ナースのお仕事♪

| SiteMap | 案内書 | アンケート | MaiL | 別館 |
ナースのお仕事♪ >> 初診室 >> 看護師国家試験

看護師国家試験

看護学生にとってのメインイベント。
国家試験について書いてみようと思います。

国家試験とは、その名の通り(なのかし?)落とす試験ではないよね。
60%以上正解していたら、どんなヒトでも「合格!」となるものなのよ。
さらに、看護師の国家試験というと、馬鹿でも通る(いや、語弊があったらすまそ)と言われるくらい合格率が高くて、大抵90%以上の合格率を出してたのよね。

それが・・・それが・・・_| ̄|○
わたしが国家試験を受ける年から『合格率を下げる!質の良い看護師を!』というお達し(があったかどうか不明)のもと、試験がどんどんどんどん難しくなっていったのよぅ。うう。

何度も何度も何度も言ってきて「もうわかったってば」なんて言われそうだけど、わたしはほんと学生時代馬鹿だったのね(沈)
国家試験も、「あなたは確実に受からないから(きっぱり。」と教務に言われ「個別 指導を要する」とまで言われ(とほほ)、「絶対受かってみせるぅううう」なんて、別 の闘志を燃やしてました。

・・・っは。
なんか話がそれてしまってるけど:汗。

看護師の国家試験は、医師とは違って1日だけ。1発勝負!
関西住まいのわたしは「近畿大学」まで試験を受けに行きました。
試験は、午前中が2時間30分で150題、午後が2時間で60題(注:2004年より変更されています)
しかも、午後は状況設定問題なんてものが。。。ががーん。

普通に3年間、真面目に勉強していたら合格するというくらいの内容・・・らしいけど、ところがどっこい。
そんな3年間普通に勉強してたからって、わかる問題なんてひどっつもないってば。
四肢択一ぷらすマークシートで有り難うってかんじでした。たた。

わたしが受けた時は、今みたいに2月の最終日曜日が試験日じゃなくて3月の最初の日曜日が試験日だったのね。
だから、12月一杯で実習が終わって、正味丸2ヶ月の受験勉強だったように思います。

今は2月の最終日曜日が試験日だから3月末に合格発表よね。
それが、わたしが受けた頃は4月の中頃に合格発表だったの。
普通は4月1日付けで就職するので、そうすると2週間は免許がない状態で働かないといけないって事になるよね。

じゃあ…もし国家試験に合格していなかった場合どうする?
とてつもなく大変だと思わない?

ひえー受かってなかったら最悪やんっ(怖)

ということで、3月末に合否を出して4月から免許有りで働く事ができるように今のように2月の試験になったのでした。 (・・・ というプチ情報をちょっぴり書いてみたり。)

国家試験の勉強なんだけど、本当に本当に泣きながら勉強したのはこの時が最初で最後だったかも?
過去問 iconをひたすら解いてたんだけど、全く時間が足りない!
だいたい2ヶ月やそこらであんな分厚い(5年間の過去問)のができるわけないよね?
だので、わたしは関係法規や公衆衛生は捨てさせてもらいましたっ。ぺぺっ。
徹底的に解剖生理と、基礎看護・成人看護学の方ばかりしていたように思います。
でもやっぱり、時間が・・・時間が足りない・・・・うわああん(⊃Д`)(←典型的馬鹿。
状況設定問題も捨てさせてもらいました(無謀)(ってか、そもそももっと前から勉強しとけという話だわね。)
そんな勉強法をしていたにも関わらず…

無事受かってました。ほっ。

試験当日は、広い教室で結構寒かったのと、トイレが異常に混んでた事しか覚えておりませぬ 。
帰りは、当時付き合っていた相方に迎えにきてもらいました。
が・・・その車の中でもずーーっと試験の解答を調べて、さらに「受験番号書いてないかも」なんて心配性爆裂しまして相方があきれていたなんて言うまでもないですかそうですか(´・ω・)

国家試験・・・これから受けるヒトは2ヶ月の勉強だけではやっぱり足りないよぅ。(←わかってるってば。

国家試験でお役立ちだった本を紹介しているので、良かったら参考にしてくださいな。⇒ 『本のススメ

[追記]

2004年度から、看護師国家試験が大きくかわりました。
医療の高度化に伴い看護師の国家試験も見直しされ、問題の中に医師国家試験と同様に「必修問題」が含まれるようになり、その絶対基準は80%と言われてるそうです。
だので、ほかの問題がいくら正答率が高くてもこの必修問題基準をクリアしなければ合格できないということ。
さらに、試験問題の持ち帰りもできなくなり、合格発表とは別に試験成績が各個人宛に送付されるそうにもなったらしい。

・・・もの凄く難しくなってそうだね:汗。
きっと今受けたらわたしは絶対落ちてそうだわ。うわああん。

::: 逸冊 :::

ナースになりたいヒト、ナースを目指している学生さん、ナースの方にぜひ読んで欲しい逸冊。

この本では、看護の楽しさ・つらさ・やりがいなどがたくさん詰め込まれています。 学生時代にはわからなかった事が今読むととても良くわかる逸冊。同業者さんの書籍の中ではこの書籍が一番胸に響きました。とても古い本だけど、内容はピカイチです。
看護師である宮子あずささんのとっても本音満載な逸冊です。
気軽に読めるのに考えさせられる内容も満載で、看護師のことがとってもよくわかります。ナースになりたいヒトは必見!かも?

ナースな言葉


医師である著者の山崎章郎氏が、医療の矛盾点、ホスピスケアへの情熱をせつせつと綴っている本。 「病院」というところは、「最期」を迎えるのに相応しいと思いますか?。

病院で死ぬということ

::: LinK :::

「ナース生活を充実させたい!」をコンセプトに作成した姉妹サイト。わたしが自信を持ってオススメできるアイテムしか掲載していません。良かったら遊びに来て下さいですvv 看護だけじゃないアイテムも少しずつ揃えてゆきたい!です。
ナースのお仕事♪ >> 初診室 >> 看護学校の授業&テスト || ↑PageToP