みよちゃん通信 人に。。自然に。。やさしい気持ち。。千葉からあなたへ
ホーム 農業 介護 趣味 手記 日記
 
 ホーム > 介護 > みんなと歩んだふれあい
 
義母を看取って
ある訪問介護
介護保険のしくみ
老人ケアセンター見学 
様々な在宅サービス
介護ヘルパー資格
オアシスいちごがり
利用者さんと一緒に楽しい遠足
高齢者向け料理教室
2006オアシス文化祭
「福岡地区福祉ネット」1周年を迎えて
簡単な介助の仕方
利用者さんと遠足
介護保険の上手な利用法
いとちゃんばぁばの「リハビリ体験記-1」
いとちゃんばぁばの「リハビリ体験記-2」
認知症予防の健康麻雀
皆と歩んだふれあい
料理講習高齢者向けバランスの取れた食事
家庭で出来る簡単介助
利用者さんの夢を乗せてバスツアー
レッツ!老人介護
男子厨房に入る
在宅で出来る「洗髪・足洗い」
男子厨房に入る-2
男子厨房に入る-(3)
 

メール

 
みんなと歩んだふれあい

大網白里町在住 千葉県訪問介護事業者 鰍モれあいサービスセンター代表 佐藤 廣子
2008年5月1日

佐藤廣子代表私の根底にあるのは、昭和61年4月、日生協主催で全国の代表が集まり、沖縄県の戦跡巡りツアーに参加した時の体験です。
大勢の参加者の中から選ばれて「平和への誓い」という声明文を、風も通らないガラビの壕で懐中電灯の灯りを頼りに朗読した時、参加者の中からすすり泣きの声が聞こえてきました。

一日中方々の戦跡を見学する中で、戦争の悲惨さを目の当たりにして、箸が持っていられないほど手が震えて涙が止まりませんでした。
今の私達の幸せな暮らしは、こうした多くの方々の犠牲の上に成り立っているという事。
そして、戦後の日本の復興を支えてくれた方々が高齢になっている現実。
日々の生活の中で、一人で病院通いや買い物をしたり、家庭内での掃除、洗濯、炊事などに困っておられるのではないだろうか?・・・。
もし不自由や困難を抱えておられるならば、ご本人から正当な報酬を頂いて、健やかに安心して暮らせるよう、心を込めてお手伝いをすることが私に出来る仕事ではないだろうか、と思いました。

参加した4人で昭和61年6月に「大網ふれあいサービスセンター」を設立しました。皆それぞれ仕事を持っているので、事業は思うように行きませんでしたが、私が口火を切ったこともあって、1人で事業を続けることになりました。最初の年は利用者が4名でした。
関係機関の皆さんからお力添えをいただきました。

事業に必要な資格を取得し、会社経営と2級ヘルパー養成講座などを行うようになりました。平成12年4月より、介護保険の千葉県指定事業者となり、2級ヘルパーの研修事業も開始し、平成14年6月に木更津営業所を設立し、現在に至っております。

私のモットーは「住みなれた我が家で、健やかに安心して暮らしていただきたい。また、ヘルパーが働きやすい職場であること」
私の会社のメリットは、自宅が職場なので、夜中でも利用者さんから電話があれば、すぐ飛んで行ってご家族に連絡したり救急車の手配をしたりと、利用者さんが安心できるようにお手伝いが出来ることです。

ヘルパーの指導も、ひとりひとりの長所を見つけて、そこを伸ばして働いてもらう事で「利用者さんが中心」という、こちらの姿勢が良く理解してもらえて、利用者さんとも良い関係が生れています。
卒業したばかりのヘルパーは先が見えない不安があるので、先輩のヘルパーも一緒に、時々交流会を開き、体験談や歓談の中で新米ヘルパーも自信が出てきて「きちんとした目標を持ったヘルパー」に徐々に成長して行きます。

教室では20歳〜60歳ぐらいまでの生徒を教えるので、私自身も生徒から学ぶ事が多く、とても楽しいです。
入校した時と卒業した時の生徒の顔が全く違って、輝いています。
中には卒業を延ばしてほしいという生徒もおり、大笑いしています。
手話・視覚障害者・福祉車両の使い方・認知症体験グッツを購入して高齢者疑似体験など、様々な講習会も行ってヘルパーの技術向上に努めております。

20周年のパーティを開いた時は、大勢の来賓の方々と卒業生とヘルパーが来てくれました。来賓の方々のお祝いの言葉や、卒業生、ヘルパーからお祝いを受けて、生徒達の成長ぶりに感動しました。
その時「先生が倒れたら、卒業生が毎日一人ずつ世話をするから心配ないですよ」と言われて、本当に嬉しかったです。

また、地域還元の一旦として、ボランティアで地域の小学校やイベントに出向いて介護の講習会を行っています。
子供たちが少しでもお年寄りを理解してもらえれば良い・・・そう思いながら、少子高齢化の中、一人でも多くの人に福祉の道に進んでもらえたら、という思いで参加させていただいています。

数年前より、台湾にも出かけて研修や講演を行っています。私の持っている知識、技術を伝える事で、介護と倫理観に基づいたケアが行われる事で、ヘルパーのレベルアップにつながれば、と思っております。
国は違っても、"心あるケア"は同じだと考えております。

現在、私の教室を卒業した生徒が、千葉県全域で活躍しております。
大網白里町柳橋から始まった一つの点が、大きい円になってつながったことが、私の支えになり大きな励みになっています。
平成19年10月に、有限会社から株式会社に変更し、鰍モれあいサービスセンターとして気持ちも新たに、大勢のヘルパー、職員と一緒に、利用者さんに寄りそって生きて行きたいと思っております。
これからもご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

     千葉県訪問介護事業者
     鰍モれあいサービスセンター
     本 社
     〒299-3263
     千葉県山武郡大網白里町柳橋736-13
      TEL 0475-72-5022(代) FAX 0475-73-6540
     木更津営業所
     〒292-0057
     千葉県木更津市東中央1-1-13 マコーラ第一ビル8F
      TEL 0438-20-6888  FAX 0438-20-6887

 

前へ
このページの先頭へ
次へ

 

| ホーム | 農 業 | 介 護 | 趣 味 | 手 記 | 日 記 | サイトマップ | メール |
Copylight© 2004 miyotyan-tushin All rights reserved.