乱視
乱視は主に角膜のゆがみによって生じます。
本来は丸いはずの角膜が、乱視の売では上下左右の比率が変わってしまい、縦方向と横方向で焦点のあう所が違っています。
正常な眼でも通常上下から眼瞼に押されて圧力が加わっているので、軽い乱視があります。
しかし極度にひどくなってしまった場合や、横方向に乱視が強く出る場合は疲れ目の原因となったり眼鏡で矯正しなければなりません。縦・横の眼鏡レンズの厚みを変え、ゆがみにあった修正をする。また、角膜ではなく、水晶体のゆがみや、眼の表面に凸凹があるための乱視もあるが、これらは珍しいタイプ。
Copyright2003 Sakaemachi Eye Clinic All rights reserved.