みよちゃん通信 人に。。自然に。。やさしい気持ち。。千葉からあなたへ
ホーム 農業 介護 趣味 手記 日記
 
 ホーム > 農業 > なごみ農園「実りの秋」
 
『100円スタンド』
自然農法への夢
「自分流」土・野菜作り
「よいしょパック」 
夢いっぱい無農薬園芸
「王家の豆」成長記録
なごみ農園ボカシ作り
パイナップルリリー
夢を育みたい!
「永野農園」ゴーヤーに
魅せられて
高坂園芸〜秋の花たち
永野農園「丹波黒豆」脱穀・選別体験
なごみ農園「上棟式&コンサート」
田舎暮らし〜あれこれ
なごみ農園「手作りハウスと農業」
高坂園芸「春は球根の出荷・植え付け」
なごみ農園「合鴨たちと家作り」
永野農園「ゴーヤーの収穫&種子の話」
高坂園芸「ヒガンバナの栽培」
なごみ農園「イノシシ対策」
志野ちゃん宇井ちゃんのここから畑
高坂園芸ディピダクス
なごみ農園の冬暮らし
日本の農業はどこに向かうのか
農のあるパン屋「タルマーリー」
なごみ農園だより
第1回食育お料理教室
上谷フレンドリー
なごみ農園だより(秋〜冬)
なごみ農園だより「冬から春へ」
日本の農業に思う
なごみ農園だより「4月〜6月」
なごみ農園「実りの秋」
高坂園芸「初夏〜秋の花」
なごみ農園だより「2010-1月〜3月」
小夏のマクロビ体験記
高坂園芸「早春だより」
 

メール

 
なごみ農園「実りの秋」

東金市在住  みよちゃんレポート
2009年10月1日

◆9月5日(土)稲刈り
毎年稲刈りの時期は台風シーズンと重なって気がもめますが、今年は秋晴れの暑い日になりました。
仲間の応援があって、7人で午前10時頃から田んぼに入りました。
まず田んぼの周りを手刈りしてからOさんが倒れている稲を竹ざおで起こし、その後を西田さんが一条刈りで刈り込みました。
稲の品種はコシヒカリです。

私達は倒れた所の稲を手刈りしたり、稲をおだがけしました。稲もずっしり重くて運びごたえがあり、豊作のようです。
真夏日のような暑さで、皆かなり疲れが出てティタイムを取りながら、10アール弱の稲刈りは半日で終りました。今年はイナゴが少ないのが気になりました。
どこの田んぼでも同じ現象が起きているとのこと。

倒れた稲を起しながら稲刈り
倒れた稲を起しながら稲刈り
おだがけ作業
おだがけ作業
ティタイム
ティタイム
山を背にしたおだがけ風景
山を背にしたおだがけ風景

合鴨の働きで、広々とした田んぼに雑草は殆んど生えていません。稲穂が沢山落ちていますが、これは合鴨たちへのご褒美に残しておくそうです。
山を背にしたおだがけの風景は何となく心が和み、「いい景色だなぁ」と眺めている人もおりました。テーブルにはご馳走がいっぱい!・・・少し遅い昼食をいただきながら、ゆっくりと楽しい時間を過ごしました。

お昼のご馳走です
お昼のご馳走です
(いなり寿司・おにぎり・筑前煮・トコロテン・漬物・ミニトマト・ゴーヤーチャンプル)

◆9月12日(土)稲の脱穀
曇天で時々小雨がパラつき、不安定なお天気です。Tさん夫妻の応援があり午前9時過ぎから脱穀を始めました。ポカッと日が差したかと思うと真っ黒な雲に覆われて気が気ではありませんでした。
おだがけから稲をはずして運ぶ人、脱穀をする人、稲わらを片付ける人、それぞれ手分けをして頑張りました。
Tさんの奥さんは稲刈りや脱穀は初めての体験だそうですが、脱穀の手助けがとてもスムーズでビックリしました。

おだがけから稲をはずす
おだがけから稲をはずす
脱穀
脱穀
わら積み
わら積み

西田さんが前日に半分ぐらい脱穀を済ませていたこともあって、午前11時には脱穀が終わり後片付けが終ったとたんに、雨が降り出してきました。何とタイミングの良い事か・・・。
西田さんの話では、5俵ぐらいの収穫が見込まれ、完全無農薬の合鴨農法では豊作だということです。
ベランダでゆっくり昼食を頂きながら、世間話に余念がありません。

お昼のご馳走です
お昼のご馳走です
楽しい食事タイムです
楽しい食事タイムです

雨が止むと小屋にいた合鴨たちがぞろぞろと田んぼに出て来て、水溜りで水浴びしたり、のんびりと餌をついばんだりしていました。
雄の首がはっきりと緑色に変ってきてきれいです。

合鴨の集団のすぐ側に、遠慮がちに一羽の名古屋コーチンがおりました。この鶏はこの春に孵化したばかりのヒナを購入した中の一羽で、集団で固まって暖を取っていた時に押しつぶされたのか、首が後ろを向いてしまって、片目もつぶれて、満足に餌も食べられずに仲間達にいじめられていたそうです。

田んぼで遊ぶ合鴨
田んぼで遊ぶ合鴨
障害を持った名古屋コーチン
障害を持った名古屋コーチン

西田さんが別の小屋に移して、餌を与えながら時々首を前に戻したりと面倒を見ていましたが、長くは生きられないだろうとあきらめていたそうです。
ところが、いつの間にか合鴨の小屋で過ごすようになり、合鴨も受け入れて一緒に餌を食べるようになり、首も元通りになって自分ながらに生きるすべを見つけた鶏だといいます。
何とたくましいこと!・・・頑張れッと、エールを送ってやりたいです。

◆9月22日(火)食事会に招かれて
なごみ農園に集う仲間のSさんのお宅に、西田さん夫妻と一緒に食事会に招待されました。
家の脇を川が流れていて、せせらぎの音が聞こえ、野草も色々な種類が生えていてとても良い所です。
ここでゲンノショウコの可憐な花を見つけました。

手作りのレンガ窯
手作りのレンガ窯
ゲンノショウコ
ゲンノショウコ

秋晴れの爽やかな午後、徐々に20数名が集い、自己紹介、乾杯をして食事会が始まりました。(初めてお会いした方も多かったです)
Sさん手作りのレンガ窯で焼いたピザ、奥さんの焼いた美味しいパン、他に、それぞれが持ち寄りの料理がテーブルに並びました。

楽しい食事会風景
楽しい食事会風景
楽しい食事会風景
楽しい食事会風景

おにぎり、かぼちゃの煮物、イカの塩辛、ジャム、トコロテン、天ぷらそば、うどん、果物・・・。どの料理も美味しくて、みんなで「もう、お腹がいっぱい!」といいながらも次の料理が出てくると「別腹だから」といって、またいただく・・・焼き栗や、焼き芋も。

男性陣が一生懸命天ぷらうどんを作ってサービスしてくれました
男性陣が一生懸命天ぷらうどんを
作ってサービスしてくれました
天ぷらうどん2人前出来上がり
天ぷらうどん2人前出来上がり
栗も包丁を入れて焼き栗に・・・
栗も包丁を入れて焼き栗に・・・

中でも皆さんが興味津々で食べたのが「アロエベラの刺身」でした。
果肉が透明でゼリー状で長く糸を引き粘々が強く、スダチをしぼって、かつおぶし、しょうゆ味でいただきました。口の中でまったりっして、何とも不思議な食感でした。
様々な方々との出会いも嬉しいですが、珍しい食べ物にも出会えてワクワクします。
後で調べたところ、ムコ多糖体という成分が含まれていて免疫機能を強くし、胃や十二指腸潰瘍などに効くそうです。

アロエベラの断面です
アロエベラの断面です
アロエベラの刺身
アロエベラの刺身

 

前へ
このページの先頭へ
次へ

 

| ホーム | 農 業 | 介 護 | 趣 味 | 手 記 | 日 記 | サイトマップ | メール |
Copylight© 2004 miyotyan-tushin All rights reserved.