弱視
弱視とは眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても視力が上がらない状態のことです。矯正して視力が1.0以上に上がるような場合は弱視とはいいません。

<原 因>
乳幼児では、斜視や屈折異常(通常は遠視)、眼瞼下垂(まぶたが上がらなくなる)、白内障などが弱視の原因になります。また、眼帯の装用などでしばらく目を使わずにいると、それだけで弱視になることがあります。

<治 療>
屈折異常があれば眼鏡やコンタクトレンズで矯正し、よいほうの目を隠して弱視の目の使用を強制する(健眼遮閉法)などの視力増強訓練(弱視視能矯正)を行います。
片目が良く見える場合にはなかなか弱視に気づかないので注意が必要です。
弱視は視力の発達が抑えられている期間の長さや程度によって、よくなる場合とならない場合があります。幼児期〜小児期(3歳〜7歳)の成長期に治療すれば、視力の上がる可能性は高くなります。
少しでもおかしいかな?と思った時は必ず診察を受けましょう。
Copyright2003 Sakaemachi Eye Clinic All rights reserved.