図書館・参考文献一覧(順不同)
HP作成日以来に私が読んだ医療に関する本、ならびにHP作成上の参考文献一覧です。
個人的な判断(学生にとって使える本か)で、内容の難しさ・おすすめ度(3段階)を設定してみました。
「まえいき」トップページ> 授業ノート> 図書館(参考文献)
-解剖・運動・生理学-
■『カラー人体解剖学 構造と機能:ミクロからマクロまで』
著 F.H.マティーニら
監訳 井上貴央
発行 西村書店

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★

 値段の割りに写真がふんだんで、解説も充実しています。海外の医学書を翻訳したものなので、誤訳が多いのが難点です。
■『標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 解剖学』(第3版)
監修 奈良勲、鎌倉矩子
編 野村嶬
発行 医学書院

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 写真よりも、絵をふんだんに取り入れた本。ある意味、写真よりもシンプルでわかりやすいです。運動学的内容や触診のページを設けるなど、理学療法に関連した事項を載せています。最初に持つ解剖学の教科書(もしくは参考書)に最適。
■『基礎運動学』
著 中村隆一ら
発行 医歯薬出版株式会社

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★★
おすすめ度★★

 「この本から国試に出題される」という噂が絶えませんが、真相は不明です。重要なことがたくさん書かれているんだそうですが、内容は少し難しいです。この本をきちんと読むためには解剖学・生理学なんかを勉強しておく必要があります。
■『筋骨格系のキネシオロジー』(第2版)
原著 Donald A. Neumann
監訳 嶋田智明、平田総一郎
発行 医歯薬出版株式会社

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★★
おすすめ度★★

 アメリカで使われているテキストの翻訳版です。内容はかなり難しい(国家試験の出題範囲を超えています)ですが、詳しいです。実習や臨床での調べ物や学習にはよい本です。
■『生理学』
著 真島英信
発行 株式会社文光堂

対象:学生〜理学療法士・医師
むずかしさ★★★
おすすめ度★

 40年以上続く、医学書のベストセラーだそうです。内容はレベルが非常に高いです。実習のレポートなどで使用すれば説得力が増します。入門用に読むのは他の本のほうがよいかと(でも、うちの学校では指定教科書……)。深く掘り下げたい人に。
■『絵でみる脳と神経 しくみと障害のメカニズム(第3版)』
著 馬場元毅
発行 株式会社医学書院

対象:学生
入手時期:2年前期
むずかしさ★
おすすめ度★★★

 解剖生理+障害+リハビリ内容といった構成。解剖生理学を学ぶのにおすすめです。絵(著者の手書きですが)が豊富で、文章も読みやすく、やわらかい文章で書かれています。
 末梢神経についてはほとんど触れていません。あくまでも、脳中心の内容です。
■『理学療法士・作業療法士ブルー・ノート 基礎編』(第2版)
編 柳澤健
発行 株式会社メジカルビュー社

対象:学生
入手時期:2年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★

 国家試験の共通問題の科目(解剖・生理・運動・病理・整形外科・内科・神経内科など)のポイントが、イラスト入りでわかりやすくまとめられています。
 まとまってはいますが、詳しい説明(解説)がされているわけではないので、参考書として使うことをお勧めします。
■『図解 関節・運動器の機能解剖 上肢・脊柱編』
著 J.Castaing、J.J.Santini
訳 井原秀俊
発行 協同医書出版社

対象:学生〜理学療法士
入手時期:3年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 古い本ではありますが、『カパンディの関節生理学』より簡単に、関節の機能解剖について書かれています。実習の指導者に勧められて買った本です。
■『図解 関節・運動器の機能解剖 下肢編』
著 J.Castaing
訳 井原秀俊
発行 協同医書出版社

対象:学生〜理学療法士
入手時期:3年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 上肢・脊柱編と同じく、『カパンディの関節生理学』より簡単に、関節の機能解剖について書かれています。実習の指導者に勧められて買った本です。

-基礎医学-
■『シンプル病理学』(改訂第3版)
編 綿貫勤ら
発行 株式会社南江堂

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★

 「全然シンプルじゃねぇよ!」という突っ込みが入りそう。名前に反して専門的な内容です。解剖学・生理学をある程度勉強すれば、すんなり読めます。
■『シンプル衛生公衆衛生学』
編 鈴木庄亮、久道茂
発行 株式会社南江堂

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★+α(統計)
おすすめ度★

 統計や法制度などが多いので、本当に中身を理解しようとするのなら、統計法や表の見方がわからないと難しいです。ですが、医学概論・病理学の本としてだけでも読む価値はあります。
■『臨床心理学入門 -理解と関わりを深める-』
編 氏原寛、杉原保史
発行 株式会社培風館

対象:学生〜理学療法士・臨床心理士
むずかしさ★
おすすめ度★★

 教科書らしくなく、読み物として結構面白い本です。私は心理の専門家ではありませんが、心理学の入門書として最適ではないかと思います。
 理学療法にもこういう入門書があればいいのに……。

-臨床医学-
■『標準整形外科学』(第11版)
監修 石井清一、平澤泰介
編集 鳥巣岳彦ら
発行 株式会社医学書院

対象:学生〜理学療法士・医師
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 スタンダードな整形外科学の本です。
解剖・生理・病理学から疾患・障害までカバーしており、カラー写真や絵も多く、構成もわかりやすくできています。付録も役立ちます。
 「何を勉強したら良いかわからない」という新入生は、「リハビリテーション」の項を読んでみると、リハビリや評価・治療のことが見えてくるかもしれません。
■『標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 精神医学』(第3版)
監修 奈良勲・鎌倉矩子
編 上野武治
発行 医学書院

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★
おすすめ度★

 精神医学を広く浅く取り扱った本です。
 整形外科とは違って、どうも疾患の臨床像が見えにくい分野ですが、この本は比較的平易な文章で書かれているのではないでしょうか。PTにとっては臨床より国試対策向け。
■『標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 小児科学』(第4版)
監修 奈良勲・鎌倉矩子
編 冨田豊
発行 医学書院

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★

 私の場合は、授業時間の都合上、ダウン症や筋ジストロフィー、先天性股関節脱臼などしか習っていません。
 ですが、勉強に行き詰ったときに、人間発達学や小児科学の視点から見直してみるのも悪くないと思います。
■『よくわかる内科』
著 福山裕三、高杉佑一
発行 金原出版株式会社

対象:学生〜理学療法士
むずかしさ★★
おすすめ度★

 内科学で重要なポイントを、1疾患見開きで載せています。
 確かに重要なポイントは書いてあるのですが、生理学・病理学の知識がないと理解できません。例えば、「アルカリホスファターゼ」や「CRP」などが、前置きなしに、突然文中に出てきていたりします。簡単な用語解説はついていますが、他の本や辞書を引きつつ読みましょう。

-実習対策-
■『理学療法学生のための症例レポートの書き方』
監修 宮原英夫
発行 株式会社朝倉書店

対象:学生
入手時期:2年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★

 10ページ程度の症例レポート作成例と、それに対する解説(批評)が載っています。あくまでも作成例で、「理想形」ではないので注意です……。レポートの書き方、和英(英和にも対応)のミニ用語集もついています。
 私は1期生なので買いましたが、先輩のレポートを見せてもらえる環境にあれば、それが一番ではないかと……。
■『臨床実習フィールドガイド』
編 石川朗、内山靖、新田收
発行 株式会社南江堂

対象:学生〜理学療法士(指導者)
入手時期:2年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 臨床実習での思考過程を、疾患ごとに段階を追って解説しています。本に載っている疾患例以外にも応用できるような、考え方のポイントが書かれていて便利です。
 これで疾患ごとの評価項目が列挙されていたら完璧なのですが……。

-国家試験対策-
■『ひとりで学べる 理学・作業療法士国家試験・共通問題と詳解』
編 理学・作業療法学研究会
発行 株式会社廣川書店

入手時期:1年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 過去5年間の国家試験+予想問題。解説が詳しく載っていて、教科書や参考書をひっくり返して調べる手間は省けますが、厚さ・重さがあるのが難点です。
■『ひとりで学べる 理学療法士国家試験・問題と詳解』
編 理学療法学研究会
発行 株式会社廣川書店

入手時期:2年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 過去5年間の国家試験+予想問題。解説が詳しく載っていて、教科書や参考書をひっくり返して調べる手間は省けますが、厚さ・重さがあるのが難点です。
■『理学療法士・作業療法士国家試験 基礎医学必修ポイント』
編・発行 医歯薬出版株式会社

入手時期:2年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 過去11年間の国家試験より厳選した問題+自己評価テスト。カラーの絵や図・表による解説が充実しており、系統ごとにまとめて覚えることが出来ます。ポイントだけをまとめてあるので、問題集ではなくて、暗記用としても使える本です。
■『理学療法士・作業療法士国家試験 臨床科目必修ポイント』
編・発行 医歯薬出版株式会社

入手時期:2年前期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 過去11年間の国家試験より厳選した問題+自己評価テスト。カラーの絵や図・表による解説が充実しており、系統ごとにまとめて覚えることが出来ます。ポイントだけをまとめてあるので、問題集ではなくて、暗記用としても使える本です。
■『理学療法士・作業療法士国家試験 必修ポイント 理学療法基礎編』
編・発行 医歯薬出版株式会社

入手時期:3年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 過去11年間の国家試験より厳選した問題+自己評価テスト。カラーの絵や図・表による解説が充実しており、系統ごとにまとめて覚えることが出来ます。ポイントだけをまとめてあるので、問題集ではなくて、暗記用としても使える本です。
■『理学療法士・作業療法士国家試験 必修ポイント 理学療法疾患別編』
編・発行 医歯薬出版株式会社

入手時期:3年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★★

 過去11年間の国家試験より厳選した問題+自己評価テスト。カラーの絵や図・表による解説が充実しており、系統ごとにまとめて覚えることが出来ます。ポイントだけをまとめてあるので、問題集ではなくて、暗記用としても使える本です。
■『理学療法士・作業療法士グリーン・ノート 基礎編』
編 柳澤健
発行 株式会社メジカルビュー社

対象:学生
むずかしさ★★
おすすめ度★

 ブルー・ノートに対応した穴埋め式国家試験対策問題集です。
■『理学療法士グリーン・ノート 専門編』
編 柳澤健
発行 株式会社メジカルビュー社

対象:学生
むずかしさ★★
おすすめ度★

 イエロー・ノートに対応した穴埋め式国家試験対策問題集です。
■『国試の達人 PT・OTシリーズ 運動解剖生理学編』
■『国試の達人 PT・OTシリーズ 臨床医学編』
■『国試の達人 PT・OTシリーズ 理学療法編』
編 理学療法科学学会
発行 有限会社アイペック

入手時期:1年後期
むずかしさ★★
おすすめ度★★

 国家試験対策の決定版。必修事項のまとめ+国家試験問題(第28回以降)という構成です。必修事項は並べられているだけで解説文がないので、他の本で理解して、確認のために使うといった形です。毎年新しい版が発行されます。
 アイペックのホームページ(または電話・FAX)や一部の書店でしか買えないので、売り切れていたりなど、入手が困難です。1月以降には手に入りづらくなるので早めの入手を。