「サンマイルドカーフィルム」




特徴

車内からの視認性に優れている。
従来の染色タイプから原着(染料原着)タイプに新化し、さらに断熱効果を加えました。
耐久性と機能性を兼ね備えたフィルムです。
また、熱収縮性に優れている為、一枚貼り用フィルムとして最も多くの方に愛用されています。

品 名 可視光線透過率(%) 日射透過率 規格
反射率(%) 吸収率(%) 透過率(%)
GY−5IR 55 39 1050mm×30m
GY−15IR 15 51 43 1050mm×30m
GY−30IR 30 44 50 1050mm×30m
GY−45IR 45 37 57 1050mm×30m
BR−15IR 15 51 43 1050mm×30m




特徴

従来の顔料タイプ(耐久性に優れている)に断熱機能を加えた、高機能性フィルムです。

品 名 可視光線透過率(%) 日射透過率 規格
反射率(%) 吸収率(%) 透過率(%)
SMKC-25IR 72 23 1050mm×30m
SMBC-25IR 10 71 24 1050mm×30m
SMGC-25IR 16 65 30 1050mm×30m
SMDC-25IR 25 56 38 1050mm×30m
SMLC-25IR 44 42 51 1050mm×30m
BRDC-25IR 26 58 36 1050mm×30m
BRLC-25IR 42 46 48 1050mm×30m

従来品の室内からの透明度、施工性が向上されました。

1枚貼りをうたっている施工店の方が従来のC・Pタイプを使う場合、熱成形性において敬遠されておりました。
しかし、新C・Pタイプは、熱成形性においてはT・Cタイプに匹敵する程に生まれ変わりました。
また敬遠されるもうひとつの要因といたしまして、室内からの白濁現象があげられると思います。
こちらに関しても、ヘーズの低下に成功し以前よりも室内からの透明感が向上されております。



T・Cタイプ/C・Pタイプは、なぜ優れているのか?

下記の図で説明します。
 
T・C/C・Pタイプの場合 他社製品の場合
@ @
A A
B
C B
@ ハードコート層(フィルム表面をキズから守る) @ ハードコート層(フィルム表面をキズから守る)
A 特殊処理層(ハードコート層の密着性を高める) A 染色PET(表層部から中心部に色のばらつきがある)
B PETフィルム層(PET表層部から中心部まで色が均一) B 粘着層(ガラスに密着させる)
C 粘着層(ガラスに密着させる)


T・Cタイプ/C・Pタイプ 染色フィルム
製造工程 ポリエステルチップを溶融し染料を塗布し着色されたポリエステルフィルム作る。 透明のポリエステルフィルムを二次加工により染料着色して作る。
着色方法としては、(溶剤染色、高圧染色、水染色)が、あります。
耐久性/耐熱性 Cポリエステルフィルム自体に着色されている為、退色しずらい、またBDの透明PETによりCが保護され耐熱性にも優れている。 Aのようにポリエステルフィルムの表層部から中心部かけて色の差が生じている。また、二次加工をしている為、本来のポリエステルフイルムに熱や溶剤からダメージを受けている。
その為、退色し易く、耐熱性も劣ります。



特徴

透明でありながら熱を吸収により断熱します。施工後透過率が、70%以上あれば、フロントガラス・フロントドアガラスに貼る事が可能です。
IR-25HD(透明断熱フィルム)は、他社製品にはない可視光線透過率86%を維持しております。
ガラスに施工した場合、透過率4%しか落ちませんので、ガラス単体で74%のガラスであれば施工可能です。
最も幅広い車種に施工できるフィルムと言えます。

品 名 可視光線透過率(%) 日射透過率 規格
反射率(%) 吸収率(%) 透過率(%)
IR−25HD 86 24 68 1050mm×30m
IR−25SD 82 24 69
1050mm×30m




特徴

太陽光を反射させる事により熱を断熱します。また、ファション性と機能性を持つフィルムです。

品 名 可視光線透過率(%) 日射透過率 規格
反射率(%) 吸収率(%) 透過率(%)
SL18-25HD 18 58 28 14 1050mm×30m
SKR-25HD 30 64 1050mm×30m
BZR-25HD 27 67 1050mm×30m
GNR-25HD 24 70 1050mm×30m
MGL-25HD 36 14 55 31 1050mm×30m
MSL-25HD 23 26 53 21 1050mm×30m
MBL-25HD 18 24 59 17 1050mm×30m
IR−25RD 75 25 22 53 1050mm×30m


左記写真はBMWに、MGLを貼った一例です。