日本って変な国 資格を持たない者が堂々と営業している



 現在、日本で認められている医療行為には、医師の行う医療行為の他に、あん摩・マッサージ・指圧・はり・きゅう・柔道整復があります。勿論、国家試験を受けて、合格した者に免許が交付されております。法律によって身分もキチンと保証されております。
●町にあふれる医業類似行為
 カイロプラクティック、整体、リフレクソロジー、クイックマッサージ等々。最近、このような看板を掲げて営業する者が増えてきました。これらの行為は、名称を変えておりますが、内容はあん摩、マッサージ、指圧と同じ行為です。つまり、カモフラージュによって巧みに法律の網をくぐりぬけているのです。無資格者の営業は明らかに法律217号第1条に違反しています。しかし、それが全く無視されて、何のとがめも受けることなく、当り前に白昼堂々と違法行為が行われているのです。
●どうして、こんな理不尽がまかり通っているのでしょう?
 国民の健康を守るのが厚労省の仕事です。しかし、どんなに無資格者による被害例が出ても厚労省も警察も動こうとしません。一応、取り締まりの通達は出しておりますが、それはポーズに過ぎません。
 法律も裁判も全く無視されています。これは何か強い権力によって法律が捻じ曲げられているとしか考えられません。
●カイロプラクティックや整体は市民権を得ている?
 雨後のたけのこのようにニョキニョキと出現する無資格者。その大半が短期講習を受けただけであったり、ビデオ等で簡単に学んで開業している者たちです。しかし、中には高度な技術者もいて、市民の信頼を集めている者もいるようです。だからといって、それが無資格で営業してもいいという正当な根拠にはなりません。あん摩・マッサージ・指圧師の免許を取得して堂々と行うのが健全な判断力というものです。
 カイロプラクティックはアメリカで生まれた治療法で有効な治療手段です。それだけに、未熟な者が行えば必ず事故を引き起こします。それがわかっていて何もしない厚労省は、国民の健康を守るという重大な使命を忘れているのでしょうか?
●間口も奥行きも広いあん摩術。
 はり灸に比べると、あん摩術に対する国民の需要は非常に高いと思われます。無資格者の急増で、いみじくもそれが証明されました。
 あん摩という文言は、なぜか敬遠されがちですが、治療法としては非常に奥の深いものがあります。法律上でも、あん摩にマッサージと指圧が追加されていますので、間口も非常に広くなっています。カイロプラクティックや整体があん摩マッサージ指圧の業務の範囲内で行われたとしても何も不合理ではありません。
●国民が一番迷惑をしている。
 「俺たちは、あん摩をやっているんじゃあない、だから無資格者じゃないよ」
 これが彼等の開き直った言い分です。
 これが黙認されているため、あん摩マッサージ指圧を標榜さえしなければ、つまり、看板さえ換えれば法に触れることはない、国家資格でなくても民間資格で十分押し通せるという身勝手な発想になり、この言い分が無資格者を正当化し助長していることは間違いありません。
 しかし、多くの国民はこのことを知りません。堂々と看板を上げて営業していれば誰でも信用してしまいます。まさか無資格だなんてことは思いません。一流の法治国家がそれを許しているなんてことは夢にも思わないのです。
 厚労省は、国民の健康と利益を守るために、一日も早くこの問題を解決してほしいものであります。
鍼灸マッサージ師 井原康彰
 

Topに戻る