みよちゃん通信 人に。。自然に。。やさしい気持ち。。千葉からあなたへ
ホーム 農業 介護 趣味 手記 日記
 
 ホーム > 手記 > 千葉発-山梨の田舎暮らし
 
新米社長奮戦記
「地震のエピソード」
母の残した慰問文
おふくろの残した言葉
館山戦跡めぐり
視察 戦争遺跡めぐり
千葉の自然環境に思う
「千葉の自然環境に思うこと」後編
研修視察「第五福竜丸展示館・他」
第五福竜丸展示館」を見学して
郷土の戦争遺跡めぐり
フットケアえにし旅
山梨の自然に魅せられて
天慧書道展&押し花展
週末山梨でわらび採り
平和のつどい
フットケア縁の旅ー2
第3回食育セミナー
「いただきます」
フットケア縁側日記
フットケア縁の旅-3
薬膳料理で幸せチャージ!
食育料理教室「桜餅」
フットケア縁の旅-4「ママの手は魔法の手」
「三志会 書道教室」のお知らせ
夏の日の思い出「花火と浴衣」
歴史散歩―いすみと出雲
第2回子ども平和コンサート
木の実のクリスマスリース
歴史散歩(2)-玉前神社の秘宝
フットケアスクールに挑戦
千葉発-山梨の田舎暮らし
終の棲家 勝浦の田舎暮らし
第3回戦争体験語りべの集い
歴史散歩(3)-大化の改新と上総国
フットケア&核酸との出会い
第4回戦争体験語りべの集い
 

メール

 
千葉発-山梨の田舎暮らし

千葉市在住  ゆみえ
2010年1月1日

午前6時38分、山梨へ向けて朝一番の「あずさ」に飛び乗る。眠い・・・眠い。私の千葉〜山梨間の移動もだいぶ旅慣れたものになってきた。
週一回の行ったり来たりも今だ続き、車内販売の乗務員さんの顔も見慣れてきた。現代は、車内販売のお姉さんだけでなく、お兄さんもいる時代。しかも、若くてイケメンだったりする。
おばさんはそんなJRのさりげないサービスに結構ご満悦。

秋の長雨とは言うが、今年は雨が良く降る。日本で有数の日照時間を誇る山梨も例外ではない。柿の実り具合も通年の1/3ぐらいかしら。
当然、私の秋の一大イベント枯露柿作りにも影響は出てしまった。
辛うじて柿は何とか手に入れたものの、甲府の風物詩、冷たい北風・八ヶ岳おろしが吹かない。

この時期、晴れた日には凍てつく。窓ガラスも壊れそうな強風が毎日吹くのが日課なのに。洗濯物にも毎日苦労するほど。
甲府の冬はピューピュー北風が吹いているか雨が降っているか、どちらかなのに、今年はどんより重い雲で覆われ気が滅入る日ばかりである。
軒先に吊るされた私の可愛いオレンジ色の柿が、見る見る黒くなるだけで仲々乾かない。

干し柿ののれん
干し柿ののれん

昨年初挑戦の枯露柿作りが見事な快勝をおさめ、「美味しい!美味しい!」と喜んでもらえ、回りから多大な期待をされてしまった手前、今年も楽して上手くいくなんで思っていた私は、少々パニック気味。
いい恰好しいのピンチである。
地元の枯露柿作りを生業としている所では扇風機も登場しているらしいけど、それだってやみくもに風を送るわけじゃないだろうし、私には運を天に任せる方法しかない。
そ〜だよね、そんなに簡単じゃないよなぁ。と痛感・・・考えが甘かった。

今年の柿は酷いけど、天下の紅葉はまあまあというところ。
この時期に山梨に私を訪ねて来て下さる人が多くなるが、要は体の良いガイド兼アッシーなのである。解っちゃいるけど、ご指名で私を訪ねて来てくれるというのは嬉しいことだ。
そのためにも、現地に何度も足を運び、最適な場所を案内する為に、日々紅葉前線をリサーチして回る。ついでに絶景ロケーションポイントや素敵なワイナリーも追加で、旅土産に貢献する。

昇仙峡の紅葉
昇仙峡の紅葉
見事な紅葉
見事な紅葉
ダイヤモンド富士
ダイヤモンド土富士
雪をかぶった富士山
雪をかぶった富士山

今年は知人に頼まれて、初対面の方を観光案内したせいか、妙に肩に力が入る。山梨でのスケジュールも秋に埋まる日が多くなった。
私はよろずや?・・・。
何回も同じワイナリーに足を運げば、エッと驚くまた新たな出会いも生まれる。それは、ワイナリーの奥様が、私のお世話になった方と偶然知り合いだったことだ。だから観光案内はやめられないね。
こんな所が私のエネルギーの源かも。

この冬も、野菜をもらって保存食作りが始まった。ジャムに始まり、果物のシロップ漬け・柚子コショウ・柚子茶・大根や白菜の漬物・干し柿・締めは味噌作り。誰がこんな私を想像しただろう。
からっきし家事仕事には向いていない私なのに。

10年来仲たがいしていて音信不通だった実の母に、ひょんな事から送る事となった枯露柿だが、「また今年も作ってね」と言われた事を思い出し、軒先を眺める。オレンジ色の柿が黒くぼけて見える。
今年は色が悪く出来も今ひとつだけど、何とか形を整えて昨日郵送し終わった。見た目も味も悪いかも知れないが、きっと"美味しい"と褒めて食べてくれるであろう。高齢の母のことをうっすら思いながら。
枯露柿の出荷が終ると私の一年も終りに近付く。

今日は千葉へ向かう車窓から外の渓流に目をやる。きれいだなぁ・・・。
しばしの行き帰りの電車の中が私の頭の整理をするひと時となる。
おっ、車内販売のイケメンのお兄さんが来た!・・・。
ちょっと高いけどHOTコーヒー買おう。
うふふ、これもやっぱり楽しみの一つ。
懲りないおばさんは来年も頑張るぞ!と、新たな誓いを立てるのである。

 

前へ
このページの先頭へ
次へ

 

| ホーム | 農 業 | 介 護 | 趣 味 | 手 記 | 日 記 | サイトマップ | メール |
Copylight© 2004 miyotyan-tushin All rights reserved.