糖尿病網膜症
日本での失明原因第1位の糖尿病網膜症は糖尿病による合併症の一つです。
日本には糖尿病の人がおよ600万人います。そのうちの40%、 240万人が糖尿病網膜症を併発し、毎年 3,000人もの人びとが糖尿病網膜症により視覚障害の認定を受け、社会福祉の対象者になっています。   糖尿病網膜症は、糖尿病になってから、血糖コントロールを十分しないまま放置していると、6年〜10年のうちに発症します。
初期の頃には自覚症状は全くありません。
糖尿病と診断されている方は必ず眼底検査を受けてください。
Copyright2003 Sakaemachi Eye Clinic All rights reserved.