みよちゃん通信 人に。。自然に。。やさしい気持ち。。千葉からあなたへ
ホーム 農業 介護 趣味 手記 日記
 
 ホーム > 手記 > 第3回食育セミナー
 
新米社長奮戦記
「地震のエピソード」
母の残した慰問文
おふくろの残した言葉
館山戦跡めぐり
視察 戦争遺跡めぐり
千葉の自然環境に思う
「千葉の自然環境に思うこと」後編
研修視察「第五福竜丸展示館・他」
「第五福竜丸展示館」を見学して
郷土の戦争遺跡めぐり
フットケアえにし旅
山梨の自然に魅せられて
天慧書道展&押し花展
週末山梨でわらび採り
平和のつどい
フットケア縁の旅ー2
第3回食育セミナー
「いただきます」
フットケア縁側日記
フットケア縁の旅-3
薬膳料理で幸せチャージ!
食育料理教室「桜餅」
フットケア縁の旅-4「ママの手は魔法の手」
「三志会 書道教室」のお知らせ
夏の日の思い出「花火と浴衣」
歴史散歩―いすみと出雲
第2回子ども平和コンサート
木の実のクリスマスリース
歴史散歩(2)-玉前神社の秘宝
フットケアスクールに挑戦
千葉発-山梨の田舎暮らし
終の棲家 勝浦の田舎暮らし
第3回戦争体験語りべの集い
歴史散歩(3)-大化の改新と上総国
フットケア&核酸との出会い
第4回戦争体験語りべの集い
 

メール

 
第3回食育セミナー

東京都在住  RIN
2008年11月1日

毎月第一日曜日に行われるチャリーティーヒーリングをとても楽しみに、毎回参加しています。
9月7日のクッキングは、『チキンカツ・チキンボール作り』

食生活に気をつけている方も、そうでない方も、病気など何かのきっかけで、普段の食生活を振り返ってみたことがあると思います。
私もおよばずながら、そのひとりであります。ゴリゴリの食育人ではありませんが、栄養素などに興味を深めるきっかけとなったのは、自らの身をもって、食べ物の力を体感したことです。

私は交通事故で 体にガードレールが串刺しになり、内臓を外傷し、ショックで血が止まらず、救命のために大量の輸血が必要になり、血液を入れては出ていき、ドラム缶一本にも相当する輸血が体をすり抜けていきました。
何日にもわたるショック性出血がやっと治まる頃には、免疫力も落ち、たくさんの黴菌が血液を侵していました。
そして、院内感染による敗血症で命が再度危うくなり、大量の抗生剤を連日投与し、再度命を取り留めました。

一般病棟に移ってからも輸血と血小板の投与は続きました。
繰り返される手術で、ストレスから大量の出血を起こす胃潰瘍をたびたび併発し、何ヶ月も食事をとることができませんでした。
けれど、あるとき、母がおかゆを作ってきてくれました。いつも吐き気で苦しんでいましたが、その日、少し・・・口にすることができたのです。
何ヶ月振りかで食物を口にし、お茶わん半分くらい、ぺろっと食べてしましました。

主治医に後で「許可してないのに食べちゃって!」と叱られましたが、なんと血小板はぐ〜んと上がり、次の日から輸血も血小板も投与する必要がなくなったのです!点滴の針を刺す場所がなくなるくらい血管が傷んで高熱が出たり、血管の痛みで辛かった事から解放されて、食べ物ってすごい!と心から食物に感謝し、大声で空に向って「食べ物さん、ありがとう〜っ!!」と叫びたいくらい、その大切さと重みを体感しました。
このときのおかゆの体験が、「食育」という2文字にぐ〜んと引きよせられてしまう所以です。

さて前置きが長くなりスミマセン。
第3回食育セミナーは、元食肉店の平田さんが、新鮮で安全な鳥ミンチをご用意くださり、 長年培ってきたお店の技術で、美味しい鳥カツを伝授くださいました。

二つのグループに分かれて作業開始〜!
まずは玉ねぎをみじん切り。
友人の小学生の甥御さんと姪御さんも参加、私たちのグループです。
「僕、玉ねぎ切る!」
え?大丈夫なの?!一瞬心配になりましたが、たどたどしい手つきでありながらも一生懸命みじん切り。
危なっかしいけど、メンバーの方が見守ってくださるので、私は他の作業に。しばらくすると玉ねぎの辛味成分が周りに立ち込め、みんな目がショボショボ゙・・・玉ねぎをみじん切りに切っている本人は・・・?!

お〜っと!なんと、サランラップを細く切って眼に張り付けて、目にしみるのを防いでいます!
なるほど、小さくても、知恵を働かせていて、感心してしまいました。
なんとかみじん切りもできて、男の子だけど、お母さんと一緒にお料理しているんだなぁと、微笑ましく思いました。
親子が一緒に料理することで、食べ物の大切さや、食に対する興味が培われ食育の一環が自然に身につけられるのではと、とても良い教育だと思いました。

そして鳥ミンチに玉ねぎのみじん切り・塩を入れてよくこねて・・・・
こねたミンチをカツ用、トリール用に成形して・・・
カツには安全な美味しいパン粉を付けて揚げ、ボールは、片栗粉を付けて揚げて、残りはスープにそのまま落とす・・・
こうして皆でワイワイ、協力しながら、作業を楽しみ、目標時間内に完成!
主催の大岩さんが、新米のおにぎりを2つずつご用意くださいました。
大きなサクサク衣のトリカツとボール、スープをお腹いっぱ〜いいただいて、残りはテイクアウト♪

お肉の選び方、安全で美味しい厳選素材について、その他健康に関する情報など、貴重なお話をいただきました。
私が印象的だったのは、今日の塩は天然ミネラル豊富なお塩で、朝、起床したら安全なお水コップ一杯に天然塩を少し溶かして飲むと、就寝中にドロドロになった血液がサラサラになるそうです。
そして揚げ物は1時間すると酸化が始まるので、その後は揚げ直すと良いとのこと。
鳥ボールはたくさん作って冷凍しておいて、料理にとても便利に活用できるそうです。
カレーに入れたり、酢豚にしたり。照り焼き味にしたり、子供にはケチャップやマヨネーズソースでからめたり・・・お弁当にももってこいですね。
味付けは多種多様に対応できる万能鳥ボール♪レシピのアイデアを考えるのも楽しいですよね。

そして今回はRIJ(国際難民支援)のメンバーの方から、難民の方々が作成したエプロン、カード、小物の小さな即売会が開かれました。
エプロンの色とパッチワークもかわいくて、ノーアイロン!主婦にはありがたい万能エプロンです。
現在の日本では、全国民の昼食に相当する食糧が食べ残され破棄されているそうです。
購入することで、チャリティーとしてそれが義援金となり、手助けが出来るなんてとっても素敵ですよね♪
今回もこうして盛りだくさんの内容で、貴重な体験をすることができました。

主宰された那由他の大岩さんをはじめ、お手伝いくださったスタッフの方々、今回ご指導くださった平田さん、裏方のみなさん、準備も片付けも大変だったと思います。
毎回楽しませていただき、大変勉強になりました。
本当にありがとうございました。

●チキンカツ
★材料(1個分) ★作り方
   鶏胸ひき肉・・・・・・・・・・50g
A  玉ねぎ(みじん切り)・・・・50g
   塩・・・・・・・・一つまみ(約1g弱)

とき卵・パン粉・・・・・・適量
小麦粉・油・・・・・・・・・適量
@材料Aを全てボールに入れ、良くかき混ぜ合せる。
  目安は、肉がねっとりするくらい。
  厚さ1cmぐらいの形に整える。
A小麦粉→とき卵→パン粉の順につけて揚げる。
  200℃で3分〜5分。
Bころあいを見て油から上げる。

●チキンボール
★材料(1個分) ★作り方

   鶏胸ひき肉・・・・・・・・・・30g
A  玉ねぎ(みじん切り)・・・30g
   塩・・・・・・一つまみ(約1g弱)
   とき卵・・・・・・・・・・・・・・適量

片栗粉・・・・・・・・・適量
油・・・・・・・・・・・・・適量

@材料Aを全てボールに入れ、良くかき混ぜ合せる。
  目安は、肉がねっとりするくらい。
  直径3pぐらいのお団子に形を整える。
A片栗粉をまぶし、油で揚げる。
  200℃で3分〜5分。
Bころあいを見て油から上げる。

★アレンジ例 *あまから肉団子  *シチューの肉のかわり
*お弁当のおかず

子供達も一生懸命お手伝い
子供達も一生懸命お手伝い
形を整えたチキンカツ
形を整えたチキンカツ
料理の完成です
料理の完成です
皆で「いただきま〜す」
皆で「いただきま〜す」

 

前へ
このページの先頭へ
次へ

 

| ホーム | 農 業 | 介 護 | 趣 味 | 手 記 | 日 記 | サイトマップ | メール |
Copylight© 2004 miyotyan-tushin All rights reserved.