授業ノート-関節靱帯03
「まえいき」トップページ> 授業ノート> 関節靱帯03
-LESSON1 頭部の関節・靱帯-
●顎関節(側頭下顎関節) がくかんせつ:蝶番関節
 ・下顎頭と関節円板、下顎窩がなす、頭部で唯一の関節です。
 ・外側は外側靱帯、内側は蝶下顎靱帯と茎突下顎靱帯で補強されています。
 ・挙上、下制、前後方、側方へ運動します。
-LESSON2 脊柱の関節・靱帯-
1.環椎後頭関節 かんついこうとうかんせつ:楕円関節
 ・環椎外側塊の上関節窩と、後頭骨の後頭顆を結びます。
 ・前屈、後屈、側屈の運動をします。

2.環軸関節 かんじくかんせつ
 (1)正中環軸関節 せいちゅうかんじくかんせつ:車軸関節
  ・環椎前弓の歯突起窩と軸椎歯突起の前関節面との間、環椎横靱帯と歯突起の後関節面との間に関節腔をもちます。
  ・回旋を行ないます。
 (2)外側環軸関節 がいそくかんじくかんせつ:平面関節
  ・環椎の下関節窩と軸椎の上関節面との間の関節です。
  ・回旋を行ないます。

3.椎間関節 ついかんかんせつ:平面関節
 ・上下の椎骨を結ぶ関節です。
 ・最も大きいのは環椎と軸椎の間の椎間関節です。
 (1)上下の椎骨を結ぶ靱帯
  ・黄色靱帯 おうしょくじんたい:C2〜S1までの上下の椎弓板の間を結びます。
  ・棘間靱帯 きょくかんじんたい:上下の棘突起の間を結びます。
  ・横突間靱帯 おうとつかんじんたい:上下の横突起の間を結びます。
 (2)全椎骨を通して結ぶ靱帯
  ・前縦靱帯 ぜんじゅうじんたい:後頭骨底部から仙骨までの椎体前面を走ります。
  ・後縦靱帯 こうじゅうじんたい:後頭骨斜台から仙骨までの椎体後面を走ります。
  ・項靱帯 こうじんたい:後頭骨の外後頭隆起と第7頸椎棘突起の間に走ります。
  ・棘上靱帯 きょくじょうじんたい:第7頸椎から仙骨までの棘突起を結びます。
 (3)椎間円板 ついかんえんばん:椎体の間にあり、クッションの役割をします。
  ・髄核 ずいかく:椎間円板の中心部にあり、垂直荷重の3/4を負担します。
  ・線維輪 せんいりん:髄核の周囲にあり、垂直荷重の1/4を負担します。
  ※最も可動性があり荷重がかかるのがL5〜S1間の椎間円板で、椎間板ヘルニアになりやすい場所です。

4.ルシュカ関節(鉤状関節 こうじょうかんせつ)
 ・C3〜7では、椎体上面の後外側縁が上方に突出して、上位椎体と接しています。

5.肋椎関節 ろくついかんせつ
 (1)肋骨頭関節 ろっこつとうかんせつ:平面関節
  ・肋骨頭の関節面と、胸椎の下肋骨窩と上肋骨窩との間の関節です。
  ・放線状肋骨頭靱帯 ほうせんじょうろっこつとうじんたい:肋骨頭と椎体を結びます。
 (2)肋横突関節 ろくおうとつかんせつ:平面関節
  ・肋骨結節関節面と、胸椎の横突肋骨窩との間を結びます。
  ・肋横突靱帯 ろくおうとつじんたい:肋骨頸と胸椎横突起を結びます。
  ・外側肋横突靱帯 がいそくろくおうとつじんたい:肋骨結節と胸椎横突起を結びます。
  ・上肋横突靱帯 じょうろくおうとつじんたい:肋骨頸上縁と胸椎横突起を結びます。

6.胸肋関節 きょうろくかんせつ:平面関節
 ・真肋の肋軟骨前端と、胸骨の肋骨切痕の間の関節です。
 ・放線状胸肋靱帯 ほうせんじょうきょうろくじんたい:肋軟骨と胸骨を結びます。
椎間関節の関節面の角度
水平面に対しての角度 前額面に対しての角度
頸椎 45°
胸椎 60° 20°
腰椎 90° 45°