直線上に配置

「インファナル・アフェア」


2002年 原題:無間道  英語題:Infernal Affairs
監督:劉偉強(アンドリュー・ラウ)、麥兆輝(アラン・マック)
脚本:麥兆輝(アラン・マック)、荘文強(フェリックス・チョン)
撮影:劉偉強(アンドリュー・ラウ)、黎耀輝(ライ・イウフェイ)
美術:趙崇邦(チウ・ソンポン)、王晶晶(ウォン・ジンジン)
音楽:陳光榮(チャン・クォンウィン)
出演:劉コ華(アンディ・ラウ)、梁朝偉(トニー・レオン)、黄秋生(アンソニー・ウォン)、曾志偉(エリック・ツァン)、陳慧琳(ケリー・チャン)、鄭秀文(サミー・チェン)、陳冠希(エディソン・チャン)、余文樂(ショーン・ユー)、蕭亜軒((エルヴァ・シャオ)、杜文澤(チャップマン・トウ)※、林家棟(ラム・カートン)
※「文」は「さんずい」が付く

ストーリー
  1991年、黒社会に入門したばかりのラウ(陳冠希)はボスのサム(曾志偉)の命令により警察学校に入学する。同じ頃、警察学校の訓練生・ヤン(余文樂)は優れた観察力をウォン警視(黄秋生)に買われ、黒社会への潜入捜査を命じられる。ラウは警察の内部情報をサムに流す代わりに、サムから黒社会の情報を得て功績を上げどんどん出世していく。一方、ヤンは正義心を押し殺して悪事を繰り返し、黒社会に染まっていく。
  10年後、ラウ(劉コ華)は若くして情報課課長に昇進、私生活でもベストセラー作家・メリー(鄭秀文)と婚約し恵まれた生活を送っていた。ヤン(梁朝偉)もサムの下で働き幹部に昇格していたが、長年の潜入生活から心が荒み偽りの生活に疲れ切っていた。荒み切ったヤンが唯一心を開くことのできる相手は、カウンセリングを担当する心理科医・リー(陳慧琳)だけだった。
  ウォン警視率いる組織犯罪課は長年サムを追い検挙の機会を伺っていたが、狡猾なサムは警察の裏をかき簡単に尻尾をつかませなかった。ヤンからの情報でサムが大きな麻薬取引を行うことを知ったウォン警視は一斉検挙を目論む。そして麻薬取引の夜を迎えるが、ラウとヤンの情報操作でお互いの情報が洩れ、検挙も取引も失敗に終わる。
  この夜を境に警察も黒社会も内通者の存在に気づき、裏切り者探しに乗り出す。その役目を警察はラウに、サムはヤンに命じる。ラウとヤン、それぞれの運命が大きく動こうとしていた...。

この作品の見所
  華仔迷のはしくれとしては、この作品について触れない訳にはいきません(笑)。香港では公開前から劉コ華(アンディ・ラウ)、梁朝偉(トニー・レオン)、黄秋生(アンソニー・ウォン)、曾志偉(エリック・ツァン)の「四大影帝」(4人とも香港電影金像奨・最優秀主演男優賞の受賞経験がある)の共演が話題になっていました。2002年12月に公開されるや、あの「少林サッカー」の記録を塗り替える大ヒットになり低迷の続く香港映画界に新風を吹き込みました。そして、2003年4月に行われた第22回香港電影金像奨では、この作品が最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞(梁朝偉)、最優秀助演男優賞(黄秋生)など主要部門の賞を独占しました。

  私は幸運にも2003年1月に香港でこの作品を見ることが出来ました。見終わった後の感想は「すごい!」の一言でした。この作品には派手な銃撃戦もワイヤーアクションもCGも出てきません。ストーリーだけでグイグイ引きこまれていきました。警察が黒社会に潜入する、という話自体はは目新しくはありません。香港電影でも周潤發(チョウ・ユンファ)、李修賢(ダニー・リー)共演「友は風の彼方に」(1986年)や周潤發(チョウ・ユンファ)、梁朝偉(トニー・レオン)共演「ハードボイルド 新・男たちの挽歌」(1992年)など潜入捜査を題材にした作品があります。この作品が過去の作品と異なるのは、「黒社会から警察への潜入」を描いた点です。表向きは「忠実に任務を遂行する警官」、実は黒社会のボスに内部情報を流し、ボスからは対立する組織の情報を得て検挙し警察内部での自分の評価を上げていく、こんな設定は今まで見たことがありませんでした。

  よくできたストーリーに加えて、俳優陣の演技も素晴らしかったです。実は最初に香港で見たときは直感的に「今年の金像奨最優秀主演男優賞は梁朝偉(トニー・レオン)だ」と思いました。長年の潜入生活に疲れ、自分自身を見失い苦悩するヤンを上手く演じていたからです。梁朝偉(トニー・レオン)は「ハードボイルド 新・男たちの挽歌」でも黒社会に潜入する警官の役を演じていましたが、イメージがダブらないように「インファナル・アフェア」では退廃的に演じたそうです。ヤンの荒み切った心情を表現するために服も廃れた着こなしにしたとか。
  「偽りの生活」を送るヤンが自分自身を取り戻せる唯一の場所がカウンセリングを受ける心理科医・リーの診察室です。この場面でヤンがリー医師に向ける笑顔は本当にリラックスしていて、他のシーンと比べると対照的です。
またヤンが信頼していた人物の死に直面した場面では、一瞬のうちに「驚き」、「悲しみ」、「絶望」がごちゃ混ぜになった表情を見せ、見ている者にその思いが伝わって来ました。今更私が言うまでもありませんが、やはり梁朝偉(トニー・レオン)の演技力は素晴らしいと思います。

  華仔が演じたラウは黒社会からの潜入者ということで、彼の今までの出演作になかったタイプの役です。この役を演じるのはかなり難しかったと思います。ヤンとは対照的にラウは感情表現があまりはっきりしないのですが、華仔のインタビューを読むと、意図的にセリフや動きに感情が表れないように演じたそうです。
  ラウはサムからの情報によって数々の功績をあげ、警察内部での評価も高くエリートコースを歩み、プライベートではベストセラー作家・メリーと婚約するなど、誰の目から見ても非の打ちどころのない生活を送っています。しかし、彼もまたヤン同様に「偽りの生活」を送り続けたことにより自分自身を見失いかけていたのだと思います。
  私がラウの登場シーンの中で最も印象に残ったのは、婚約者メリーからのメッセージ(付箋紙に書かれている)を自分の胸に貼り、新居のリビングルームにひとり佇む姿です。ベストセラー作家であるメリーはラウに対し、次回作のアイデアを熱心に語ります。そのアイデアが「偽りの生活を送る多重人格者」で、ラウは話を聞きながら自分自身をオーバーラップさせていたのでしょう。黒社会のボス・サムの命令に従って警察学校に入学し、警察官になり内部情報をサムに流し続けて来たけれど、メリーの話を聞くうちに「善人として生きてみたい」という気持ちが芽生えたのだと思います。

  主役2人以外の俳優の演技も素晴らしいです。黒社会のボス・サムを演じた曾志偉(エリック・ツァン)、サムを追い続けるウォン警視を演じる黄秋生(アンソニー・ウォン)はベテランの味を出し物語を引き締めています。特に麻薬取引の夜のシーンは、2人の演技によって緊張感が高められており、一瞬たりとも目を離せません。
  また、サムの部下でヤンの弟分・キョンを演じた杜文澤(チャップマン・トウ)、ラウの部下・Bを演じた林家棟(ラム・カートン)の2人は少ない出番ながらも強烈な印象を残しています。特に杜文澤(チャップマン・トウ)は撃たれながらもヤンを連れて車で逃走し、「何気なくお前を見つめている奴がいたら、そいつが裏切り者だ」とヤンに語って息を引き取ります。最期までヤンを仲間だと信じて、語り続ける姿はあまりにも悲しかったです。
 そして、ヤンの昔の恋人・メイを演じた蕭亜軒は台湾の歌手で、今回が映画初出演です。短いシーンながらも、まだヤンに対する想いがあることを無言で表現した演技力は今後が楽しみです。

  原題の「無間道」とは仏教の八大地獄のひとつで、「最も苦しい、永遠に抜け出せない地獄」のことを指します。私は「偽りの生活」を続けるラウとヤンを表しているのだと思いましたが、日本語字幕付きで見てからこの原題の意味がもっと深いことを思い知らされました(香港版DVDで何回も繰り返し見ていましたが、中英字幕だけでは十分に内容を理解していなかったのです)。見終わった後に感じる物は人それぞれだと思いますが、たまにはこんな作品を見てみることも必要だと思いました。
  ハリウッドではこの映画のリメイク化権をめぐって大手メジャー会社の間で争奪戦が展開され、その結果ワーナーが史上最高の175万ドル(約2億円)で権利を獲得したそうです。製作・主演にブラッド・ピットが予定されているようですが、アメリカ人が撮ったらどんな作品になるのか興味があります。

  香港では2003年10月に「無間道U」が公開されました。「無間道U」は若き日のラウ(陳冠希)とヤン(余文樂)が主人公になり、彼らが潜入してから起こる様々な出来事やサムとウォン警視の因縁などが語られ「無間道」に繋がるストーリーのようです。そして、2003年12月には「無間道V 終極無間」が公開されます。こちらの作品は「無間道」の後日談という内容らしいでのすが、新たなキャストとして黎明(レオン・ライ)、陳道明(チェン・ダオミン、「HERO」で秦王を演じた)が加わるので、どんなストーリーなのか今から楽しみです。

      

  このページの画像は香港で買った「無間道」ポストカードです。皆さんのお好みはどれでしょうか(笑)?
ちなみに私のお気に入りは上の3つのうち、一番右端です。

Home Back


直線上に配置