近視
近視とは、裸眼(眼鏡やコンタクトレンズを使用しない状態では)遠方が見えづらく、近方にピントが合った眼のことを言います。
近視=悪い目と考える人が多いですが、適度な近視は近くが見やすい為、パソコンを多用する現代人の生活様式にマッチした眼といえます。
近視には二種類あり、眼球が長すぎる為に起こる「軸性近視」と眼球の長さは正常なのに屈折力が強すぎる為に起こる「屈折性近視」があります。  
近視の度数が強い場合は軸性近視であることが多く、軸性近視の場合眼球が伸びた状態になっており、色々な眼の病気を起こしやすいので定期的な眼底検査が必要です。
近視になる原因については遺伝や環境などが要因と考えられていますが、現在のところハッキリした原因は解っていません。
一般的な近視の場合、環境と人種が大きく影響すると考えられています。

<予防対策>
近業作業を避けるのが一番ですが、現代人にとってこれはかなり難しいことです。
近視予防の点眼や目の訓練を行うと近視の進行は多少抑制されます。
Copyright2003 Sakaemachi Eye Clinic All rights reserved.