授業ノート-解剖生理学14
「まえいき」トップページ> 授業ノート> 解剖生理学14
-LESSON1 リンパ系とは-
1.リンパ系とは
 ・リンパ = 血漿に類似した(ただし蛋白質が少ない)組織液 + リンパ球 + マクロファージ
 ・血液から染み出て心臓に戻る、体液の下水道のような役割をしています。

2.リンパ系の機能
 ・異物や細菌からの防御、リンパ球の生産、免疫機能を持ちます。

3.リンパ系の構成
 ・リンパ管
 ・液性結合組織(リンパ)
 ・リンパ組織
 ・リンパ器官
-LESSON2 リンパ器官-
●リンパ器官の分類
 ・リンパ球の産生と分配:脾臓、胸腺、骨髄
 ・1次リンパ器官:骨髄、胸腺
 ・2次リンパ器官:リンパ節、扁桃
-LESSON3 リンパ管と毛細リンパ管-
●リンパ管の構造
 毛細リンパ管のリンパが集まり、少し太いリンパ管に流れ込みます。少し太いリンパ管には弁がついていて、逆流を防ぎます。

●毛細リンパ管の分布
 1.浅リンパ管:静脈とともに走行しています。
  ・皮膚に近い組織。
  ・消化器系、呼吸器系、泌尿器系、生殖器系の粘膜。
  ・胸膜、心膜、腹膜にある漿膜の疎性結合組織。

 2.深リンパ管:深層の動静脈にともなうやや太いリンパ管です。
  ・胸腔や腹腔、骨盤腔内の臓器、頸部、上下肢、体幹の骨格筋。
-LESSON4 リンパ本幹-
1.胸管に注ぐリンパ本幹
 ・頸リンパ本幹
 ・鎖骨下リンパ本幹
 ・気管支縦隔リンパ本幹
 ・腸リンパ本幹
 ・腰リンパ本幹

2.右リンパ本幹に注ぐリンパ管
 ・右頭部、頸部、胸部、上肢は胸管に注がず、右リンパ本幹に注ぎます。
-LESSON5 脾臓-
1.脾臓の位置と形状
 ・胃の大弯側、左第9〜11肋骨の間に位置します。
 ・大きさ12cm、重量160gで、深紅色をしている、体内で最も大きなリンパ器官です。

2.脾臓の機能
 (1)異常な血液細胞、血液成分を除去します。
 (2)赤血球のための鉄を貯蔵します。
 (3)抗原に対して、B細胞とT細胞で免疫応答します。