みよちゃん通信 人に。。自然に。。やさしい気持ち。。千葉からあなたへ
ホーム 農業 介護 趣味 手記 日記
 
 ホーム > 農業 > なごみ農園「イノシシ対策」
 
『100円スタンド』
自然農法への夢
「自分流」土・野菜作り
「よいしょパック」 
夢いっぱい無農薬園芸
「王家の豆」成長記録
なごみ農園ボカシ作り
パイナップルリリー
夢を育みたい!
「永野農園」ゴーヤーに
魅せられて
高坂園芸〜秋の花たち
永野農園「丹波黒豆」脱穀・選別体験
なごみ農園「上棟式&コンサート」
田舎暮らし〜あれこれ
なごみ農園「手作りハウスと農業」
高坂園芸「春は球根の出荷・植え付け」
なごみ農園「合鴨たちと家作り」
永野農園「ゴーヤーの収穫&種子の話」
高坂園芸「ヒガンバナの栽培」
なごみ農園「イノシシ対策」
志野ちゃん宇井ちゃんのここから畑
高坂園芸ディピダクス
なごみ農園の冬暮らし
日本の農業はどこに向かうのか
農のあるパン屋「タルマーリー」
なごみ農園だより
第1回食育お料理教室
上谷フレンドリー
なごみ農園だより(秋〜冬)
なごみ農園だより「4月〜6月」
なごみ農園「実りの秋」
高坂園芸「初夏〜秋の花」
なごみ農園だより「2010-1月〜3月」
小夏のマクロビ体験記
高坂園芸「早春だより」
 

メール

 
なごみ農園「イノシシ対策」

東金市在住  みよちゃんレポート
2008年1月1日

なごみ農園では5〜6年前からイノシシが出没するようになり、最初の年はサツマイモを殆んど食い荒らされてしまい、ミミズもあさる為、畑は耕運機で耕した以上に耕してありました。
見事という他に言葉が見つからなかった。と西田さんはいいます。

そこで、赤外線センサーとラジオを組み合せて、侵入したらセンサーがついて音が出るような装置を取り付けました。又、鉄筋で間口1m四方・奥行き2mの箱罠を設置して、エサに米ぬか・サツマイモをまいておきましたが、3年ぐらいはエサだけ食べてまったく効果がありませんでした。
イノシシはオリをよけて侵入し、相変わらず作物を食い荒らしミミズをあさって、田畑をガチャガチャに耕していました。

なごみ農園(手前家作り進行中)
なごみ農園(手前家作り進行中)
鉄筋の箱罠
鉄筋の箱罠

次に、網ネットを張りめぐらした結果、1年ぐらいは効果があったそうです。
2006年12月初旬に、初めて箱罠で2頭のイノシシを捕獲しました。
1頭40kgぐらいはあったといいます。あわてて市役所か、地元の猟友会に連絡をした記憶があるそうです。
自分の土地に入ってきたイノシシを捕獲するのは、何ら問題はないと思っていましたが、罠を設置するには狩猟免許が必要だという事を初めて知ったそうです。
地元の猟友会の会員から名義を借りる事を勧められて渋々承諾しました。
捕獲した獲物は半々の約束で・・・。

その場で1頭ずつ分けて解体しました。イノシシの肉を食べたのは初めてですが、いかにきれいに血抜きをするかによって、味が大きく変わるそうです。この時は肉の熟成度が良く分からない事もあって、特に「旨い」とは思いませんでした。そしてその後はパタッと捕れなくなりました。

今年の春、イノシシの子供(ウリボウ)を5〜6頭見かけました。西田さんは「これは〜・・・今年は来るな?」そんないやな予感がしたと言います。
案のじょう、秋になりサツマイモ、里芋、稲をも食い荒らすようになり、このままでは殆んど食い尽くされてしまう・・・そんな危機感から、とうとう堪忍袋の緒が切れた西田さんは、あえて家作りを中断して、シシ族の侵入を永久に防ぐべく「万里の長城」を築く事にしました。

イノシシに食い荒らされたサツマイモ
イノシシに食い荒らされたサツマイモ
イノシシに食い荒らされた稲
イノシシに食い荒らされた稲

畑ののり面に草よけのゴムシート(幅1m)を敷き詰めて、支柱に12oの鉄筋を打ち込み、格子状の土間筋(幅1m・高さ2m)の上部を45度に傾斜をつけて支柱に針金で固定しました。
延長100m余りの鉄柵を1週間で作り上げたそうです。たった一人で・・・。
おかげで作戦は見事成功!その後一歩も侵入していないそうです。
鉄柵の上部を45度に傾斜させるというのは、奥さんが偶然テレビの番組で見て提案したとのこと。
イノシシは、障害物があると飛び越えられるかどうか目測する習性があり、上部を傾斜させることによって、より高く感じられて退散するそうです。
西田さんはイノシシの足跡を見て、何時頃来たか分かるようになったと話していました。

100mに及ぶ鉄柵(万里の長城)
100mに及ぶ鉄柵(万里の長城)
傾斜45度の鉄柵の上部
傾斜45度の鉄柵の上部

今年10月に20sぐらいのイノシシの子供が4頭、箱罠にかかっていました。西田さんいわく、春に見かけたウリボウではないかと・・・。
すぐ猟友会の会員に連絡して2頭ずつ分けて解体したそうです。
私もヒレ肉を頂いて、焼肉にして食べてみました。豚肉より歯ごたえがあり、味も濃いように思いました。
「万里の長城」が紅葉に彩を添えて、なごみ農園にあらたな風情をかもし出し、ここを訪れる仲間達から感嘆の声があがりました。

 

前へ
このページの先頭へ
次へ

 

| ホーム | 農 業 | 介 護 | 趣 味 | 手 記 | 日 記 | サイトマップ | メール |
Copylight© 2004 miyotyan-tushin All rights reserved.