みよちゃん通信 人に。。自然に。。やさしい気持ち。。千葉からあなたへ
ホーム 農業 介護 趣味 手記 日記
 
 ホーム > 趣味 > 俳句「春を詠む―2010」
 
マイ・スナップ
へら鮒釣りに思う
俳句に魅せられて(ふるさと村・他)
絵本・雄蛇が池哀話
上形ふじ油彩展&ヴァイオリンDUO
俳句に魅せられて(春を詠む)
童話つぶちゃん物語り
布ぞうり作り体験
物語り「酒買いの主」
里山通信第9号
物語り「布田の極楽寺 薬王寺」
俳句に魅せられて(新春を詠む)
里山の風にふかれて
童話「ぎんなん山のやまんばあ」
森を楽しむ講座
「白子チューリップ祭り」のオーナーになって
「花の広場」に縁して
初めての手揉み茶作り
心はひつと第8回小沼田夏まつり
涼ちゃんおばばの納涼船遊び
ハンカチブローチ作り方
晩秋の山里 ころ柿作り
短歌「春のある日」
絵本の読み聞かせ
ケーキ作り「白い妖精&おからケーキ」
夏の絵本の部屋「平和への願いを込めて」
第6回遊びの森美術展
レモンのシフォンケーキ&お饅頭
桑田・里山の会だより(7月〜9月)
桑田・里山の会だより(10月〜12月)
芋煮会
俳句「春を詠む-2010」
野草を食べて籠を作り
桑田・里山の会だより(2010-1月〜3月)
 

メール

 
俳句「春を詠む―2010」

東金市在住  「みよちゃん通信」一読者より
2010年4月1日

たっぷりと雪を吸った畑の土がすっかり春めいたと思っていた。
そして風が少し変ったなと思ったら白木蓮の蕾がいっせいにふくらみ、
気のはやい木は花開いて風に揺れていた。
「春はペンキ屋」とは一年生の子どもの言った言葉だが、今年の春は
今年だけ。
一日一日を大切に過ごしたいものだ。

  花摘みの一心不乱や春麗(はるうらら)
  農作業始めよと告ぐ辛夷(こぶし)かな
  蕗味噌(ふきみそ)や作りそびれし罪のあり
  野を焼きて帰る漢(おとこ)や火の匂ふ
  白椿穢れ(けがれ)知らずに落ちにけり

 

前へ
このページの先頭へ
次へ

 

| ホーム | 農 業 | 介 護 | 趣 味 | 手 記 | 日 記 | サイトマップ | メール |
Copylight© 2004 miyotyan-tushin All rights reserved.