山の岩場にひっそりと咲くうちょうらん。四十年前には、そんな姿が日本の山々のあちらこちらで見受けられました。

今では採り尽くされ、自然の中で羽蝶蘭を見ることはほとんどできなくなってしまいました。

小さな花の可憐さに加え、まったく同じ花は無いと言っても過言ではないくらい多彩な色、柄、形の変異と、初心者でも簡単に育てられるという栽培の容易さが根強い人気の秘密でもあります。

今では、愛好者による人工交配育種が盛んに行われ、多数の銘花が作出されております。

地図