劇団ザ・マルク・シアター

劇団・ザ・マルク・シアター

top画像

劇団ザ・マルク・シアターです

劇団ザ・マルク・シアターは群馬県前橋市を中心に活動しているアマチュア劇団です。1983年結成以来、ほぼ年一回のペースでオリジナル脚本による自主公演を行っています。
[マルクはこうして始まった!] 一人がカタカナで「クルマザ」と書いた。「クルマザ」かぁ?と何気に言葉を吐く。紙に書いてくれたかわいい子の反対側には、どこでも必ずいる少々呑気でテンポの遅い女の子。つまりはどんくさい子が「ザマルク」ってなに?(劇団概要/まるくの始まり より)

最新情報

第32回自主公演 『老婆の休日』

県内女傑三大演出家によるオリジナル脚本作品 『老婆の休日』

 ベイシア文化ホール/展示室
 2016年11月12日(土)  18:30~
 2016年11月13日(日) 13:30~

 【チケット予約専用電話】 090-4755-6776(担当:大磯)
 【チケット予約専用メール】 roubanokyujitu09@docomo.ne.jp

  脚本・総合演出:生方保光

  「黄色のリボン」 演出:中村ひろみ (演劇プロデュースとろんぷ・るいゆ)
  「こんにちは」 演出:千坂佳子 (Neji-kirin)
  「東京ラプソディーを聴きながら」 演出:丸山広美 (田舎芝居わら座)

  出演者:
  「老婆の休日」 角張さつき・生方保光・高橋伸明
  「黄色のリボン」 木暮彩乃・前原明博・鈴木ひかり
  「こんにちは」 星野早香・大月伸昭・村山朋果
  「東京ラプソディーを聴きながら」 淺原美佐・田村美貴・山宮真美・富井大遥

 【チケット予約専用電話】 090-4755-6776(担当:大磯)
 【チケット予約専用メール】 roubanokyujitu09@docomo.ne.jp


 【チケット予約専用メール】QRコード

MARUKU MOVIE CHANNEL

劇団ザ・マルク・シアターの活動を動画や写真で紹介しています。稽古の様子や団員インタビューなど、公式HPに掲載していない役者の素顔満載!

http://maru9movie.seesaa.net/

LastUpdate: 01/03/20142003 YasumituUbukata.Allrightsreserved