直線上に配置

「張學友経典音樂劇 雪狼湖」(2005.4)
  1997年に香港で初演された張學友(ジャッキー・チュン)主演のミュージカル「雪狼湖」は、何回も再演の話が出ましたが、なかなか実現しませんでした。2003年1月に「音楽之旅演唱會」が終了した際に、プロデューサーの陳淑芬(フローレンス・チャン)は「「雪狼湖」國語(北京語)版を2003年に10月に初演する予定」と発言し、學友迷の間ではこの話題が持ちきりになりました。國語版ということは大陸や台湾での上演は確実だし、香港でも上演するだろうということで詳細が発表されるのを心待ちしていました。
  しかし、2003年春に香港ではSARS大流行、張國榮(レスリー・チャン)の自殺という大事件が相次いで起こりました。陳淑芬(フローレンス・チャン)は張國榮(レスリー・チャン)の自殺の瞬間を目撃したショックから公の場には姿を見せなくなり、「雪狼湖」國語版の計画もストップした状態になりました。

  「雪狼湖」國語版の話題が再び出るようになったのは、2004年に入ってからでした。主役の阿狼は學友が演じますが、その他のキャストは大陸でオーディションを行って決定するということでした。2004年9月に正式な公演日程が発表され、「國語版の開幕は北京で行い、その後大陸の他の都市、東南アジア、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどで100回以上のワールドツアーを行う予定」とのことでした。2005年4月に香港公演を行うとのことだったので、私は絶対見に行こうと決心しました(笑)。そして、香港公演の日程が4月15日〜20日と発表されたので、私は初日狙いで15日〜17日のチケットをモンコビで先行予約しました。

  私は1997年の「雪狼湖」を見ていませんから、今回の「雪狼湖」國語版が初見になります。1997年版を見た人たちから「とっても良かった」という話を何回も聞いていたので、楽しみにしていました。また香港公演でのキャストに台湾の女性歌手・許彗欣(イボンヌ・シュー)が入ったので、更に楽しみが増えました。実は2003年の台湾金曲奨で許彗欣(イボンヌ・シュー)が最優秀新人賞を受賞したのを見て以来、CDを買って聴いたり、MTV集を見たりして密かに注目していたのです(笑)。MTV集ではアップテンポの曲ではダンスを披露していましたが、結構上手かったのでミュージカルでも大丈夫だろうと個人的に期待していました。

  いよいよ香港公演初日を迎えました。飛行機の到着が少々遅れましたが、15:00過ぎにはホテルにチェックインできたので、今回初めて紅館の前で入り待ちをしました(笑)。平日(金曜日)の夕方だったせいか意外と待っている人が少なかったです。30分ほど待っていると見たことのあるバンが到着しました。中には學友がいました!待っていた迷たちは一斉に歓声を上げました。

向こうを向いてますが、學友です(^_^;)。

  車から降りた學友は、待っていた迷の方に来て気軽にサインや写真撮影に応じてくれました(*^_^*)。あまりいい写真が撮れなくてすみません(^_^;)。


  私はまさかサインを貰えると思っていなかったので、写真とか用意していなかったのですが(^_^;)、他の人がチケットにサインを貰っているのを見て、初日のチケットにサインを貰いました。


  一通りサインや写真撮影に応じた後、學友は拝神(ばいさん)を行いました。香港ではコンサートなどの前に公演の成功と無事を祈って、この拝神を必ず行うのです。

  拝神が終わった後、學友は迷に手を振り紅館の中に入って行きました。

  學友が姿を消すと、ホッとした私は激しい空腹に襲われました(爆)。この後、友友のオフィスに行ってチケットを受け取ったC太太に電話してO小姐も一緒に3人で夕食を済ませたのでした。


Home Back next


直線上に配置