みよちゃん通信 人に。。自然に。。やさしい気持ち。。千葉からあなたへ
ホーム 農業 介護 趣味 手記 日記
 
 ホーム > 介護 > 料理講習会 高齢者向けバランスの取れた食事
 
義母を看取って
ある訪問介護
介護保険のしくみ
老人ケアセンター見学 
様々な在宅サービス
介護ヘルパー資格
オアシスいちごがり
利用者さんと一緒に楽しい遠足
高齢者向け料理教室
2006オアシス文化祭
「福岡地区福祉ネット」1周年を迎えて
簡単な介助の仕方
介護保険の上手な利用法
いとちゃんばぁばの「リハビリ体験記-1」
いとちゃんばぁばの「リハビリ体験記-2」
認知症予防の健康麻雀
皆と歩んだふれあい
料理講習高齢者向けバランスの取れた食事
家庭で出来る簡単介助
利用者さんの夢を乗せてバスツアー
レッツ!老人介護
男子厨房に入る
在宅で出来る「洗髪・足洗い」
男子厨房に入る-2
男子厨房に入る-(3)
 

メール

 
料理講習会高齢者向けバランスの取れた食事

東金市在住  みよちゃんレポート
2008年7月1日

6月8日(日)今年も、鰍モれあいサービスセンターさんの企画で、介護ヘルパーさんを対象にした「高齢者向け料理講習会」が行われました。
場所は大網白里町中部コミュニティセンター。
講師は昨年と同じT先生(大網白里町在住 栄養士)です。
どこの家庭の冷蔵庫にもあるごく普通の食材を使って、短時間に、しかもバランスの取れた料理を6品目と、お米から炊く3種類のおかゆの作り方を教わりました。

先生からレシピの説明を受けて、ヘルパーさん達は3〜4人ずつのグループに分かれて手慣れた手つきで野菜を刻み始めました。サクサクサク、トントントン・・・リズミカルな包丁の音が部屋に響きます。
先生も各テーブルをまわって、野菜の刻み方、火加減、調味料の合せ方、お年寄りに食べやすい野菜の刻み方、味付けなど、きめ細かな指導をされておりました。

野菜のきざみ
野菜のきざみ
白身魚のホイル焼き準備中
白身魚のホイル焼き準備中

おかゆは時間がかかるので、ヘルパーさん達は現場ではご飯から作っておられるそうですが「お米から炊く本来のおかゆの美味しさを味わってほしい」と先生が言われて、火加減を良く見て下さいました。
コツは炊いている途中でけっしてかき混ぜない事だそうです。
2時間あまりで料理が出来上がり、おかゆも美味しく炊けて、皆さんが腕を振るった料理がテーブルに並びました。
私も皆さんと一緒にご馳走になりました。

6品目の食材
6品目の食材
6品目の完成料理
6品目の完成料理

どの料理も、すぐ作ってみたいものばかりで美味しかったです。
中でも3種類のおかゆが美味しくて皆さんで全種類を味わいました。
5倍がゆは、ねっとりしている。
7倍がゆは、とろっとしているものの口の中にご飯が残る。
10倍がゆは、とろりとして舌の上でご飯が溶けてなくなる。
3種類とも、お米の美味しさと艶がが引き立っていました。

左から10倍がゆ・7倍がゆ・5倍がゆ
左から10倍がゆ・7倍がゆ・5倍がゆ

食事の後、皆さんから沢山の感想がのべられました。
●白身魚のホイル焼きの味噌味が良い。味噌とマヨネーズが良く合う。
●素材の使い方が色々ある。材料の切り方が大事。
●調味料をきちんと量ると味が調う。
●おかゆが母親の味がする。
●じゃがいもが美味しい。
●人参のそぼろ煮が美味しい。輪切りが良かった。
●火の通った野菜がお年よりは好き。応用して作ってあげたい。
●えのきだけはお年よりは好かない。
●おかゆは米から作ると美味しい。利用者さんに食べさせてあげたい。
●小松菜にごま油が合う。
●溶き卵を入れる時、穴のあいたおたまを使うときれいに卵が広がる。
●全部の献立が良かった。ちょっとした工夫を感じた。

◆レシピをご紹介します。参考にしてみては如何でしょうか。

1.白身魚のホイル焼き
材料 4人分
白身魚(カレイなど)・・・4切れ
塩・こしょう・・・・・・・・・・・・・各少々
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・大1個
生しいたけ・・・・・・・・・・・8個
ピーマン・・・・・・・・・・・・・2個
マヨネーズ・・・・・・・・・・・1/2カップ
赤味噌・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

@魚に軽く塩とこしょうを振って下味をつける。
A玉ねぎは薄切り、しいたけは石づきを取って半分に切る。ピーマンは4つ割にして種を取る。
Bマヨネーズと味噌をよく混ぜる。
Cアルミ箔に玉ねぎを敷いて魚を乗せ、Bを薄く塗る。その上にしいたけとピーマンを重ね、残りのBをかけてアルミ箔を少し浮かしぎみに合せて包む。
同様にして1人前ずつ4個作る。
Dオーブントースターで10分焼き、アルミ箔の上部に切れ目を入れて切り開き、更に2〜3分焼いて焦げ目をつける。

2.じゃがいもの煮ころがし

材料 4人分
じゃがいも・・・・・3個
だし・・・・・・・・・・1.5カップ
しょうゆ・・・・・・・大さじ1.5
みりん・・・・・・・・大さじ1.5
さやえんどう・・・5〜6枚

@じゃがいもは一口大に切って水にさらし、だしと調味料を加えて煮る。汁気が無くなってきたら強火にして煮転がして汁をからめる。
A茹でてきざんださやえんどうを散らす。

3.いり豆腐
材料 4人分
絹豆腐・・・・・・1丁
にんじん・・・・・1/3本
干ししいたけ・・・4個
さやいんげん・・・50g

  {しょうゆ・・・小さじ2}
A {砂糖・・・・・小さじ1}
  {塩・・・・・・・ひとつまみ}

サラダ油、だし
@絹豆腐は電子レンジで1分加熱後、布巾に包んで重しをして30分ぐらいおき、水切りする。人参は短冊切り(2p)に。干ししいたけももどして軸を取り千切り。
インゲンは斜めに切る。
Aフライパンにサラダ油大さじ1を熱し、人参、しいたけ、いんげんの順に加え炒める。油が全体に回ったら豆腐を手で割り入れながら加え、ほぐすようにして炒める。
Bだし1/2カップを加え煮立てて、Aを入れ、7〜8分煮汁がなくなるまで煮る。

4.にんじんのそぼろ煮
材料 4人分
にんじん・・・・・・・・・1.5本
牛赤身ひき肉・・・・・100g
サラダ油・・・・・・・・・大さじ1

  {だし・・・・・・1カップ}
C {しょう油・・・大さじ1.5}
  {砂糖・・・・・大さじ1.5}
  {酢・・・・・・・大さじ1}
@にんじんは薄い輪切りにする。
A鍋に油を熱してひき肉を炒め、色が変わったらにんじんを加えて炒め合せる。にんじんにつやが出てきたらCを加え、にんじんが軟らかくなるまで煮る。

5.小松菜のじゃこ炒め
材料 4人分
小松菜・・・・・・・・・・・・300g
ねぎ・・・・・・・・・・・・・・1本
ちりめんじゃこ・・・・・・20g
白すりごま・・・・・・・・・大さじ3
ごま油・塩・こしょう・・・少々
@小松菜は根本を切り落し、5pの長さに切る。ねぎは3pの長さに切って太めの千切りにする。
Aフライパンにごま油大さじ1.5を熱し、じゃこを加えて中火でかりかりになるまで炒め、ねぎを加えて更に1分炒める。
B次に小松菜の茎の部分を加えて炒め、色鮮やかになったら、葉の部分も加える。すりごま、塩小さじ1/2、こしょう少々で調味し、葉がしんなりするまで炒める。

6.かき玉スープ
材料 6人分
えのき・・・・・・・・1袋
にら・・・・・・・・・・120g
しらす・・・・・・・・15g
水・・・・・・・・・・・・4.5カップ
固形スープ・・・・1個半
塩・・・・・・・・・・・・少々
こしょう・・・・・・・・少々
卵・・・・・・・・・・・・3個
@えのきは石づきをとり、半分に切って洗う。
にらは3pに切る。
Aしらすは熱湯をかけておく。
Bスープの素を水に溶かし、煮立ったら@を加えて一煮し、塩、こしょうで味を調える。
C最後に強火にし、溶き卵を細く流し入れ、半熟状になったら火を止めて椀に盛る。

◆おかゆの作り方
★お米から炊くおかゆ
@米を洗って鍋に入れ、それぞれの分量の水を入れ30分おきます。
A鍋にふたをして強火にかけ、沸騰させます。
B鍋から泡が出てきたら、ごく弱火にします。
C水気が無くなるまで30〜40分炊きます。
D火を止めてそのまま10〜15分蒸らします。
★ご飯から作るおかゆ(米から炊く時の半分の水で炊きます)
@鍋に分量のご飯と水またはお湯を入れます。
A鍋にふたをして強火にかけ、沸騰させます。
B沸騰したら弱火で10〜20分煮ます。
※10倍がゆ・・・米1に対し水10の割合で1時間ほどかけて鍋で炊きます。
※7倍がゆ・・・・米1に対し水7の割合で1時間ほどかけて鍋で炊きます。
※5倍がゆ・・・・米1に対し水5の割合で1時間ほどかけて鍋で炊きます。

 

前へ
このページの先頭へ
次へ

 

| ホーム | 農 業 | 介 護 | 趣 味 | 手 記 | 日 記 | サイトマップ | メール |
Copylight© 2004 miyotyan-tushin All rights reserved.