第24話

さくら


お花見のさくらって、とてもきれいでその場にいるだけで心が和みますよね。
でも、もっとさくらが好きになる方法をみつけました。

それは、同じさくらを毎日みて、その移り変わりを感じることです。

まだ、つぼみのときには「はやく咲いてほしいな〜」と見つめて楽しみます。
そして、はじめて咲いたときには「やった!さいた!」と大喜びします。

その後は、花がどんどん咲いていくのが毎日の楽しみで、ついに満開のさくらを見上げたときには、 さくらドーム?の中で幸せの光につつまれて、うっとりした気分になれるのです。

満開をすぎた頃から、少しずつ、新緑の葉の色に目を奪われるようになり、今度は新緑の みどりとさくらのほのかなピンクの彩りとの調和に、また格別の感動を味わえるのです。

いよいよ花びらも散って、土の上がピンクのじゅうたんとなっているときには、地面から ほんのりした温かさとやさしさがこみ上げてきます。

そのときには、落ちている花びらにこう語るのです。
「さくらさん、今年もほんとにありがとう。最高に素敵でしたよ!おかげさまでいのちの パワーをいっぱいいただきました。来年、また会うのが楽しみです!」
とさくらの花への感謝と来年に会える喜びを伝えるのです。

つまり、どんなときのさくらであっても、それぞれに輝いているということです。
人生も同じで、若いときには若い魅力、熟年には熟年の魅力があって、 「どんなときでも輝くことができるよ!」ということをさくらさんから教えてもらいました。

大自然には、生きるヒントがたくさん詰まっているのですね。


一覧   第23話 お花見   第25話 天命カウンセラーとして