授業ノート-神経学02
「まえいき」トップページ> 授業ノート> 神経学02
-LESSON1 大脳半球について-
1.大脳について
 全脳の重量は成人で1300gあります。大脳は中央の深い溝(大脳縦裂 だいのうじゅうれつ)によって左右の大脳半球に分けられ、両者は脳梁(のうりょう)、前交連(ぜんこうれん)などの神経線維の束で互いに連絡しています。

2.大脳半球の構成
 ・大脳基底核(大脳核):大脳半球深部に位置する大きな灰白質です。
 ・白質(皮質下白質、大脳白質、大脳髄質):大脳半球の内側にある、神経線維の集まりです。
 ・大脳皮質:大脳半球の外側にある、神経細胞の密集した厚さ1.5〜4mmの灰白質です。
大脳(半球)の区分
大脳 灰白質 かいはくしつ 基底核 きていかく レンズ核 淡蒼球 たんそうきゅう (内腔)
側脳室
被殻 ひかく
線条体 せんじょうたい
尾状核 びじょうかく
扁桃核 へんとうかく
前障 ぜんしょう
皮質 ひしつ
白質 はくしつ

-LESSON2 大脳基底核-
1.大脳基底核の構成
 大脳半球深部にある灰白質から視床を除いたものを、大脳基底核と総称します。基底核は尾状核、被殻、淡蒼球からなりますが、これに扁桃核と前障を加える場合もあります。
 ・線条体:尾状核と被殻を併せた部分で、基底核の入力部分です(出力は視床)。
 ・レンズ核:被殻と淡蒼球を併せてレンズ核と呼びます。
 ・淡蒼球:さらに、外節(がいせつ)と内節(ないせつ)にわかれます。
 ・扁桃核:視床から様々な感情情報を受け、喜怒哀楽などの情動の発現を生じます。
 ・前障:働きはよくわかっていません。
 ・内包 ないほう(後脚 こうきゃく):レンズ核と視床の間にある白質で、錐体路が走行します。

2.出入力
 基底核は大脳皮質、間脳と連結して運動行動に重要な機能を果たす、錐体外路系の中枢です。この部位が障害されると、不随意運動や筋緊張の異常が起こります。

 (1)入力:線条体が入力を受けます。
  ・黒質線条体路:黒質緻密部(こくしつちみつぶ)から入力を受ける経路です。
  ・皮質線条体路:大脳皮質から入力を受ける経路です。

 (2)出力:淡蒼球内節と黒質網様部から出力し、視床を経て、大脳皮質に伝達されます。
  ・直接路:線条体から直接淡蒼球内節と黒質網様部に連絡し、必要な運動を促進します。
  ・間接路:線条体から淡蒼球外節、視床下核を経て連絡し、不必要な運動を抑制します。
大脳基底核の直接路と間接路
大脳皮質 視床 淡蒼球内節
/黒質網様部
→ → → 視床下核
線条体 →(間接路)→ 淡蒼球外節
→ →(直接路)→ →

-LESSON3 白質-
 白質は皮質下白質(ひしつかはくしつ)、大脳白質(だいのうはくしつ)、大脳髄質(だいのうずいしつ)とも呼ばれ、主に有髄神経線維からなります。

1.投射線維 とうしゃせんい:皮質と皮質下核や脊髄とを結びます。
 線維束となって内包を形成し、皮質下核の間を通って、皮質へ向かって扇状に線維を広げています(放線冠 ほうせんかん)。逆に、脳幹や脊髄に向かう線維束は大脳脚(だいのうきゃく)といいます。内包は前から、前脚、膝、後脚の部分に分かれます。
 ・前脚 ぜんきゃく:視床から前頭葉、前頭葉から同側橋核への線維があります。
 ・膝 しつ:皮質運動野から脳幹運動神経核への線維があります。
 ・後脚 こうきゃく:皮質脊髄線維、視床から皮質感覚野への線維などがあります。

2.交連線維 こうれんせんい:左右半球の皮質間(同一部位)を結びます。
 ・脳梁 のうりょう:新皮質の全域を結びます。
 ・前交連 ぜんこうれん:嗅球、1次嗅皮質などの古皮質、側頭葉前部の新皮質などを結びます。
 ・後交連 こうこうれん
 ・海馬交連 かいばこうれん
 ・手綱交連 たづなこうれん

3.連合線維 れんごうせんい:同側半球皮質間を結びます。
 ・弓状線維 きゅうじょうせんい:隣接の回、同一回内を結びます。
 ・上縦束 じょうじゅうそく:前頭葉、側頭葉、後頭葉の間を結びます。
 ・下縦束 かじゅうそく:後頭葉と側頭葉の間を結びます。
 ・鉤状束 こうじょうそく:前頭葉眼窩面と側頭葉前部を結びます。
 ・帯状束 たいじょうそく:帯状回や海馬傍回の中を走ります。
 ・前頭後頭束 ぜんとうこうとうそく:前頭葉と後頭葉を結びます。
-LESSON4 大脳皮質、皮質領域-
1.大脳皮質:大脳半球の表層にある灰白質の部分です。
 (1)系統発生学的分類
  ・新皮質 しんひしつ:ヒトでは90%を占めています。
  ・中間皮質 ちゅうかんひしつ
  ・古皮質 こひしつ:嗅覚に最も関連します。
  ・原皮質 げんひしつ:大脳皮質で最も早期に分化する領域です。

 (2)形態的分類:隆起(大脳回 だいのうかい)と溝(大脳溝 だいのうこう)から分類します。
  ※頭蓋骨に対応して葉(よう)に区分した場合:下の表(大脳半球の区分)参照。
  a.前頭葉 ぜんとうよう:中心溝の前方にあります。
   ・中心前回 ちゅうしんぜんかい:運動野があります。
  b.頭頂葉 とうちょうよう:中心溝の後方、頭頂後頭溝の前方です。
   ・中心後回 ちゅうしんこうかい:体性感覚野があります。
   ・縁上回 えんじょうかい
   ・角回 かくかい
   ・帯状回 たいじょうかい
  c.後頭葉 こうとうよう
   ・視覚野があります。
  d.側頭葉 そくとうよう
   ・横側頭回 おうそくとうかい:聴覚野があります。
   ・海馬傍回 かいばぼうかい
   ・歯状回 しじょうかい
  e.辺縁葉 へんえんよう
   ・中間・古・原皮質からなり、本能行動や記憶、情動に関わります。

 (3)機能的分類:細胞構築(層の厚さや密度)の違いによる分類です。
  ・ブロードマンの大脳皮質地図:機能が局在する52の領野に区分したものです。

 (4)構造:基本的に6層の円柱構造になっています。
  ・第I層(表在層):小型の水平細胞が少数見られます。
  ・第II層(外顆粒層):小型の星細胞(顆粒細胞)が密集しています。
  ・第III層(外錐体層):小型の錐体細胞が集合しています。
  ・第IV層(内顆粒層):小型の星細胞(顆粒細胞)が密集しています。
  ・第V層(内錐体層):中・大型の錐体細胞が集合し、錐体路線維を出します。
     特に大きなものをベッツの巨大錐体細胞といい、皮質中心前回運動野にあります。
  ・第VI層(多形層):紡錘形の細胞からなります。

  ・錐体細胞:三角形で、長い先端樹状突起を皮質表面へ、軸索を皮質下へ出しています。
  ・星細胞:皮質内の別の細胞とシナプスを形成します。中心後回感覚野に多く見られます。
大脳半球の区分(左外側観)
前頭葉 ぜんとうよう
(運動野)
中心溝 ちゅうしんこう
(ローランド溝)
頭頂葉 とうちょうよう
(感覚野)
外側溝 がいそくこう
(シルビウス裂)
頭頂後頭溝 とうちょうこうとうこう
側頭葉 そくとうよう
(聴覚野)
後頭葉 こうとうよう
(視覚野)

2.機能局在
 (1)運動野:ブロードマンの4野、中心前回にあります。
  ・錐体路系に線維を出し、反対側の骨格筋の運動を支配する運動中枢です。

 (2)体性感覚野:ブロードマンの1・2・3野、中心後回にあります。
  ・皮膚感覚(表在感覚)や深部感覚の中枢です。

 (3)聴覚野:ブロードマンの41・42野、横側頭回にあります。
  ・一次聴覚野で情報を受け、二次聴覚野や感覚性言語野で情報を認識します。

 (4)視覚野:ブロードマンの17・18・19野、後頭葉にあります。
  ・一次視覚野で情報を受け、二次視覚野に送り処理することによって視覚認識を行います。

 (5)言語中枢:右利きの95%、左利きでも70〜80%の人は左半球にあります。
  ・言語中枢のある側の大脳半球を優位半球、他側を非優位半球(劣位半球)といいます。
  ・運動性言語野(ブローカ野):音声の組み立て(発語)に関与する中枢です。
  ・感覚性言語野(ウェルニッケ野):聞いた言葉(言葉の内容)を理解する中枢です。