白内障
眼球の中の水晶体が混濁する病気が白内障です。症状としては、まぶしさを感じたり、物物がかすんで見えるようになります。そのため遠くも近くもみづらくなったり、また無理をして見ようとするため疲れやすくなります。 白内障が進むにしたがって、視力も低下し、ついには全くかすんでしまいます。水晶体そのものが濁るので、メガネやコンタクトレンズをかけても見えるようになりません。     白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。 老人性白内障は文字通り目の老化で白内障が発症します。60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。

その他にも
アトピー性皮膚炎に合併するもの
遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用によるもの
外傷やブドウ膜炎などの目の病気よるもの
網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術のあとなどにも進行しやすい傾向があります。
生まれつきに水晶体の濁りのある先天性のもの
糖尿病や栄養失調など目以外の病気によるもの
があります。

<治療方法>  
進行してしまった白内障は手術を行います。 軽度の白内障の場合は点眼や内服薬による進行の予防治療を行います。

<予防方法>  
点眼薬、内服薬などの薬物療法を続ける
偏食を避け、バランスのよい食事を心掛ける
強い紫外線、放射線、赤外線の曝露を避ける(サングラスや保護眼鏡)
糖尿病などの白内障の原因となる病気を防ぐ

白内障を防ぐと言われる食品
ビタミンE 大豆、玄米、植物油、ごま、うなぎなど ビタミンB2
のり、レバー、納豆、鶏卵、いわしなど
ビタミンC 緑色野菜、いも、柑橘類など
完全な予防は難しく、現在では手術も日帰りで行えるのであまり予防に神経質になる必要はありません。
Copyright2003 Sakaemachi Eye Clinic All rights reserved.