みよちゃん通信 人に。。自然に。。やさしい気持ち。。千葉からあなたへ
ホーム 農業 介護 趣味 手記 日記
 
 ホーム > 農業 > 高坂園芸で出合った「ディピダクス」
 
『100円スタンド』
自然農法への夢
「自分流」土・野菜作り
「よいしょパック」 
夢いっぱい無農薬園芸
「王家の豆」成長記録
なごみ農園ボカシ作り
パイナップルリリー
夢を育みたい!
「永野農園」ゴーヤーに
魅せられて
高坂園芸〜秋の花たち
永野農園「丹波黒豆」脱穀・選別体験
なごみ農園「上棟式&コンサート」
田舎暮らし〜あれこれ
なごみ農園「手作りハウスと農業」
高坂園芸「春は球根の出荷・植え付け」
なごみ農園「合鴨たちと家作り」
永野農園「ゴーヤーの収穫&種子の話」
高坂園芸「ヒガンバナの栽培」
なごみ農園「イノシシ対策」
志野ちゃん宇井ちゃんのここから畑
高坂園芸ディピダクス
なごみ農園の冬暮らし
日本の農業はどこに向かうのか
農のあるパン屋「タルマーリー」
なごみ農園だより
第1回食育お料理教室
上谷フレンドリー
なごみ農園だより(秋〜冬)
なごみ農園だより「4月〜6月」
なごみ農園「実りの秋」
高坂園芸「初夏〜秋の花」
なごみ農園だより「2010-1月〜3月」
小夏のマクロビ体験記
高坂園芸「早春だより」
 

メール

 
高坂園芸で出合った「ディピダクス」

東金市在住  みよちゃんレポート
2008年3月1日

高坂園芸さんにお邪魔するようになって3年になります。今年初めて「ディピダクス」という花に出会いました。優しく気品のある花だと思いました。
高坂園芸さんでは、以前栽培していたそうですが、売れ行きが思わしくなかったので、やめていたとのこと。最近になって徐々に市場に出回ってきたので、ハウス栽培を始めたそうです。

南アフリカ原産のユリ科・ディピダクス属で、別名クリスタルリリーと呼ばれています。 高坂さんいわく、クリスタルリリーという呼び名はコマーシャルネイムではないかと・・・。
秋に球根を植え、開花は1月〜4月(ハウス栽培の場合)、30p〜40pぐらいの丈になり、細い葉、花序に8〜10個の花がつき、下から上へと徐々に咲いていきます。白い6つの花弁の基部に濃いピンクの斑点があり、蜜のような粘り気のある液体がついています。
5〜6月頃に花が終り、葉が枯れてきたら球根を掘りあげて乾燥させて保管します。
実生と分球で増やし、肥料は控えめにすると花が長持ちするそうです。
ちなみに高坂園芸さんでは、3年物の落ち葉とボカシを入れて土作りをしています。

ハウス栽培のディピダクス
ハウス栽培のディピダクス
ディピダクスの花拡大
ディピダクスの花拡大

2月16日の午後、ハウスにおじゃましてディピダクスの写真を撮ってから、パイナップルリリーの調整作業のお手伝いをしました。
木子を切り落して販売用と植え付け用に選別しました。
二つ芽の球根が幾つもあり、高坂さんはこの球根から2本の花が咲いたら交配して種を蒔き、また花が咲いたら交配を繰り返して、一つの球根で2本あがる固体を作りたいと話していました。
実生から花が咲くまでに何年もかかり、その上、新しい個体が出来あがるまでは相当の年月を要するものだと改めて思いました。

木子の切り落し
木子の切り落し
二つ芽のパイナップルリリー
二つ芽の パイナップルリリー

この日面白い光景にも出会いました。
アウトドア好きの高坂さんの友人が、杉林から間伐した木材を、どうしたら安全に簡単に運び出せるかと、試行錯誤をしながら作業をしていました。
まず、50mぐらい間隔をおいた2本の大木の高い位置にジャッキでロープをピンと張り、木材の両端をワイヤーで巻き、滑車をつけてロープに吊り下げて高低差を利用して運び出す。という訳です。
しかし、途中に木の枝が沢山積んであり、これが邪魔で木材がスンナリ滑らない。
そこで、宙吊りの木材を押しながら所定の場所に移動させて、ジャッキをゆるめて下におろす。
なるほど!うまく考えたものです。
遊び心いっぱいの小道具もあって楽しそうでした。

木材運び
木材運び

他にも様々な花を栽培しております。切り花や球根の販売もしておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にお問い合せ下さい。

     ★お問い合せ先はこちらです。
      〒297-0006 茂原市新小轡(もばらししんこぐつわ)531−3
      高坂 政敏
      TEL 0475-23-4100 FAX 0475-25-6446

 

前へ
このページの先頭へ
次へ

 

| ホーム | 農 業 | 介 護 | 趣 味 | 手 記 | 日 記 | サイトマップ | メール |
Copylight© 2004 miyotyan-tushin All rights reserved.