網膜剥離
「網膜剥離」とは網膜が、網膜色素上皮からはがれて硝子体の方へ浮き出す病気です。放っておくと失明してしまいます。網膜剥離になってしまったら、なるべく早く手術をしなければなりません。

<症 状>  
黒い点やゴミのようなもの飛んで見える。又は黒い点のようなものが最近急に増えてきた。   目の前を蚊が飛んでるようにも見える為、「飛蚊症」と呼ばれます。飛蚊症には「生理的飛蚊症(生理的な現象の為、特に問題はありません)と「病的飛蚊症」(網膜剥離を引き起こす事もある病的な飛蚊症)とがありますが、自己判断せずに受診行きましょう。)   暗いところでも光が見えた。 (暗い所やうす曇りの日によく見え、「光視症」といいます。銀色、金色、黄色、オレンジ色等で光ります。玉が浮かんでいるように見えたり、火花が飛び散ったように見えます。)

<原 因>
神経網膜が何らかの原因で網膜色素上皮細胞からはがれて、硝子体(しようしたい)の中に浮き上がってしまう事が原因です。網膜剥離は網膜に裂孔(裂け目)ができる事に伴う「裂孔原性網膜剥離」が一般的です。

<治 療>
網膜にあいている穴が小さい場合はレーザー手術を行います。穴が大きい場合や進行した網膜剥離の場合は硝子体手術や強膜バックリング手術を行います。
Copyright2003 Sakaemachi Eye Clinic All rights reserved.