葉山・仙元山

2004.1.3(土)      


テレビで箱根駅伝を最後まで見てから出かけられる所といえば、葉山の仙元山だ。
テレビでさんざん海と富士山の中継を見たというのに、自分の眼で見たくなっちゃうんだなぁ。


アプローチ

逗子駅(or京急新逗子駅)−(バス約10分)⇒ 風早橋バス停   駅と住宅地を結ぶバスは頻発
木の下交差点から登る

バスを降り、進行方向に進み、葉山トンネル手前の横断歩道を渡ると、ガイドブックに書かれているパン屋、ボンジュールだ。レストランも併設されていて、かなり繁盛しているようだ。

木の下交差点にある登山口へ。
葉山トンネルを越えるべくいきなり急坂の舗道。

出だしで振りかえると大きな富士山が見えるのは前回で知っているが、春霞のようにちょっともやっている。

教会の手前の民家にはリュウゼツランが植えられていて、少しビックリした。
教会の横からいよいよ山道。木々からさっそくガサゴソ。やはりタイワンリスだ。


桜並木を山頂へ


意外に急で、もっとかかっているような気になるが、案内板から山頂までは12分だった。

山頂からトワイライトの富士山と江ノ島を望む。
桜並木がりっぱで、ちょっと邪魔でさえあるのだが。

下山で二人と擦れ違う

写真を何枚か撮って下山した。街の17時を知らせる音楽が流れて、今日は独占だと思いかけ、もう少しで教会というところで、若者がジョグしてきて、「上見えます?」と聞かれて、「微妙ですね。」と答えた。さすがにジョグだけあって、案内板の近くの木下児童遊園に寄って写真を撮っている間に、その若者は既に下山してきて、駆け抜けていった。

犬の散歩に来た方とも擦れ違った。こんな風景が地元にあるなんて羨ましいなぁ。


17:12木下児童遊園から