老視(老眼)
老眼(老視)とは、老化現象の一つで、毛様体の筋力の低下によって近くに焦点を合わせる能力が低下することです。 近いところの物を見る力が衰えて手元が見づらくなります。適度な近視の人の場合、老眼になると裸眼で手元が見えますがメガネやコンタクトレンズを装用して近視を矯正した状態では手元が見づらくなります。30歳頃から老眼を自覚し始め、70歳くらいまで徐々に進行していきます。30代になると疲れ目や肩こり、頭痛など眼精疲労の症状を訴える人が多くなるのは老眼が進行する為です。老眼は現在では治療法がありません。老眼の進行具合にあわせたメガネやコンタクトレンズを装用してください。
Copyright2003 Sakaemachi Eye Clinic All rights reserved.