授業ノート-解剖生理学05
「まえいき」トップページ> 授業ノート> 解剖生理学05
-LESSON1 体液の分類と移動-
 体液は身体の60%を占め、細胞内液と細胞外液に分類されます。細胞外液は血管外液と血管内液にわかれます(血管そのものは「細胞」なので、ここには当てはまりません)。
体液の分類
体液(60%) 細胞内液(40%)
細胞外液(20%) 血管内液(5%) 血漿:血液成分
血管外液(15%) 間質液(組織液):血漿成分が組織間に出たもの
リンパ液:間質液がリンパ管に入ったもの
●間質液(組織液):血漿成分が血圧によって濾過され、組織間に出た液体のことです。
 ・濾過されたため、血漿より薄く、蛋白質も少なくなっています。
 ・白血球は見られますが、赤血球は見られません。
 ・Na+(ナトリウムイオン)、Cl-(塩素イオン)を多く含みます。
●リンパ液:余分な間質液が組織圧によってリンパ管に入ったものです。蛋白質を含みます。

●スターリングの法則:細胞内液と細胞外液との間の移動は、主に浸透圧によって行なわれます。
 ・静水圧 せいすいあつ:毛細血管圧により、血管から外に向かう力
 ・膠質浸透圧 こうしつしんとうあつ:アルブミンの数による、血管内に引き入れる力
-LESSON2 電解質とその機能-
●電解質:溶液中で+あるいは-に荷電して、電気的性質を帯びるものをいいます。
 (例)Na+、K+、Mg2+、Ca2+、Cl-、HCO3-など
●非電解質:溶液中でイオン化(電気的性質を帯びること)をしないものをいいます。
 (例)ブドウ糖、蛋白質分解産物(尿素、クレアチニン)など

 電解質の機能は、
1.体液量の調節をし、分布の適正化をはかる
2.浸透圧の平衡を保つ
3.酸・塩基の平衡を保つ(pH7.4)
4.Na+(ナトリウムイオン)・K+(カリウムイオン)によって、神経・筋が正常に機能するように調節
 の4つです。
体液量の調節
体液減少 → 渇中枢 → 飲水 → 体液増加
血漿浸透圧
上昇
抗利尿ホルモン
分泌促進
尿細管の水分・Na
再吸収亢進
レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系
亢進
尿細管の水分・Na
再吸収抑制
抗利尿ホルモン
分泌抑制
血漿浸透圧
低下
レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系
抑制
← 利尿 ← Na利尿ペプチド分泌亢進 ←

-LESSON3 酸・塩基平衡-
 pH(ペーハー)とは水素イオン(H+)の対数のことで、酸と塩基のバランスの指標です。

1.pHを決定する因子は、重炭酸イオン(HCO3-)と動脈血二酸化炭素分圧(PCO2)・炭酸(H2CO3)です。
 (1) pH = 6.1 + log([HCO3-(重炭酸イオン)]/[H2CO3(炭酸)])
 (2) pH = 6.1 + log([HCO3-(重炭酸イオン)]/α[PCO2(動脈血二酸化炭素分圧)])

2.生体はpHの変化に対して、恒常性を維持しようとします。ヒトの血液(体液)のpHは7.4です。
 ・恒常性を維持するために、肺での呼吸でPCO2を、腎臓での代謝でHCO3-を調節します。
恒常性の維持
(対応速度) (維持のための作用)
速い 細胞外液(血漿)による緩衝作用
細胞内液による緩衝作用
肺からの二酸化炭素の排泄(肺性調節:呼吸)
遅い 腎からの重炭酸イオンの排泄と再吸収(腎性調節:代謝)

3.酸・塩基平衡の障害
 (1)酸性
  ・アシドーシス:血漿のH+濃度を増加させ、pHを酸性方向へ変動させる病態です。
  ・酸血症(acidemia):血漿のH+濃度が増大し、pHが酸性へ変動したことです。
 (2)塩基性(アルカリ性)
  ・アルカローシス:血漿のH+濃度を減少させ、pHをアルカリ性方向へ変動させる病態です。
  ・アルカリ血症(alkalemia):血漿のH+濃度が減少し、pHがアルカリ性へ変動したことです。
酸・塩基平衡の障害
代謝性アシドーシス HCO3-(重炭酸イオン)が減少した状態で生じます。
酸性イオンの処理が行なえないときに生じます。
 ※原因:腎不全、尿毒症、組織乳酸蓄積など
代謝性アルカローシス HCO3-(重炭酸イオン)が増加した状態で生じます。
 ※原因:Cl-低下、K+欠乏、利尿剤投与、嘔吐、下痢
呼吸性アシドーシス PCO2(動脈血二酸化炭素分圧)が増加した状態で生じます。
 ※原因:呼吸不全(かぜ)
呼吸性アルカローシス PCO2(動脈血二酸化炭素分圧)が減少した状態で生じます。
 ※原因:過換気、敗血症、肺水腫

●ホメオスタシス(恒常性)の維持:pHや体液のバランスなどを常に一定の状態に保つことです。
●負のフィードバック:生体に起こった変化と逆の作用を起こして打ち消し、恒常性を保ちます。
 
-LESSON4 浮腫-
 浮腫(ふしゅ)とは、体液量の均衡が崩れ、細胞外液が全体的に増加した状態をさします。
 ・血漿蛋白濃度が正常の場合:血漿・間質液ともに量が増大している状態です
 ・血漿蛋白濃度が低下した場合:血管内から血管外へ体液が移動することにより、間質液が増大します

●浮腫の局所性因子
 1.静水圧の上昇:静脈の血圧が高まり、間質液が回収されなくなります。
 2.膠質浸透圧の低下:浸透圧が下がり、水分を吐き出します。
 3.組織圧の低下

●浮腫の全身性因子
 1.アルドステロンの増加:Na濃度が上昇し、水を再吸収して増やします。
 2.抗利尿ホルモン(バゾプレッシン)の増加:水分量を増やします。
 3.ナトリウム利尿ホルモンの低下:Naを尿として排泄できなくなり、水分が増えます。
-LESSON5 脱水-
 脱水は、体液量が不足した状態です。
 ・等張性脱水(混合性脱水):水分とNaの欠乏が体液と同じ濃度の場合です。
 ・高張性脱水(水分欠乏型脱水):水分の欠乏で、細胞外液が高張となり、細胞内液が欠乏します。
 ・低張性脱水(Na欠乏型脱水):Naの喪失が水分を上回った場合で、細胞外液が低張になり、細胞内への水分の移動が生じます。