しました。近年、急速に都市化が進んでいますが、都市基盤の整備が追い付いていないのが現状です。
 栃木県議会議員・五月女ゆきひこは、住民の皆様の意見に耳を傾け上下水道生活道路の整備・促進、区画聖地事業の推進など身近な問題に積極的に取り組んでまいります。
 都市と農村の調和のとれた緑豊かな田園都市の創造を目指します。
 




栃木県議会議員 五月女ゆきひこ後援会事務所
〒329−1104 栃木県宇都宮市下岡本町1404番地
TEL 028−673−2027   FAX 028−673−2345
Copyright(C) 2003 五月女ゆきひこ後援会