Visitor Count Since 2003/06/10

17/5/10 【HUDx】Ver1.5.1
 HUDxオービス警報の オービス情報を更新しました。(2017/5/1版)。
現バージョンも設定メニュー[ORBIS/DBメンテナンス操作]にて最新情報に更新していただけます。 
iphone7,plus 及び ipadAirでMAPMODE 機能が無効だったのを修正しています。
警報に音声機能及び、地図追従モードでの距離スケールを追加しています。

 次期Ver1.5.2にて マップスタイルファイルでユーザーが地図デザインを変更できるよう、機能追加予定です。
HUDx Ver1.5.2 取り扱い説明

 
17/4/13 【FxDSTAMP2016】Ver3.1.3
 FxDSTAMP Windows10,MicrosoftOffice2016対応版です。
機能変更 windowsのスケール変更に対応しました。

15/12/10 【FxDSTAMP2016】Ver3.0.1
 FxDSTAMPが Windows10,MicrosoftOffice2016へ対応しました。
(機能の追加、変更はございません。OS及びOfficeバージョンUPへ追従更新です。)

メジャーバージョンアップとなりますので、FxDSTAMP2013のシュアウェアライセンスではお使いいただけません。
 FxDSTAMP2013 Pro,Corpユーザーの方で、FxDSTAMP2016へのバージョンアップを必要とされる場合は、ご連絡下さい。
FxDSTAMP お問い合わせ先
15/11/12 【FxDSTAMP】緊急情報
11/11 WindowsUpdate  KB3097877 KB3107998 の適用で FxDSTAMPのクラッシュ等不具合が報告されております。
本件はWindowsUpdateでgdiplus.DLLファイルが変更されることにより発生する不具合です。
今回のupdateは、他不具合も抱えているようですので アンインストールしてご使用いただきますようお願いいたします。

15/1/16 近況報告更新。 マル秘情報!!

●FxDSTAMP2016 LE DownLoad Here
Ver3.1.3
17/4/13版
●FxDSTAMP2016 PRO DownLoad Here
Ver3.1.3
17/4/13版
●FxDSTAMP2016 Demo DownLoad Here
Ver3.1.3
17/4/13版

■ご紹介
FxDSTAMP2016は、Windows10 Offce2016への対応を行い、FxDSTAMPの後継として開発された電子印ソフトです。
多種印影の生成、登録と、Office文書へのホットキー捺印機能を特徴としています。
FxDSTAMP2016 LEは フリーウェアとして公開しておりますが、捺印情報の付加、判別等のセキュリティ機能は含まれません。
■Ver 3.1.3 2016/4/19
@Windows10、Office2016対応正式版。Widows Scaleに対応。
■Ver 3.0.1 2015/12/10
@Windows10、Office2016対応正式版。
■Ver 2.3  2014/08/06
@Windows8.1、Office2013対応正式版。一部不具合修正。
■Ver 2.0  2013/03/21
@Windows8 Office2013への対応と、提供シリーズ再構成。
■Ver 1.203 2011/01/05
@開発環境変更にともなう再コンパイル(機能変更なし)
■Ver 1.202b 2010/12/06
@各ダイアログのフォントを変更し画面表示を微調整
(XPへのインストール時のダイアログ表示の修正、テキストBox内の数字表示を右寄せに変更)。
Aデフォルト印影の調整。
■Ver 1.202a 2010/11/30
@PASSWORD設定にかかわらず、QuickStamp時には、捺印できてしまっていた不具合修正。
A各ダイアログのフォントを「メイリオUI」に変更し画面表示を微調整。
B起動時にキャッシュ化して、初回捺印時の動作速度を改善。
■Ver 1.200i (2010/11/21)
@ポップアップメニューの表示を方法修正
■Ver 1.022 (2010/04/24)
@捺印対象文書名が長い場合に、捺印ログ閲覧への展開で不都合が生じていたことを修正
■Ver 1.021 (2010/04/08)
@HTML HELPへ切り替え
A日付設定ダイアログのタイトルバー表記を変更。
FxDSTAMP お問い合わせ先

  ■HUDx概 要 ver1.5.0

●BDRemote0997.zip 拡張版  DownLoad Here
Ver0.997
10/11/21版
●BDRemote0930b.zip 基本版  DownLoad Here
Ver0.930b
10/4/05版
■ Ver 0.997 2010/11/21
@MediaControl関連キー、リブート、シャットダウン、スリープの割付メニューを追加。
■ Ver 0.993 2010/10/11
@アプリケーション毎のキー設定画面で、設定後に再度開くと表示が更新されていなかった不具合修正。
■ Ver 0.992 2010/5/07
@デフォルトiniファイルの自動生成機能追加。
(デフォルトiniファイルは、配布アーカイブから削除されました。従来バージョンの適合しないiniファイルは、デフォルトに再生成されます。)
A[PSキー繰り返し送出を行わない]の設定が保存されていなかったenbug修正。
B[起動状態を記録]の設定にかかわらず、シャットダウン後の自動起動が無効になっていたenbug修正。
Cアプリケーション設定完了時の、初期マップモードへの復帰機能追加。
Dスクリーンメッセージの表示中にカーソルが重なると 表示が「MESSAGE」と変わってしまう不具合修正。
■ Ver 0.991 2010/4/28
@設定アプリケーション毎の、キーマッピング機能追加。
A上記にともない、App設定キーの 各モード共通化。
(キーボードモード、マウス併用モード、各アプリケーション毎の切り替えを問わず、最終設定したAppキーが全モードを通して同じキーへの割付となります。 どのモードからでも対象アプリケーションに対して 【起動】【終了】を同じキーで行えるようにするための処置です。)
A上記にともない、Iniファイル構成の全面変更。
(従来までのIniファイルとは互換性ありません。従来のIniを削除の上、再設定が必要になります。)
BHelpの参照を、プログラムのポップアップメニューから行えるよう機能追加。
C特殊キー取得時のキーフックが正常に復帰していない場合があったのを修正。
■ Ver 0.980i 2010/4/05
@スタートアップ時の自動起動(シャットダウン時にアクティブであったプログラムの復帰)機能追加。
Aホイール動作関連の速度調整。
Bメッセージ表示ルーチン見直し(表示ちらつき抑制)
C実行ファイルの引数設定が、設定ファイルに保存されていなかった不具合修正
■ Ver 0.980h 2010/4/02
@IEバージョン7未満に対して、終了処理ができなかった不具合に対応。
A適切でないクラス名を設定した場合に、ハングアップしていた不具合に対応。
(メッセージを表示して検出処理を、抜けるように変更)
B キャプション指定での対象ウィンドウ検出機能拡張。
Cプログラムの終了処理メッセージ送信方法の変更(Windows Media Playerで終了処理に、時間がかかっていたことへの対応)。
D登録したプログラムアイテムが消せなくなっていた(空白上書き)不具合修正。
■ Ver 0.980g 2010/4/01
@ KMPlayer の起動で、コントロールタイミングが合わないことへの対応。(0.980g)
A複数アプリケーションの切り替え動作の速度改善(0.980g)
BDRemote お問い合わせ先