【3】 初詣より、年末詣の方が開運するってホント?






 「初詣」といえば、お正月であり、元旦から一週間ほどの期間に神社や寺院にお参りする
 というのが、日本の常識になっていますよね。

 ところが、今年のケガレをスッキリお祓いして、神さまに応援していただき、来年を
 開運の年にさせたい!と、お望みの方は、「年末詣」をお勧めします。

 なぜ、お正月でなく、年末なのか?

 いくつか理由があるのですが、一つ目として、冬至(12月22日頃)以降は天文学的には、
 新たな暦のスタートを迎えていることになり、ある意味、年末こそがお正月といっても
 過言ではないのです。

 大自然の節日として、冬至、春分、夏至、秋分があり、これらの日は古来より、太陽信仰や
 墓参りも含めて、神々や祖先が降臨し、交流しやすい日とされ、神々のエネルギーも大きく
 なります。

 その中でも、夜時間が最長の「冬至」は日が短い陰の極みから、冬至を境に日が長くなって
 いく陽に転じるスタートの日(大自然の元旦)になるのです。


     ++++++      ++++++      ++++++


 伊勢神宮内宮の入口、五十鈴川にかかる宇治橋は、俗界と聖域とをつなぐ掛け橋と
 いわれています。
 この宇治橋の前には有名な神宮の鳥居がありますが、冬至にはその中央から日が昇ります。

 また、内宮から北東にある二見浦の夫婦岩では、6月の夏至の頃に二つの岩の間から
 太陽が昇り、12月の冬至の日には月が昇るのです。
 (岡山の吉備津彦神社の鳥居からも夏至の日、太陽が昇ります)

 クリスマスの日は、イエスさまの誕生日と言われていますが、そのことよりもローマでは
 12月の冬至に太陽をお祭りしていたことから、むしろクリスマスは冬至の祭りとしての
 意味合いが強いのではないかと感じています。

 冬至は神さまの降臨する時期なので、サンタクロースという子ども好きで優しくて
 楽しい神さまが、クリスマスツリーという神木や煙突をアンテナとして降臨できて、
 ご神徳(プレゼント)を捧げられたのではないでしょうか・・・

 サンタさんは、日本での「年神さま」であり、クリスマスプレゼントは、感謝と喜びの
 世界を広げるお年玉(奉納)と考えると、世界はつながっていきます。

 日本の子ども達は、年末年始と二度おいしいですね・・・


     ++++++      ++++++      ++++++


 年末詣がお勧めの2つ目の理由は、ありがたいことに12月の時期は、神社や寺院では、
 お正月の準備のために境内を念入りに掃除して、しめ縄や飾り等も新しいものに交換
 するので、神社はピカピカで清浄な気に溢れています。

 また、年末には神社では大祓いの行事もあり、神さまは気合十分、お元気でご機嫌も
 上々です(笑)

 その上、大晦日までは参拝者も少ないので、笑顔で何でもお話を聞いてくださる余裕がある?
 ということで、神社参拝にはまさに絶好のタイミングなのです。
 (ちなみに、正月三が日の神仏は超多忙でヘトヘトなのです)

 新年の元旦になった途端、有名神社・仏閣は人で溢れ、ごった返す中、鳥居があることさえ
 気づかず、お手水で清めることもせず、遠くからお賽銭を神さまに投げつけることになって
 しまい、心のこもったお祈りもできないまま、人に酔い、疲れ果てる初詣となってしまう
 ことが多いのが現実です。

 これでは、何のための参拝?となってしまいます。

 もちろん、初詣も季節の楽しい行事なので、味わうことは意味のあることですが、
 ツウの参拝をしたい方は、年始よりも年末に清清しい神社・寺院でゆったりと心身を癒し、
 祓い、神さまにじっくりお祈りすることの感動を味わっていただき、さらに、開運効果も
 高いおいしい?年末詣を実行してみてください。


     ++++++      ++++++      ++++++


 では、年末詣のポイントをお伝えしましょう!

 来年の開運を願うなら、この十二月に来年の目標を立てておきましょう。
 お正月になってから考えていては、スタートの時点で大きな差がついてしまいます。

 年末に参拝するまでに来年の目標を立て、ありありとイメージします。
 (楽しみながら、モチベーションの上がる目標を立てることがポイント)

 そして、その目標を書いた紙も持参して、12月中にご縁のある神社
 (産土神社・鎮守神社・一の宮・お気に入りの神社・菩提寺・総本山等)に参拝します。

 神社では、まず今年一年、生かせていただいたことと、参拝できるありがたさに心を向け、
 ふるさとの産土さま、土地神さま、天地の恵み、ご先祖さま、両親、家族、縁ある人に感謝と、
 いや益々のご開運をお祈りします。

 神社でお祓いをしてもらうこともいいとは思いますが、それ以上に効果のあるお祓いは、
 神社で神さまのご神気に触れ、ただありがたく、感謝の心で参拝することなのです。

 そして、参拝の最後に、来年の具体的目標・行動をお伝え(宣言)し、書いた目標の紙も
 お見せするとよいでしょう。

 おすがりやお願いより、「感謝」と「宣言」が、現実で開運する参拝法となります。


 では、年末詣をすることで、
 皆さまが笑顔でいや益々のご開運をされることを心よりお祈り申し上げます




           一覧へ