[緊急企画]株式どころでなくなった!パナホームの欠陥住宅!

このページは2004年の秋に発覚した、パナホームの欠陥住宅の全容(写真を見ていただければ酷さが分かると思います)と、当時のパナホーム岡山とのやりとりを記録したものです。

<重要:ご一読される際の注意事項>
このページは、最近HP整理の際に再編集したもので、パナホーム(ナショナル住宅)の欠陥住宅の様子について、事実関係を記載したものです。
ただし、現在のパナホームさんの住宅については、構造が違うと思いますし、誠実な会社でそのブランド・ポリシーについては共感できるところであります。従いまして、私個人の見解としては他のハウスメーカーと比べて決して悪い会社ではないと思います。
ただ、悲しいかなここに書いてある「パナホーム岡山」の営業担当から受けた対応は事実であり、またここまでひどい住宅に住まわされ続けたのも事実です。
以下の2点を考慮し、追記させていただきました。

(1)一部掲示板で私が根も葉もないウソを書いているとの書き込みがあったこと
  現在のパナホームに木造住宅が無いことがその論拠のようです。また、私が意図的にウソを書いていると思われているようです。
  最後まで読んでいただければ分かりますが、単に会社のことを悪くいっている訳ではありません。むしろ逆で、パナホームはじめパナソニックグループのファン・シンパであるくらいです。デジカメ、パソコン、おまけに自転車(トレンクル)すべて身の回りは気付けばパナソニックですし。
(2)パナホーム社内からこのHPをご覧になっている方がいらっしゃること(アクセスログより)
  もし一部だけチラっと読まれて気分を害されたら申し訳ないと思いました。後半に書いていますが、現場の方にはむしろ同情的になり、謝っていただいている裏で(俺たちは悪くないのに・・・という感情が垣間見えて)切なくなりました。




0.プロローグ

1.欠陥発覚!

 写真入り。パナホーム岡山も認めた欠陥住宅!

2.パナホームとの戦い始まる

 呆れた言い分の全貌をココに

3.即日勝訴!パナホームより謝罪あり

あっさり終戦でした。

4.エピローグ


欠陥住宅をつくらない施工会社を見つける方法

欠陥住宅をつかまない法

【送料無料】欠陥住宅を見分ける法
欠陥住宅59の手口


Copyright(C) 2003-06   パンダ相談事務所  All rights reserved.