$Date: 2010-03-29 00:12:48 +0900 (Mon, 29 Mar 2010) $

Snowy Night

夜、静かに降り積もる雪のように。気がついたらとけてしまう粉雪のように。

DSC00276

このページについて

平成15年からオープンソース関係の仕事をするようになったので、自分が作成した資料や調べた内容を公開したいと思い作成しました。コンテンツは基本的には既に公開されているものに限定しており、論文や講演等でご興味持っていただけた方が関連する情報を参照するためのものとして位置付けています。これらのページは完全に個人として作成、運用しているものです。 -more-

Event

過去発表した論文および説明資料や講演会の資料、予定されている活動についてを時間順に並べています。

「Snowy Night/Event」

SecureOS

OSのセキュリティ強化について

「Snowy Night/SecureOS」

何故OSのセキュリティ強化が必要か、セキュリティ強化は具体的にはどのようにして行われるのか、について記事を執筆しました。

TOMOYO Linux

ポリシー自動生成機能を備え、「使いこなせて安全なLinux」を目指しているTOMOYO Linuxについて。

「Snowy Night/TOMOYO Linux」

これまで5本の論文を書いていますが、Linux Conference 2005の論文がそれまでの集大成になっており、全体像が理解しやすくなっています。Linux Kernel Conference 2005では「TOMOYO Linuxへの道 -使いこなせて安全なLinuxを求めて-」として、これまでの開発の流れについて講演しました。

Speak On

講演について

2004年2月に開催されるNET&COM 2004で、「Linuxのセキュリティ強化について何か話すように」と言われたのは、前の年の11月でした。Linuxのセキュリティ強化という技術的な話題を専門の知識を持たない人にでも理解してもらうためには何をしたら良いだろうと考え、アニメーションを作成することにしました。それが初めての講演となった、「営業担当者のための"欲張り"Linuxセキュリティ講座」です。この講演では、ビジネスプレゼンテーションでおきまりのPowerPointをたんたんと流すというスタイルを変えたいと思い「エモーショナル」をコンセプトとして作りました。会場ではプレゼン素材だけでなく、専用の「問題集」を作成し配布し、プレゼンの最後で解答を解説しました。作成から2年以上経過し、内容の一部はやや古くなりましたが、今も理想的なLinuxセキュリティ強化の教材になっていると思います。

講演をするときはまずコンセプトをイメージするところから始めます。それができないと実際の作業が始められません。2番目の講演となったビジネスシヨウ2004では「アーティスティック」をテーマとしました。PowerPoint再生用、デモ環境、効果音およびバックアップとして3台のThinkPad とPC切り替え機を持ち込み、講演しながら一人で操作しました。素材は「欲張り」で制作したものにいくつかアニメーションを追加し、使用した機材だけでなくビジュアル的にも"My Best"です。個人的な思い入れもあり、忘れられない、そして二度とできない講演です。

3度目の講演となったCEATECでは、何故か「RPG」をテーマにしようと思いました。自分ではプレイしたことがないWizardryの画面や資料、Javaでリメイクされたプログラムなどを集めて、PowerPointでMazeを組み上げ、その中にFlashを埋め込みました。Wizardryでは覚えた呪文(スペル)が表示される領域に、説明済みの単語を表示するようになっており、最後のスライドには説明された全ての言葉が並びます。講演用素材の制作にはとてつもない時間がかかりました。CEATECの会場は数十名しか入れない部屋だったので、いつかこのCEATECの素材を広い部屋で流してみたいと思っています。

Linux Kernel Conference 2005は、講演当日の午前中にTOMOYO Linuxのオープンソース化の決裁がおりたので、公開日の講演という形になりました。例によってぶっつけ本番、当日講演の直前まで準備という形に加えて、当日配布資料の内容をアレンジしてデモを中心の構成としたので大変でした。参加者人数は300名強でこれまでの中では特に多くなかったのですが、kernel conferenceだけに参加者の方々の反応が良く気持ちよく話せました。

5度目の講演となったOpen Source Revolution!はもともと自分が話す予定がなかったのが、講演日の直前に講演者が急病となり(講演当日に入院してしまいました)、代役を依頼されました。講演にはストーリーがあり、それに基づき資料を組み立てます。自分で書いていない資料を用いて講演を行うに際しては、資料を作成した講演予定者が言いたかったであろう事を考え極力それを伝えるように努力しました。また、TOMOYO Linux提供側の観点から、講演を聞かれる方にとって必要と思われる内容を新規のPowerPoint資料としてまとめ、本編およびデモと切り替えて説明しました。

Photos

スナップ写真が好きです。カメラは持ち歩かず、もっぱら携帯電話で、通勤途中、外出先など心にとまった情景を切り取っています。端末は、SO505iS, D902i、SO902i, SO905iなどを経て、今はiPhone 3Gを使っています。はてなフォトライフ、Picasa, Flickrなどひととおり使っていますが、最近はもっぱらTumblrにアップロードしています。

Contact

原田季栄 (Toshiharu Harada)

since 2004.2.14
today yesterday