アレルギー性結膜炎
アレルギー性結膜炎の症状としては、目のかゆみ、充血、目やに、結膜の乳頭(にゅうとう、眼瞼結膜にぶつぶつの隆起)増殖、結膜浮腫(白目がはれる)、などがあります。季節性アレルギ―性結膜炎では花粉などの飛散する時期に一致して症状が出ます。
通年性アレルギ―性結膜炎では季節に関係なく症状が現れます。
季節性アレルギーの場合、症状が出る前から薬物治療を行うと効果的です。 毎年アレルギーになる人は、例年症状が出る時期の2週間〜1ヶ月前になったら受診してください。
治療には抗アレルギー剤の点眼、ステロイドの点眼を行います。 重症例では結膜切除や、抗ガン剤の点眼液を調剤して使用する場合があります。
市販の製品で目を洗うものがありますが、連用すると角膜障害やドライアイになるので あまり使用しないようにしてください。
栄町クリニック
Copyright2003 Sakaemachi Eye Clinic All rights reserved.