<HP作成月記(平成26年 3月)>


 仕事が多忙なため、しばらくHPの更新を怠っていました。
 
 先日、地元の盟和産業について調べる機会があり、初代社長の清水一雄さんの生涯を扱った本があることを知りました。出版されたのは平成3年(1991)9月ということで、私はちょうど故郷を離れていた時期だったこともあり、23年間も存在を知らずに過ごしていました。
 
 歴史というと、古代や江戸時代の方に目が行ってしまいますが、明治から現代までの阿智村の変化も、劇的で興味深いと感じました。清水一雄さん一族の足取りを追うと、苦難の中にも人間の力強さが伝わってきます。
 
 また、開業と同時に起きた公害問題を行政と協力しながら1年間で克服し、今に至るまで村の産業の中心を担ってきたという事実は、会社関係者でない私にも何か誇りのように感じられました。現在私たちは、3年前の東日本大震災による原発事故の収束に見通しが立たず、経済優先で全国の原発が再稼働に向かわざるを得ないという流れの中にいます。国民が安心できるような施策と説明を、政府には心がけてほしいと思います。
 
 
                                 2014. 3.30 さんま
 
 
郷土史巡礼 阿智村の歴史
はじめに 総合目次 さんまのメモ 更新記録 リンク ブログ
表示がうまくいかない場合は、文字の表示サイズ等、調整してご覧になって下さい。
制作環境は、800×600 文字サイズ中 です。
春日神社、石段・石畳改修