直線上に配置

「張學友音楽之旅−壓軸篇」(2003.1.19)
  2003年1月に香港で行われた「張學友音楽之旅−壓軸篇」のときに撮った写真です。このときは1月18日、1月19日の2回見に行きましたが、2日目の方が席が前だったのでシャッターを切りまくりました。しかし、ステージ中央に立たれるとフラッシュが届かず、ピンボケばかりでした(^_^;)。信和中心の生じゃ屋で売ってるような写真はなかなか撮れないですねぇ(笑)。

  上の写真はオープニングの「Touch Of Love」を歌っているところです。ステージ奥でしたが、何とかピンボケしないで撮ることが出来ました。黒いタキシードと金髪がマッチしていて素敵です(*^_^*)。

  「天氣這麼熱」を歌っているところです。ステージ上を所狭しと走りまくりながら歌うので、撮る方は大変でした(笑)。この写真は丁度私が座っているブロックの前で止まって歌ってくれたので、何とか撮れました。

  ギターの弾き語りで「我真的傷心了」を歌っているところです。歌う前のMCでは「ギターを持って歌っている姿がかっこいい云々」と語っていたようです(笑)。さすがにここでは歌詞は忘れませんでした(爆)。

  アンコールでの銀色のタキシード姿です。「タキシードフェチ」にとっては堪りません(笑)。學友は前の席にいるお客さんに視線を配るので、見つめられたら気絶しそうですね(^_^;)。

  観客から花束やプレゼントを受け取りながらも、歌は途絶えることはありません。ちゃんと握手もしてくれるし、やっぱりプロですね(*^_^*)。

  この日もアンコールでは10曲ぐらい歌ったと思うのですが、歌えば歌うほど學友の声は伸びがありました。歌っている本人が一番楽しそうでしたね(笑)。

  コンサート終了後、出待ちしたときに撮りました。喉を保護するためか必ず首にはタオルが巻かれていました。おそらく疲れていると思うのですが、必ずファンの所まで来てプレゼントを受け取り握手をしてくれました。握手のときは必ず相手の目を見つめてくれるので、崩壊状態になった日本人迷は多数でした(私もその一人ですが(爆)。

Home Back


直線上に配置