図書館・参考文献一覧(順不同)
HP作成日以来に私が読んだ医療に関する本、ならびにHP作成上の参考文献一覧です。
個人的な判断(学生にとって使える本か)で、内容の難しさ・おすすめ度(3段階)を設定してみました。
「まえいき」トップページ> 授業ノート> 図書館(参考文献)
-リハビリテーション・理学療法基礎-
■『理学療法概論』(第5版)
編 奈良勲
発行 医歯薬出版株式会社

対象:学生
むずかしさ★★
おすすめ度★

 理学療法の専門知識の概論的内容。制度や法律関係が多いですが、内容はまずまず。あとは幅広い内容を教える講師の力量が問われます(笑)。
 目次や索引が充実してくれれば、少しは使いやすくなるはずなんですが……。
■『介護福祉士選書 リハビリテーション概論』
編著 竹内孝仁
発行 株式会社建帛社

対象:学生〜理学療法士、介護福祉士
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 介護福祉士の本ですが、各障害に対するリハビリや事例研究がためになります。欄外の用語解説も簡潔明瞭です。これは「リハビリ」とは何かを知る上でおすすめです。1年生の前期に読むといいと思います。
■『標準理学療法学 専門分野 運動療法学 総論』(第3版)
監修 奈良勲
編 吉尾雅春
発行 株式会社医学書院

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★

 前半が運動解剖生理学のまとめ、後半が各運動療法の紹介といった構成です。
 前半・後半に分かれていて中途半端な感じがしますが、幅広く勉強したい場合や、復習も兼ねたい場合には便利な一冊です。意外に使える本です。
■『運動療法学 障害別アプローチの理論と実際』
編 市橋則明
発行 株式会社文光堂

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 運動療法に関する基礎的事項から障害別の訓練方法までを網羅している本です。データも豊富なのでやや難しめですが、表や図も使われているので見やすいです。
■『筋力』
編 奈良勲、岡西哲夫
発行 医歯薬出版株式会社

対象:学生〜理学療法士
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 筋の解剖・生理・運動・病理・評価・治療……すべてを取り扱っている本です(ただし、起始・停止の記述はないので別の本を参照してください)。これ1冊あれば、筋に関しては十分だと思います。
 授業ではもちろん、レポートや実習のおともに是非!!
■『ICF 国際生活機能分類 −国際障害分類改定版−』
編 障害者福祉研究会
発行 中央法規出版株式会社

対象:学生〜理学療法士・医師
入手時期:2年前期
むずかしさ★★★
おすすめ度★

 正直なところ、使い方(見かた)がよくわかりません。ICFを理解するには必要なのでしょうが、この本単体では分類方法はわかっても、活用法が見出せませんでした。
■『ICFの理解と活用』
編 上田敏
発行 きょうされん

対象:学生〜医療・福祉従事者
入手時期:資格取得後
むずかしさ★
おすすめ度★★

 ICFによる「人間」のとらえかた、ICIDHからICFに移り変わるまでの歴史的背景とその内容がわかりやすく書かれています。この本を読んでからであれば、左で紹介した本も活用できると思います。

-理学療法評価-
■『理学療法評価学』(第4版)
著 松澤正
発行 金原出版株式会社

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 基本的な評価について網羅されているので、1冊あると便利です。MMTの詳細や各論的内容(リウマチのステインブロッカー、骨折のGarden分類など)はあまり載っていないので他の本が必要です。
 1色刷りで、行を詰めて書いてあるので、文字や項目、段落の区切れが読みづらいです。カラーのサインペンやマーカーで、カラフルにいろどってあげましょう(笑)。
 ※現在の版ではカラーになっています。
■『新・徒手筋力検査法 原著第9版』
著 Helen J.Hislop, Jacqueline Montgomery
訳 津山直一
発行 株式会社共同医書出版社

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★+α(翻訳)
おすすめ度★★

 MMTの標準的なテキスト。筋肉の絵が載っているので、筋の起始停止・作用・神経支配などを覚えるのには便利な本です(大きいので持ち運びは大変ですが)。
 肝心のMMTの部分は、とにかく直訳的な表現が多く、日本語として全然通じません……もう8版なのに。もっといい訳はできないものなんでしょうか?
 この本は版ごとに評価法(検査法)が変わるようで、教員やバイザーが勉強した版に合わせるのに学生は苦労します(笑)。
■『ベッドサイドの神経の診かた』(改訂17版)
著 田崎義昭、斎藤佳雄
改訂 坂井文彦
発行 株式会社南山堂

対象:学生〜理学療法士・医師
むずかしさ★★★
おすすめ度★★

 スタンダードな神経学の本です。
 絵や図表、色分けもあって本のデザインとしては見やすいのですが、医師用(診断用)の本なので、理学療法としては微妙な点もあります。でも、多くの理学療法士がこの本で勉強しているようなので、避けては通れません。解剖生理学を理解していないと難しく、英語も多いです。

-理学療法専門(整形外科系)-
■『ここがポイント! 整形外科疾患の理学療法(第2版)』
監修 冨士武史
著 河村廣幸ら
発行 金原出版株式会社

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 ポイントがありすぎて、「どこがポイントなんだよ!」と叫びたくなりますが、学生の視点から臨床をとらえている、有用な本です。
 実習でも、どんどん使える本です。この本を軸にして評価や治療を進めていくのもよいと思います。
■『骨関節系理学療法クイックリファレンス』(第2版)
編 岡西哲夫、岡田誠
発行 株式会社文光堂

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 障害や疾患別に、概念や評価・治療のポイントが書かれています。図や表もあって見やすく、文章もわかりやすくまとめられています。各疾患が5〜10ページ程なので、物足りなさは感じるものの、ほとんどの疾患を網羅しています。
■『実践PTノート 運動器傷害の理学療法 DVD付』(第2版)
編 小柳麿毅
発行 株式会社三輪書店

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 各関節ごとの評価法と治療法が載っています。絵・写真が大きく載っており、DVDもあるため、視覚的にわかりやすくなっています。メモ欄があり、ノート代わりにもなり、勉強の幅を広げていくのに使える本です。
■『多関節運動連鎖からみた変形性関節症の保存療法 刷新的理学療法』
編 井原秀俊ら
発行 全日本病院出版会

対象:理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★

 骨・関節疾患に対する、「多関節運動連鎖」の理論・考え方が書かれている本です。運動学を勉強していないと読み進めるのが難しいですが、保存療法を行う際には頭の片隅に入れておきたい内容です。
■『理学療法のクリティカルパス 症例から学ぶグローバルスタンダード 上巻 上肢・脊椎』
著 David C.Saidoff,Andrew L.McDonough
監訳 赤坂清和、藤縄理
発行 エルゼビア・ジャパン株式会社

対象:理学療法士
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 上肢の症例を1つ1つ検討し、Q&A方式で解説を加えています(35の症例を紹介)。解剖・運動・病理学の観点から疾患を説明しており、臨床場面に即していて、実習や資格取得後に「使える」本だと思います。少々内容が難しめなのと、目次から内容がわかりづらいのが難点ですが……。
■『理学療法のクリティカルパス 症例から学ぶグローバルスタンダード 下巻 下肢』
著 David C.Saidoff,Andrew L.McDonough
監訳 赤坂清和、藤縄理
発行 エルゼビア・ジャパン株式会社

対象:理学療法士
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 上巻(左の本)に同じです。下肢の症例を27種類紹介して、検討を加えています。実習先のバイザーもうなる内容で、購入を決めたそうです。
 私が医学書のなかで、初めて発売日に買った本です。上巻を見て内容が気に入ってしまったので。少し難しめですが、後々使えるはずです。
■『リハビリテーションプロトコール 整形外科疾患へのアプローチ』
編著 S・ブレント・ブロウツマン
監訳 木村彰男
発行 株式会社メディカル・サイエンス・インターナショナル

対象:理学療法士
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★

 整形疾患における、リハビリテーションの基準が示されています。治療プログラムの立案に役立ちそうです。
 基準・原則は示されていますが、その根拠については示されておらず、この本に書かれていることが絶対ではないので、参考にする程度で。
■『整形外科術前・術後のマネジメント 第2版』
監修 松井宣夫、平澤泰介
編 伊藤達雄、大塚隆信、久保俊一
発行 株式会社医学書院

対象:理学療法士・医師
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★

 各疾患の手術方法が簡潔に記載されています。医師のための本ですが、「PT・OTへの指示」という項目があり、PT(OT)が何をすべきか、何を求められているのかがわかります。
 手術の適応・禁忌・リハビリテーションのポイントもあるので、術後のリスク管理を考える上でも役立ちます。
■『義肢装具学 [第4版]』
編 川村次郎
発行 株式会社医学書院

対象:学生〜理学療法士・義肢装具士
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 1冊で義肢と装具についてカバーしています。それだけに深い部分まで掘り下げてはいませんが、学生にとっては十分だと思います。
 文章やデザインも読みやすくまとまっています。
■『リハビリテーション医学全書18 切断と義肢 第4版』
著 澤村誠志
発行 医歯薬出版株式会社

対象:学生〜理学療法士・義肢装具士
むずかしさ★★★
おすすめ度★

 こちらの本は義肢に特化している(装具は載っていない)だけあって、より専門的です。切断時の手術法や、歩容について書かれているところがよいと思いました。

-理学療法専門(中枢系)-
■『目でみる脳卒中リハビリテーション』
著 上田敏
発行 財団法人東京大学出版会

対象:学生〜理学療法士
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 大判な本ですが、カラーのイラストや写真が豊富で見やすいです。内容は「広く浅く」ですが、脳卒中の勉強をする入門編としてはいい本だと思います。
■『脳卒中の早期リハビリテーション 第2版』
編 二木立、上田敏
発行 株式会社医学書院

対象:学生〜理学療法士・医師
入手時期:3年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★

 かなり古くからある本です。二木・上田両氏による対談形式で、脳卒中の早期リハの効果、予後予測、チーム医療などを記しています。実習のレポート作りなどでデータが役に立ちます。
■『動画で学ぶ 脳卒中のリハビリテーション ハイブリッドCD-ROM付』
編 園田茂
発行 株式会社医学書院

対象:学生
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 脳卒中について幅広い内容を取り扱っている本です。「脳卒中の方を見たことがない」、「これから実習だけど実際に患者さんが見れるか心配」などという時に、CD−ROMの動画で見られるので便利です。
■『ステップス・トゥ・フォロー 改訂第2版』
著 P.M.デービス
監訳 冨田昌夫
訳 額谷一夫
発行 シュプリンガー・フェアラーク東京株式会社

対象:学生〜理学療法士
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 「脳卒中に対する考え方」を学ぶことができます。内容としては脳卒中における認知と学習、その他姿勢や動作など、全般的に触れられています。少し難しいですが、臨床実習に行く前に読んでおくと役に立つと思います。
■『ライト・イン・ザ・ミドル』
著 P.M.デービス
監訳 冨田昌夫
訳 額谷一夫
発行 シュプリンガー・フェアラーク東京株式会社

対象:学生〜理学療法士
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 左にあげた、『ステップス・トゥ・フォロー』の考えを用いて、さらに「体幹」に特化した内容となっています。
■『脳卒中最前線-急性期の診断からリハビリテーションまで-』(第4版)
編 福井圀彦、藤田勉、宮坂元麿
発行 医歯薬出版株式会社

対象:学生〜理学療法士・医師
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 Q&A…というか、テーマ別に脳卒中の特徴・診断・治療が記されています。脳卒中全般について書かれており、評価法や運動療法、予後予測にも触れられているため、これ1冊あれば実習でも頼りになります。医師向けのためか、やや難しめの内容です。
■『脳卒中・片麻痺理学療法マニュアル』
編 長澤弘
発行 株式会社文光堂

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 脳卒中の評価・治療のポイントが図・表を含めてまとめられています。学生時代にわかりづらかった筋緊張やバランス、高次脳機能などもとらえかたがわかりやすく書かれており、「学生のときにこの本があれば良かったのになぁ…」と思わされる1冊です。
■『理学療法MOOK 1 脳損傷の理学療法 第2版』
編 吉尾雅春
発行 株式会社三輪書店

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 急性期の脳卒中リハビリテーションについて、診断・病態生理からリスク管理、ベッドサイドから早期離床までの内容が書かれています。課題(Key Question)を最初に提示して、それに答えていく形で記述されているので、要点がわかりやすいです。
■『理学療法MOOK 2 脳損傷の理学療法2 第2版』
編 吉尾雅春
発行 株式会社三輪書店

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 回復期〜維持期の脳卒中リハビリテーションについて、評価から治療、在宅復帰までの内容が書かれています。課題(Key Question)を最初に提示して、それに答えていく形で記述されているので、要点がわかりやすいです。
■『脳卒中の運動療法 エビデンスに基づく機能回復トレーニング』
著 Janet Carr、Roberta Shepherd
訳 潮見泰蔵、齋藤昭彦
発行 株式会社医学書院

対象:学生〜理学療法士
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★
■『右半球損傷』
著 Penelope S. Myers
監訳 宮森孝史
発行 株式会社協同医書出版社

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 概念が難しくてとらえづらい高次脳機能障害(右半球症状)を深く掘り下げた1冊です。先行研究の紹介やわかりやすい具体例はもちろん、さまざまな評価法や治療法も載っており、右半球症状への理解を深めるのに最適の本です。
 そもそもの概念自体が難しいので、頭の中で1つ1つ整理して考えながら読み進めないといけません……。

-その他・理学療法専門-
■『図解 理学療法技術ガイド 第3版』
編 石川齊、武富由雄
発行 株式会社文光堂

対象:学生〜理学療法士
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 理学療法士としての心構え・マナーから、評価、治療まで各項目ごとに詳しく書かれた本です。1100ページを超える情報量は、調べ物をするときにとても役に立ちます。辞書代わりに使うのもいいと思います。
■『アドバンス版 図解理学療法技術ガイド』
編 細田多穂、中山彰一
発行 株式会社文光堂

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★

 各技法の入門編といった感じで、治療アプローチごとにまとまっていて、構成としては読みやすいです。写真もあるので形をまねるだけなら簡単ですが、本当に理解して実践するのは経験を積まないと至難です。
 実習で実践するには高度すぎるので、調べものをするときや資格をとってからにしたほうが吉です。
■『理学療法士イエロー・ノート 専門編』(第2版)
編 柳澤健
発行 株式会社メジカルビュー社

対象:学生
入手時期:2年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 理学療法についての情報が、これ1冊に網羅されています。ちょっとした確認に便利です。「広く浅く」的な内容なので他の本を持っていることが前提にはなりますが、サブテキストとして充分合格点です。
 重要なポイントだけを書いてあるので、「何を勉強したらいいのかわからない」という人にもおすすめです。
■『理学療法ハンドブック [改訂第4版]』(第1〜4巻)
編 細田多穂、柳澤健
発行 協同医書出版社

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★★
おすすめ度★★

 第1巻は評価、第2巻は治療、第3・4巻は疾患別各論になっています。とにかくすごいボリュームです。中身は役立つことばかり書かれているので、金銭面と読み通す忍耐力があれば(私はところどころ読んだだけですが……)。
 臨床ではもちろん、レポート作成にも使える本だと思います。
 予習のために読み通すのは根気がいるので、復習や疑問を解決するときに利用していくのがよいと思います。
■『標準理学療法学 専門分野 日常生活活動学・生活環境学』
監修 奈良勲
編 鶴見隆正
発行 株式会社医学書院

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 前半はADLの評価とADL指導、後半は生活環境の評価と住宅改修となっています。
 全体的に「さらっと」書いてあるような文章です。ADL動作も、生活環境も、患者様の個人差が大きい分野なので、「基本を押さえる」という点では良い本だと思います。時々見返すと、新たな発見をすることもある本です。
■『最新版 テクニカルエイド -福祉用具の選び方・使い方-』
編 作業療法ジャーナル編集委員会、松尾清美、窪田静
発行 株式会社三輪書店

対象:学生〜理学療法士・作業療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★

 タイトルにもあるとおり、選び方・使い方(利点や欠点)が書かれているので、福祉用具の導入を考えるときには参考になるのではないでしょうか。
 「作業療法士の分野だからあまり知らなくてもいい」というわけにはいきません。最低限、杖の部分は読んでおかれることをお勧めします。
 福祉用具のカタログではありません。
■『ID触診術』
編 鈴木重行
著 鈴木重行、平野幸伸、鈴木敏和

対象:学生〜理学療法士
入手時期:2年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 全身の主な筋(96箇所)の触診方法をカラー写真つきで載せています。起始・停止・神経支配・作用は他の本にも載っていますが、血管支配・筋連結という項目が書いてある本は初めて見ました。
 触診の入門編的な内容ですが、ある程度の解剖学の知識と触診技術は必要です。
 DVDの頸部・体幹・上肢編下肢編も発売されました。
■『IDストレッチング』
編 鈴木重行
著 鈴木重行、平野幸伸、鈴木敏和
発行 株式会社三輪書店

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 全身81箇所の筋の他動的なストレッチ方法がカラー写真付きで載っています。ホームエクササイズ・自主トレなどで自動的なストレッチを行う場合には、『アクティブIDストレッチング』という本があります。
 本の前半にはストレッチと痛み、評価についての考え方が載っています。
■『運動療法のための機能解剖学的触診技術 上肢』
監修 青木隆明
著者 株式会社メジカルビュー社

対象:学生〜理学療法士
入手時期:3年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 筋やランドマークに対して、触診法だけでなく、解剖学・運動学の視点からも特徴が書かれています。触診しながら身体のことについて知ることができる本です。触診法は写真入りで載っています。
■『運動療法のための機能解剖学的触診技術 下肢・体幹』
監修 青木隆明
著者 株式会社メジカルビュー社

対象:学生〜理学療法士
入手時期:3年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 筋やランドマークに対して、触診法だけでなく、解剖学・運動学の視点からも特徴が書かれています。触診しながら身体のことについて知ることができる本です。触診法は写真入りで載っています。
■『標準理学療法学 専門分野 臨床動作分析』
監修 奈良勲
編 高橋正明
発行 株式会社医学書院

対象:学生〜理学療法士
入手時期:3年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 正常な起居動作・歩行と、各疾患の起居動作・歩行が写真入りで書かれており、一般的な動作パターンを見るのに便利です。実習のときなど、動作分析を細かく記述しなくてはいけないときなどに大いに参考になります。
■『標準理学療法学 専門分野 物理療法学』
監修 奈良勲
編 網本和
発行 株式会社医学書院

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★+α(物理)
おすすめ度★

 物理療法の内容を網羅しています。作用、適応と禁忌、治療の手順なども書かれており、これ1冊あれば十分だと思います(深い部分までは記載されていませんが)。ただ、物理が苦手な人には難解です。
■『ポケット版 PT臨床ハンドブック』
編 亀田メディカルセンターリハビリテーション事業管理部
発行 株式会社三輪書店

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 病態・障害像をつかみ、評価により疾患を判別し、適切な治療を行っていく……という理学療法の流れに沿ったポイントが書いてあります。この本が1冊あると、臨床で便利です。ポケットサイズなので、持ち運びもしやすいです。
■『理学療法リスク管理マニュアル[第3版]』
編 聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーション部理学療法科
発行 株式会社三輪書店

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★★
おすすめ度★★

 各疾患ごとの注意点と、理学療法施行時のリスク管理について記されています。様々な文献からひいてきた豊富なデータをまとめあげているので、1冊あると安心できます。疾患単独ではなくて、多臓器・他疾患との関連も述べられており、多角的な見方ができるのもポイントです。
■『動画でわかる呼吸リハビリテーション』(第3版)
編 高橋仁美ら
発行 株式会社中山書店

対象:学生〜理学療法士・他職種
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 カラーで写真も豊富なので見やすいです。治療だけでなく、解剖・生理や疾患についてや、運動療法以外の治療法(栄養療法・酸素療法・薬物療法など)やADL指導にも触れられています。動画のDVDもついてます。呼吸リハビリテーションをどうやって勉強するか迷ったなら、この本をどうぞ。
■『系統別・治療手技の展開 改訂第2版』
編 奈良勲ら
発行 協同医書出版社

対象:理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★

 感覚器系、結合組織、リンパ系、筋系、神経系、関節系と、それぞれの系統別に治療手技を掲載しています。
 いわゆる「特殊手技」になので学生向けではないと思いますが、実習先が特殊手技を熱心に取り組んでいる場合には参考書としてよいかもしれません。
■『コアコンディショニングとコアセラピー』
監 平沼憲治、岩崎由純
編 蒲田和芳、渡辺なおみ
発行 株式会社講談社サイエンティフィク

対象:理学療法士・他職種
入手時期:資格取得後
むずかしさ★
おすすめ度★

 いわゆる「コア」については科学性の薄いスポーツ関連の本も多数出版されていますが、この本は概念・定義・理論に不十分ながらも触れています。また、医療行為として行う「コアセラピー」も掲載しています。興味深い内容ですが、学生向けではないので星1つで。
■『リハビリテーション効果を最大限に引き出すコツ』
編 山ア裕司、山本淳一
発行 株式会社三輪書店

対象:学生〜理学療法士
入手時期:資格取得後
むずかしさ★
おすすめ度★

 運動療法・ADL訓練において、どれだけ患者のやる気を引き出させるかという、心理的なテクニックが書かれています。
 後半に筋力や可動域の基準値(例えば「この位筋力があれば歩行が自立できる」など)がまとめられているのが結構参考になります。
■『知ってるつもりのリハビリテーションの常識非常識』
編 安保雅博、橋本圭司
発行 株式会社三輪書店

対象:学生〜理学療法士・他職種
入手時期:資格取得後
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 疾患別・障害別の常識・非常識はもちろん、連携・教育や関連領域、地域支援の範囲もカバーしています。「常識・非常識」なので、もちろん自分が知っている内容もあるかと思いますが、知らなかった内容や誤解していたことなど、新たな発見ができる1冊です。