ホーム 会社情報 事業内容 製品情報 募集要項 リンク


ホーム

会社情報

事業内容

製品情報

 書籍

 ソフト

募集要項

グラフィックスで学ぶ数値解析 シミュレーションリンク



■■企画出版書籍■■

◆書籍 1 「新版 固体の電子論」

※本書は1996年に丸善から出版され、絶版になっていた「固体の電子論」を復刊したもので、旧丸善版に最小限の改訂、追加をしている。

※「新版 固体の電子論」の一部の長い計算は本サイトに、『「新版 固体の電子論」への補足』として示している。

☆★『購入申し込みはこちら』★☆

※諸経費(公費・研究費)によるご購入申し込みの場合、必要書類(見積り・納品・請求書)をご指定のうえ、別途、メールにてご連絡ください。
注意事項:宛先・日付等のご指定無き場合は、申し込みの宛先にて、日付は弊社書類作成日となります。


新版 固体の電子論
斯波 弘行 著

平成22年4月29日発行
A5版・234頁・定価2,900円+税
ISBN978-4-9902971-1-4


第一章 相互作用のない電子系
第二章 モット絶縁体とその磁性
第三章 フェルミ流体と非フェルミ流体
第四章 近藤効果および関連する問題
第五章 超伝導
第六章 遍歴する電子のスピンの秩序と揺らぎ

付録A 線形応答と動的帯磁率
付録B 参考書
 
問題の略解


☆★≪新版 固体の電子論 補足≫★☆


《お問い合わせ先》
株式会社和光システム研究所
TEL: 0557-48-6923
twakoh@apost.plala.or.jp

◆書籍 2 「WIEN2k 入門」追加版 改訂 固体の中の電子

☆★☆《この改訂版は、著者独自の企画出版のため一般書店では、入手困難です》☆★☆
☆★☆《お手数ですが,弊社(和光システム研究所)に直接お申し込み下さい.》☆★☆

≪書籍在庫切れの為、バンド計算学習ソフトのみの販売となります≫
≪印刷製本中、販売再開まで、しばらくお待ちください≫

「WIEN2k 入門」追加版 
改訂
固体の中の電子
バンド計算の基礎と応用

和光システム研究所 著
B5版・210頁・定価 4,200円 税込
ISBN4-9902971-0-5

はじめに
第1章 波動
第2章 原子の波動関数
第3章 自由電子系
第4章 多体系のポテンシャル
第5章 結晶格子と逆格子
第6章 結晶ポテンシャル
第7章 ほとんど自由な電子系
第8章 dバンド
第9章 バンド計算法
第10章 APW法
第11章 バンド計算の実例
第12章 WIEN2k 入門
付録A 元素の周期表
付録B 原子単位系と物理定数値
付録C fcc の対称化されたAPWのデータ

別売り「バンド計算学習ソフト」の紹介

ランク 価格(税込) ライセンス条件
SL1 8,400円 ユーザー1名に限定
SL2 16,800円 ユーザー2名に限定
ML1 21,000円 10人までのユーザーに限定(研究室でのゼミなど)
ML2 31,500円 30人までのユーザーに限定(小規模授業など)
ML3 42,000円 ユーザー数の限定なし(大規模授業など)
ライセンスの人数を増やすランクの変更は,価格の差額で承ります.

別売りソフト購入申込とダウンロード

《お問い合わせ先》
株式会社和光システム研究所
TEL: 0557-48-6923

twakoh@apost.plala.or.jp

◆書籍 3 『Javaで学ぶ数値解析』
☆☆☆《只今書店にて発売中》☆☆☆
☆☆☆《只今書店にて発売中》☆☆☆

書籍名:『Javaで学ぶ数値解析』
和光システム研究所 著
B5判・264頁・定価3150円
ISBN4-501-53920-8

第1章  数値解析と誤差
第2章  ソート、マージ
第3章  補間法
第4章  方程式の解法
第5章  数値積分法
第6章  常微分方程式の解法
第7章  連立1次方程式の解法
第8章  関数近似と平滑化
第9章  固有値問題
第10章 フーリエ級数とフーリエ変換
第11章 乱数
第12章 スプライン関数と作図
付録A  Fortran ユーザを Java にご招待
付録B  mygks メモ
付録C  ソース&クラスリスト

☆書籍付録のソースファイルとパッケージ mygks のダウンロード☆

パスワードの申し込みはこちら

パスワードをお持ちの方はこちら

付録ソフトウェアに関する FAQ (良くある質問と回答)

正誤表


ご購入の際は最寄りの書店でお願いいたします。
書店に在庫がない場合は,店頭にてご注文いただくか,
東京電機大学出版局までお問い合わせください。

東京電機大学出版局
TEL  03-5280-3433(営業)
FAX  03-5280-3563
URL  http://www.tdupress.jp/
WSL © 2004-9; Wakoh System Laboratory