第22話

ご先祖さま孝行


ご先祖さまは子孫に会うことはできても、神仏には直接的にお会いすることはとても難しいようです。
(霊層に段階があることや神社は光が強いので・・・)

だから神社やお寺にはいくら参拝したくても行くことができないのですね。
ご先祖さまになってしまうとなかなか自由がきかないわけです。
だから人間であるってことは本当にありがたいのです・・・・

しかし、子孫である私たち人間が媒体となれば、ご先祖さまを神社やお寺にお連れすることができます。
ただし、実際に参拝できるようにしていただけるのは、それぞれのご先祖さまひとかたひとかたの産土の大神さまなのです。
(生きているときはもちろん、死んでからも産土の大神さまにはお世話になるわけです。)

たとえば、私たち子孫が
「わがご先祖さま、いつもありがとうございます。
今日は私の大好きな○○神社に参拝いたします。私とともに参道を歩いて、ご一緒に参拝して神さまのご開運をお祈りいたしませんか?」
と、ご先祖さまに語りかけます。
すると、ご先祖さまの産土の大神さま経由で、ご先祖さまにこの語りかけの便り(メール)が届くのです。

産土の大神さまは「君の子孫が一緒に神社を参拝しませんか?と誘っておるが、君はどうするかね?」 と訊ねられます。
そこで前々から神社に行きたかったご先祖さまは
「とってもありがたいです。喜んで参拝させていただきます!」と答えます。

ご先祖さまの産土の大神さまは
「いい子孫をもって君は幸せじゃのう・・・・ では、わしの船に乗るがよい!
神社まで連れて行ってやろう。 いざ出発じゃ!」

という具合に子孫の語りかけと産土の大神さまの計らいがあってはじめて特別に神社に 参拝できるわけです。

子孫のこの語りかけにより、ご先祖さまたちは大神さまのご神徳や大仏さまのご仏徳をいっぱい 受けることができるのです。
このことは霊界におられるご先祖さまにとって、とってもラッキーなことであり、 生きる?勇気と希望が沸いてくることでしょう。

この世に生きる子孫が先頭に立って、あの世におられるご先祖さまをたくさん連れて、 ともに成長するために一緒に神社参拝できるって、なんかとってもカッコイイし、 最高のご先祖さま孝行ですよね・・・・・
そしてその陰にはいつも私たち子孫とご先祖さまを見守っておられる大自然即ち神である 産土の大神さまの存在があるのです。

そのことを意識して神社にお参りに行くときなどはこうお祈りしてみてはいかがですか?

「われと共に成長を望むすべてのご先祖さまをお導きくださる産土の大神さま達・・・・
いつも本当にありがとうございます。
産土の大神さま達の一霊四魂のいやますますのご開運をお祈り申し上げます。
とってもありがたい産土の大神さま達、われと共に成長を望むすべてのご先祖さまが、 私と共に○○神社に行けますようにお導きよろしくお願い申し上げます。」

祈り言葉はこれで OKなのですが・・・・・・

大切なことはまず、「われ(自分)が常に成長するんだ!」と思って生きていくことなのです。

自分の成長しようとするその度合いに応じて「われと共に成長を望むすばらしいご先祖さま」が お出ましになり、ともに神社に参拝することができるのです。

どうぞみなさんお彼岸には、お墓参りと共にご先祖さまを縁のある神社やお寺にお連れしましょう!
(もうあなたは霊界のスターになることでしょう(笑))


一覧   第21話 ご先祖さまありがとう   第23話 お花見