みよちゃん通信 人に。。自然に。。やさしい気持ち。。千葉からあなたへ
ホーム 農業 介護 趣味 手記 日記
 
 ホーム > 手記 > フットケア&核酸との出会い
 
新米社長奮戦記
「地震のエピソード」
母の残した慰問文
おふくろの残した言葉 
館山戦跡めぐり
視察 戦争遺跡めぐり
千葉の自然環境に思う
「千葉の自然環境に思うこと」後編
研修視察「第五福竜丸展示館・他」
第五福竜丸展示館」を見学して
郷土の戦争遺跡めぐり
フットケアえにし旅
山梨の自然に魅せられて
天慧書道展&押し花展
週末山梨でわらび採り
平和のつどい
フットケア縁の旅ー2
第3回食育セミナー
「いただきます」
フットケア縁側日記
フットケア縁の旅-3
薬膳料理で幸せチャージ!
食育料理教室「桜餅」
フットケア縁の旅-4「ママの手は魔法の手」
「三志会 書道教室」のお知らせ
夏の日の思い出「花火と浴衣」
歴史散歩―いすみと出雲
第2回子ども平和コンサート
木の実のクリスマスリース
歴史散歩(2)-玉前神社の秘宝
フットケアスクールに挑戦
千葉発-山梨の田舎暮らし
終の棲家 勝浦の田舎暮らし
第3回戦争体験語りべの集い
歴史散歩(3)-大化の改新と上総国
フットケア&核酸との出会い
第4回戦争体験語りべの集い
 

メール

 
フットケア&核酸との出会い

東金市在住  みよちゃん
2010年4月1日

フトケアとの出会いは2008年2月2日の事でした。2007年の春頃から肩と腕の痛みがひどくなり徐々に悪化して、夜も眠れない・衣服の着脱や家事・車の運転もままならない・そんな状態で整形外科に通院しておりました。
原因は、老化現象で骨と骨の間のクッションの役目をしている軟骨がすり減って直接骨が当たることで激痛が起こるのだそうです。
赤外線と温湿布療法に加えて筋力を強くする軽いストレッチを半年ほど続けて少し症状が改善されたものの、相変わらず辛い日々を過ごしておりました。

そんなある日、友人のMさんに声をかけていただいたのがきっかけで、Mさんのお宅で月1回行われる、大岩先生のフットケアサービスを受けることになりました。足の裏は第二の心臓ともいわれ、重要な臓器のツボが沢山あるとのこと。
当初私の足の裏の状態はひどいもので、足の指は萎縮して開かないし何処を押しても激痛が走り、フットケアは苦痛の連続でした。
靴が足に合わない事にも原因があると指摘を受けました。

そこで、まず5本指の靴下を履き、靴も外反母趾予防のものを大岩先生に選んで頂いて購入しました。足に良くなじんで長時間履いていても全く疲れません。家の中でもスリッパから自分で作った布ぞうりに変えたところ、足の指も徐々に広がりぞうりの編み目が足の裏を刺激してとっても気持ちが良いです。

身体の内側からのケアも必要だという事で、核酸を勧められました。先生からも効果についての説明がありましたが、私は「サプリメントって効果があるの?」という疑問があって、自分でも核酸のことを調べてみました。

核酸とは
動物や植物の全ての細胞に含まれる有機化合物で、DNA(デオキシボ核酸)とその情報を読み取ってたんぱく質を合成するRNA(リボ核酸)を合せた呼称です。細胞の新陳代謝をスムーズにし、細胞の増殖、たんぱく質の合成、細胞の活性化を促進します。
しかし加齢による肝臓や腎臓の機能の低下にともない核酸が不足すると、新陳代謝や細胞の修復に支障をきたし、ガンや糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病・肌や内臓・血液・脳の老化などの一因になっていると考えられ、核酸を摂取することで免疫力を高め、これらの病気の進行を穏やかにする効果があると考えられています。

フットケアの会員のお一人は、リュウマチで手の指が痛くて何も出来なかったのが、核酸を飲み始めて半年を過ぎた頃から痛みはあるものの、普段の生活を取り戻し、大好きなママサンバレーも出来るようになったと言います。そして体重もベストの状態になり、黒くつやのない顔が色白になりつやが出てきたとも。

足そんなお話を聞く中で、藁にもすがりたい思いでいた私は一応自分なりに納得して1年間服用してみることにしました。1日5カプセルを2回に分けて食後に飲み、その他に日々続けているラジオ体操と軽いストレッチ、入浴時に足の裏を揉むようにして5ヶ月が過ぎた頃、痛みがやわらぎ少しずつ身体の動きが楽になってきました。
(運動は時々サボってしまいましたが・・・)
一番目立った事は、顔のつやが良くなり色白になってきたことです。
友人からも良く言われました。先生は「とても顔のつやが良いですね。相乗効果が出てきたのでしょう」と、おっしゃいました。

もう一つの変化は、低体温(35.3℃)でいつも手足が冷たかったのが、昨年1年間、朝起きた時の体温を測ってみたところ平均36.1℃にアップしていました。手足はまだ冷たいものの免疫力が高まってきたのだと思います。
朝起きてすぐにお茶で良くうがいをしてから還元水を200cc飲み、普段は主に日本茶を飲み、入浴前・入浴後に還元水を200cc飲むようにして1日1,500ccぐらい水分を摂るようにしています。

イベントなどの取材で外出することが多く、疲れが重なると風邪を引き高熱を出して寝込んでしまっていたのが、最近は風邪は引くものの微熱程度で大事に至らなくなりました。
とはいうものの、体調が全て改善された訳ではなく、今も疲れると肩や腕の痛みが増し足の裏もかなり痛くなります。特に血液循環の悪くなる冬は辛いです。お昼寝をしたり夜早く寝ることで体調を整えるようにしております。

1年ぐらい前からフットケアの前に1時間ほど大岩先生の「生き生き健康講座」が始まりました。ストレスについて・肝臓の役目・体調について・腸内環境・元気でいるための7つのルールなど。講座の内容はその都度ブログに掲載しております。
ある会員の方がブログを印刷して、パソコン環境のない方々に配って喜ばれているそうです。また、パソコンのある方はブログを見ると復習になるので助かる。と言ってくれます。

それに何といっても楽しいのは、皆さんが手料理を持ち寄って頂く「昼食タイムとおしゃべり」です。栄養のバランスも良く、同じ料理が並んだことがないのが不思議です。
皆さん食材や調味料など、なるべく安全なものを選んで調理しているそうです。それに薄味です。

フットケア中
フットケア中
ある日の昼食
ある日の昼食

私なりに小さな努力を続けながら2年が経ちました。楽しみながらフットケアを続けることと、基本的には「バランスの取れた食事・有酸素運動・ストレスをためないよう気分転換をはかる」この三つの事を頭において、自分なりに出来ることをコツコツと長く続ける事が健康につながる秘訣ではないかと思います。
60代後半になった今"言うは易く行うは難し"ですが「あきらめないで・・・継続は力なり!」をモットーに、生きて行きたいと思っています。

 

前へ
このページの先頭へ
次へ

 

| ホーム | 農 業 | 介 護 | 趣 味 | 手 記 | 日 記 | サイトマップ | メール |
Copylight© 2004 miyotyan-tushin All rights reserved.