Sato Animal Clinic, Nagano
Dr. Y. SATO, PhD 
獣医師生涯研修事業
認定証取得動物病院
診療時間・休診日
診療時間
(月~土)
午前 8:30~12:00
午後 3:00~ 7:00
手術時間 午後 1:00~ 3:00
休診日 日曜・祝日
  
狂犬病予防注射のお知らせ 
 狂犬病予防注射は当院でも受けられます。千曲市および坂城町の方は、役所への届け出も当院でできますので、ハガキをご持参のうえご来院ください。なお初めての方は、ハガキは必要ありません。 
狂犬病予防注射の料金について
 当院での注射料金は集合注射と同額です。診療時間内であればいつでも受けられますので、ご都合に合わせてご来院ください。
さとう動物病院
SATO Animal Clinic, Nagano
 
病院紹介
病院の案内図(アクセス)
病院のパンフレット(PDF)
スタッフ紹介 Staffs
発表論文 Academic papers
学会発表 Presentations
獣医師生涯研修事業
寄生虫検査室
病院を彩る花木草本
犬の症例 Canine Cases
歯石除去のすすめ
人獣共通感染症としての狂犬病
犬の緑内障(レーザー治療例)
犬の前立腺肥大
犬の突発性前庭疾患
ポメラニアンの帝王切開
M・ダックスの帝王切開
パピヨンの前腕骨骨折
犬の耳血腫の手術例 
停留精巣の手術例 
犬の停留精巣による皮膚病
去勢により回復した雄犬の脱毛症
去勢により回復した脱毛症(2)
成犬のニキビダニ症 
犬のアレルギー性皮膚炎
ノミアレルギー性皮膚炎
M・ダックスのムーンフェイス
ヘビの咬傷による顔面腫大
内視鏡下で除去した食道内異物
鹿の角による急性胃腸炎
ミニチュアダックスの腸閉塞
犬の腸管内異物
ゴールデンの胃内異物
幼犬の幽門通過障害
子犬の胃内異物(画鋲)
子犬の胃内異物(マッチ針)
シーズーの臍ヘルニア
大型犬の胃腸内異物
雌犬の膀胱結石 
柴犬の膀胱結石
雄犬の尿道・膀胱結石
雄犬の尿道結石
雄犬の尿道結石(手術例)
犬の歯肉腫  
雄犬の肥満細胞腫 
浸潤性増殖を示した肥満細胞腫 
口腔内に形成された悪性黒色腫 
雄犬の肛門周囲腺癌
尾部に見られた肛門周囲腺腫
腰部に形成された毛包上皮腫
頭部に形成された浸潤性毛包上皮腫
若い雌犬に発生した子宮蓄膿症
髄様癌を伴った乳腺腫瘍
骨肉腫を伴った乳腺腫瘍
雌犬の乳腺嚢胞
M.ダックスの椎間板ヘルニア
猫の症例 Feline Cases
猫の股関節脱臼 New !
ヘビの咬傷
雄猫の停留精巣
猫の糖尿病
猫の歯肉腫
口唇粘膜の炎症性ポリープ
猫の毛包上皮腫
猫のリンパ腫
猫の横隔膜ヘルニア
成猫の直腸脱
猫の小腸内異物 
猫の腸閉塞
妊娠猫の長期在胎
猫の子宮蓄膿症
猫の疥癬症 (ヒゼンダニ)
猫の耳疥癬症 (ミミヒゼンダニ)
ネコハジラミ症
猫の細菌性膀胱炎
雌猫の膀胱結石
猫の尿石症
雄猫の尿石症(再発例)
雄猫の尿路形成術
猫の突発性前庭疾患
猫の瓜実条虫
エキゾチックアニマルの症例
Other Animals
ウサギの基底細胞種
雄ウサギの膀胱陰嚢ヘルニア
ウサギのツメダニ症
ウサギの膀胱結石
ウサギの子宮癌
ウサギの無菌性子宮蓄膿症
ウサギの子宮蓄膿症
ウサギの子宮内膜炎
ウサギの毛球症(内科的治療例)
ウサギの毛球症(手術例)
ウサギの前腕骨骨折
ハムスターの香腺腫瘍
ハムスターの頬袋脱
ハムスターの頬袋脱 その2
ハムスターのジアルジア感染症
ハムスターのニキビダニ症
モルモットの膀胱結石
保護されたチョウゲンボウ
保護された迷いバト
保護されたカラス
鶏痘の発生と緊急ワクチン接種
文鳥の卵詰まり
文鳥のトリコモナス感染症
フォトギャラリー Photo-gallery
Ethiopia、国際緊急医療活動
ようこそタンザニア Tanzania
タンザニアの国立公園 Tanzania
愛しのタンザニア Tanzania
住んでみたザンビア Zambia
コンゴ川 船の旅 Congo River
懐かしのインド紀行 India
ネパール ゴラパニ街道 Nepal
あんずの里 2013
秋の棚田と千曲市遠望
黒斑山のシャクナゲ
浅間山絶景 Mt.Asama
八方尾根トレッキング
国営アルプスあずみの公園 New !
栂池自然園
五里ヶ峰トレッキング My family
晩秋の苗名滝
天空の楽園、苗場山
開聞岳と桜島の旅
機上からの霧島連山
熊本城と阿蘇山の旅
妙義山散策
飯盛山から臨む富士山
高峰山から臨む富士山
機上からの富士山 Mt.Fuji
元旦の太郎山 New !
白糸の滝と木漏れ日の道
松本空港スカイパーク
戸隠の鏡池散策
戸隠森林植物園  
蓼科山 Mt.Tateshina
偕楽園とアクアワールドの旅
福井県立恐竜博物館
札幌雪祭り 
ジャパン スネーク センター
長野市茶臼山動物園
屋代線で訪ねたSnow Monkey
護衛艦「妙高」
佐渡紀行 New !
 
動物児童文学作品
密猟者はだれだ
がんばれ、愛犬チェリー!
黒猫デンと三毛猫スズ
ライオンのパカパカ王子
さよなら、僕のカマキリ
竜よ天に昇れ!
バオバブと少女
イルカの詩
エッセイ
父とサハラ砂漠
パンタナールでワニを釣る
家族で行く大河アマゾンの旅
ライオンはやはり百獣の王
 (リンク先:天王寺動物園機関誌)
森将軍塚古墳
(東日本で最大級の前方後円墳)
PDFはこちら
将軍塚古墳で撮影したジェット機の機影
長野県千曲市
院長 獣医師・獣医学博士
佐藤良彦
  ホームページをご覧頂きありがとうございます。当院は丁寧な診察と正確な診断、適切な治療に心掛け、地域に根ざした動物病院になるよう努めますので、よろしくお願いいたします。
 このサイトでは飼い主さんの参考になればと思い、これまで経験した動物の症例をわかりやすく紹介できればと考えています。子犬や子猫などの「新しい飼い主さん探し」の情報も提供しますのでご利用ください。また私が国内外で撮影した写真や児童文学作品なども順次紹介する予定でいます。
 ご意見・ご質問等がありましたら、遠慮なくお電話をください。(026)272-6003
佐藤動物病院からのお知らせ 
飼い主さん、求む!!(クリック!)
現在、新しい飼い主さんを探している動物はいません。
(026)272-6003 
不妊・去勢手術の勧め
 犬猫を飼われていて、子を産ませる予定がないのであれば、不妊・去勢手術をお勧めします。手術を受けることにより、乳癌や子宮蓄膿症、肛門周囲腺腫、前立腺肥大、会陰ヘルニアなどの病気を大幅に減らすことができます。行動の面でも穏やかになり、咬傷事故も少なくなります。また雄では縄張りを示すためのマーキングを抑えることができ、臭いもかなり軽減されます。手術の適期は生後6カ月から1歳位までですが、1歳以上でも受けられますので、ご相談ください。  
写真展「おもしろ獣医学」は終了しました。
  展示風景は→こちらをどうぞ
天王寺動物園 サバンナゾーンにて(大阪
書籍紹介コーナー 
第20回日本動物児童文学賞 受賞作品集
生きる仲間「特集号」
 
 作品集は平成20年9月に社団法人 日本動物保護管理協会から出版され、全国の小学校と主な図書館に配布されました。詳しくは動物保護管理協会におたずねください。電話(03)3475-1695
優秀賞 「アフリカからのEメール」 佐藤良彦 著
新聞に紹介されました。こちらをどうぞ!
福永令三児童文学賞受賞作品!
インドリコテリウム救出作戦
佐藤良彦 著
全国学校図書館協議会選定図書!
アフリカを舞台にした
動物ファンタジー小説です。
新聞に紹介されました。
「ようこそタンザニア」(佐藤良彦 著)
  NGOのアフリカ・ワークキャンプ奮闘記
 アフリカ・ワークキャンプの感動を綴ったエッセイです。屋代駅前の「西沢書店(026) 272-2174」にありますので、おたずねください。
 ニュース!! NHKのイブニング信州で本書「ようこそタンザニア」が紹介されました(8月19日)。
 写真展「ようこそタンザニア」終了しました!
 展示風景はこちら:写真展「ようこそタンザニア」
ブラジル技術移住者が見た世界
    山口正邦 著 柏企画 1,800円(税別)
 妻と1歳の娘を連れてブラジルに渡った1人の技術者がいる。彼はとてつもなく豪快な人生を、今も歩んでいる。最寄りの書店もしくは柏企画(026-290-7052)にお尋ねください。
動物たちの東日本大震災
  まるこをすくった命のリレー(あんず ゆき著)
ぼくの「生きる力」 院内学級から小学校へ
  『直紀新聞』とどけます (杏 有記 著)
天使の犬 ちろちゃん (杏 有記 著)
小さないのちはどこへ行く?
(杏 有記 著)
さよならゴードン(杏 有記 著)
獣医師と思い出の動物 (佐藤良彦 共著)
タヌキと信州人の新時代
文献紹介コーナー(佐藤良彦 著)
 下記論文の掲載誌は、当院の待合室にあります。来院の折に、ご覧いただければ幸いです。
ウサギの子宮に同時発生した腺癌と平滑筋腫の1例
 2015年3月に発行された「獣医麻酔外科学雑誌」に掲載されました。日本小動物獣医学会で発表した症例ですが、ウサギの子宮に起源が異なる2種類の腫瘍が独立して同時発生した世界で最初の報告です。
ニホンマムシの咬症と診断した猫の2症例
 日本獣医皮膚科学会の季刊誌「獣医臨床皮膚科」2014年2号に掲載されました。猫がマムシに咬まれてもそれを証明することは難しく、これまで詳細な症例報告は発表されていませんでした。マムシは日本の固有種であり、本論文は世界で最初の症例報告と考えられます。PDFは→こちら
犬の腟壁に由来した線維腫の1例
 獣医麻酔外科学会の季刊誌「獣医麻酔外科学雑誌」2013年3/4号(2014年6月発行)に掲載されました。同部位に発生した線維腫としては、日本で最初の報告です。
おやつに起因した小型犬の食道梗塞の1症例と消化管内異物の発生要因
 文永堂出版の専門誌「獣医畜産新報」2014年4号に掲載されました。日本小動物獣医学会で発表した内容ですが、報告数が非常に少ない症例です。
ニホンマムシの咬症と診断した犬の4症例
 「獣医臨床皮膚科」2013年4号に掲載されました。日本小動物獣医学会で発表した症例です。 
PDFは→こちら
雄犬の尾部に形成された肛門周囲腺腫
 「獣医畜産新報」2012年5号に掲載されました。尾部に形成された本腫瘍の症例としては、日本で最初の報告です。
腟腔内増殖性を示した犬の平滑筋腫の1例
 「獣医畜産新報」2012年4号に掲載されました。日本小動物獣医学会で発表した症例ですが、本腫瘍では、管内増殖性を示した日本で最初の報告です。
Pseudo-placentational endometrial hyperplasia in a dog (犬の偽胎盤形成性子宮内膜過形成)
 米国の権威ある獣医診断学雑誌 (JVDI) に掲載されました。日本小動物獣医学会で発表した症例ですが、本病名では世界で最初の報告です。PDFは→こちら
ウサギに見られた膀胱尿砂の1例
 「獣医畜産新報」2011年6号に掲載されました。発表例が非常に少ない症例です。
犬の外耳道に形成された扁平上皮癌の1例
 「獣医臨床皮膚科」2011年1号に掲載されました。日本小動物獣医学会で発表した内容ですが、犬の外耳道に発生した扁平上皮癌の日本で最初の報告です。
PDFは→こちら
超音波手術装置を使用して切除したジャンガリアンハムスターの頬袋脱の1例
 「獣医麻酔外科学雑誌」2010年2号に掲載されました。超音波手術装置をハムスターの頬袋脱の治療に用いた世界で最初の報告です。
犬の口腔内に見られた低色素性の悪性黒色腫の1例
 「獣医畜産新報」2010年5号に掲載されました。口腔内における低色素性悪性黒色腫の報告は、国内ではほとんど見あたりません。
Fungal airsacculitis associated with multiple helminth infestations in a black-eared kite (内部寄生虫感染を伴ったトビのカビ性気嚢炎)
 米国の権威ある鳥病学雑誌 Avian Diseasesに掲載されました。日本小動物獣医学会でも発表しましたが、トビのカビ性気嚢炎、内部寄生虫症に関し、世界で最初の報告です。 英文要旨はこちら
Vulvar Abscess Caused by Bacteroides sp. infection in a Female Dog (バクテロイデス菌が分離された雌犬の外陰部膿瘍の1例)
 「獣医臨床皮膚科」2009年4号に掲載されました。嫌気性菌が分離された世界で最初の外陰部膿瘍の報告です。世界で最初を確保するため、久しぶりに英語で書きました。PDFは→こちら
スキャナー機能を利用した病理組織標本の低倍率写真撮影方法と小動物臨床分野における活用
 「獣医畜産新報」2009年6号に掲載されました。
ゴールデンハムスターに見られたニキビダニ症とドラメクチンによるその治療
 「獣医臨床皮膚科」2009年1号に掲載されました。日本小動物獣医学会で発表した内容ですが、ハムスターのニキビダニ症におけるドラメクチンを用いた世界で最初の治療報告です。PDFは→こちら
ウサギの腹部に認められた毛芽腫の1例
 「獣医臨床皮膚科」2008年4号に掲載されました。毛芽腫は胸背部に形成されることが多く、発生部位としては希有な症例です。PDFは→こちら
高齢ウサギに見られた膀胱および腎臓結石の1例
 「獣医畜産新報」2008年12号に掲載されました。ウサギの腎臓結石はほとんど報告されておらず、非常に珍しい症例です。 
犬の膣粘膜に見られた線維性ポリープの1例
 「獣医麻酔外科学雑誌」2008年1号に掲載されました。非常に発表の少ない症例です。 
犬と猫に見られた毛包上皮腫とその発生動向
 「獣医臨床皮膚科」2007年4号に掲載されました。猫の毛包上皮腫は発生頻度が極めて低く、日本で最初の報告です。PDFは→こちら
寄生虫症を繰り返した成猫に見られた直腸脱の1例
 「獣医畜産新報」2007年11号に掲載されました。成猫での直腸脱は非常に珍しく、日本で最初の報告です。また猫の壺形吸虫に関しては、長野県で最初の報告です。
βグルカン製剤の経口投与が奏効したと考えられたウサギの皮膚線維肉腫の1例
 「獣医畜産新報」2007年10号に掲載されました。これは同年2月に、埼玉県で開催された日本小動物獣医学会で発表した症例の論文です。
犬のセルトリ細胞腫とセミノーマが混在した停留精巣による皮膚病の1例
 「獣医畜産新報」2006年9号に掲載されました。これは同年3月に、つくば市で開催された日本小動物獣医学会で発表した症例の論文です。
ウサギにみられた基底細胞腫の1例
 「獣医畜産新報」2006年8号に掲載されました。
モルモットに見られた膀胱結石の1例
 「獣医畜産新報」2006年5号に掲載されました。
内科的療法が功を奏した猫の子宮蓄膿症の1例
 「獣医畜産新報」2006年2号に掲載されました。猫における子宮蓄膿症の内科的療法の報告は、それほど多くは成されていませんので、是非、ご参照ください。
雄ウサギの膀胱陰嚢ヘルニアの1例
 「獣医畜産新報」2005年12号に掲載されました。ウサギでは世界で最初の報告です。 
デジタルカメラによる顕微鏡写真の撮影方法と小動物臨床分野における活用
 「獣医畜産新報」2005年4号に掲載されました、デジタルカメラによる顕微鏡写真の撮影方法が記載されています。
「美しい瞬間」 撮影 佐藤百合
第13回JVM動物フォトコンテスト佳作受賞作品
 Copyright(c) since June 2003.
SATO Animal Clinic. All rights reserved.
猫岳(ねこだけ)?
さとう動物病院