第64話

お祓いって、効果あるの?



 「神道は祓いに始まり、祓いに終わる」と、言われる通り、「祓い」は神道の核となる
 思考・行動となっています。

 祓いは、知らず知らずに溜まったツミ・ケガレを落としてきれいにすることです。

 このツミとは、人を殺したとか、そういう罪とは違うのです。

 ツミは「包み」「積み」であり、自分の内にある神なる本質を包み隠してしまうものが
 積み重っていることを示しています。

 また、ケガレも汚いというより、「気枯れ」であって、尊い内なる神さまの気を枯らして
 いる(エネルギーが枯渇)状態になっていることなのです。

 死がケガれているというのも、死が汚れているという意味ではなく、死によって心が悲しみ、
 落ち込むことでエネルギーが弱っているという意味なのです。

 なので、
 「私は犯罪者じゃないし、毎日風呂できれいに洗っているので汚れていない!
  よって、罪(つみ)も汚(けが)もないので、お祓いの必要はない!」
 という解釈ではないのですね。


     ++++++      ++++++      ++++++


 日々の現実の中で生活していると、どんな人でもツミ・ケガレを生じます。

 ツミ・ケガレを祓うとは、自分に不必要なものを取り払って、軽くなることであり、
 シンプルになって自分らしさが発揮できるようになることです。

 ♪ 祓うは、掃うでもあり、心身についた「スス」を掃うと、自分の光は明るくなります。
  <大掃除や身体を洗い流すことも、禊祓(みそぎはらい)となります>

 ♪ 祓うは、払うでもあり、たとえば、借金を支払うと、自分の立場も心も軽くなります。

 ♪ 祓いは、笑いでもあり、笑うと溜まったケガレが外に出て、身も心もスッキリします。

 他にも、私なりに感じている日常生活でできる「祓い」としては、

 ♪ 想っていることを出すこと(口に出す・文章で書く・絵に描く・楽器・歌・踊りなど)

 ♪ 許すこと・詫びること・手放すこと・・・などがあります。

 共通点として、自分が明るく、軽く、シンプルになって、元気(本来の自分)になって
 いくことです。

 元気になれば、自分が輝き、ありがたくなるので、他の人にも喜びを与えたくなり、
 分かち合いが生まれ、結び、調和していきます。

 つまり、祓いは、喜び、感謝、調和、愛につながっていく特効薬なのです。

 そして、祓いは特別なご祈祷をしなくても、日々の心がけでできるものなのですね。


     ++++++      ++++++      ++++++


 祓いは、自分から気づいて先手を打ってできると、大難が小難に、小難が無難になるのです
 が、溜まったツミ・ケガレに心を向けずにいると、おかげ様から、ありがたくイエローカード
 (警告)を受けることになります。

 これが病気であったり、ケガであったり、トラブルであったりということになるのです。
 ここで、すぐに手を打てば、ピンチはチャンスになるのですが、先送りしたり、逃げたり
 すると、今度はさらに厳しいピンチに遭遇することになります。

 不幸現象はある意味、その人の原因と結果の法則により、自分からクリーニングしなければ、
 外からドーンと、お祓い現象を受けることになってしまう、そのあらわれなのです。

 祓いは、外からダメージを受けるよりも普段から自分で祓って、感謝の人生にした方がいい
 ですよね。

 日常生活でのお祓いの心構えについては述べましたが、年末は特にツミ・ケガレが
 溜まっているので、今回は神道の祝詞によるお祓いについて説明しましょう!


     ++++++      ++++++      ++++++


 日本では、古代からすべての民のツミ・ケガレを祓うために大祓祭をしており、今でも
 神社では6月末と12月末には、「大祓詞」を奏上し、一年のツミ・ケガレを祓っています。

 この大祓詞は、本人のツミ・ケガレをクリーニングするだけでなく、先祖・子孫をはじめ、
 民族、日本、地球のツミ・ケガレまで祓い清める古神道の最高祝詞です。

 最初の「高天原に神留り坐す」と、称えるだけでも、神さまが目の前に降りてこられます。

 また、途中にある「安国と 平けく 知ろしめせと 事よさし奉りき」では、
   「国を明るく平安にする高き神々たちが、
     事になぞられて言霊の力をもって御力を発揮され、マコトを伝えられる」
 という解釈になります。

 今の日本には、特に必要な言霊ですよね。

 そして、
   「安国」は、安らかにする「ヤサカニノ勾玉」を、
   「平けく」は、平らにする 「アメノムラクモノ剣」を、
   「知ろしめ」には、自らを知る「ヤタノ鏡」をも表しており、
 三種の神器で日本の霊性を守る意味も込められているのです(深い!)

 他にもこの大祓いの祝詞のすばらしさは、言い出すときりがありませんが、とにかく
 となえてみる価値は十分あると想います。




           一覧へ