授業ノート-解剖生理学01
「まえいき」トップページ> 授業ノート> 解剖生理学01
-LESSON1 解剖生理学で学ぶこと-
 身体の異常を知るためには、「正常」な状態を知る必要があります。正常な身体の形態と構造を学ぶのが解剖学、機能を学ぶのが生理学です(異常を学ぶのは病理学になります)。

 生物の構成は原子・分子・細胞・組織・器官・器官系・個体・集団・地球・宇宙……というように広がっていきますが、解剖学・生理学では、器官・器官系を見ていきます。
 人体を構成する器官系は、
●骨格系
●筋系
●神経系
●内分泌系
●心臓血管系
●リンパ系
●呼吸器系
●消化器系
●泌尿器系
●生殖器系
 に分けられますが、理学療法で特に重要になってくるのは、骨・筋・神経の部分です。そして、解剖・生理学の勉強の初歩は、名前を覚えることです。そこで、最初に骨の名称からまとめていきたいと思います。学校の先生によると、骨の名前を覚えれば他の器官の名称も理解しやすくなるとのことです(たとえば、上腕骨-上腕二頭筋-上腕動脈)。
-LESSON2 解剖生理学の基本用語-
 解剖生理学では、日本語の解剖学用語と一緒に、ラテン語・ギリシャ語・英語の表記も覚える必要があります。日本語表記化が推進されているようですが、現場(カルテなど)では日本語ではない場合が多いそうです。
人体の主要な部位
頭(とう head,cephalon)
頸(けい neck,cervicix)
体幹(たいかん trunk) 胸部(きょうぶ chest,thorax)
腹部(ふくぶ abdomen)
鼡径部(そけいぶ inguen,groin)
背部(はいぶ back,dorsum)
腰部(ようぶ loin,lumbs)
殿部(でんぶ buttock,gluteus)
上肢(じょうし upper limb) 上腕(じょうわん arm,brachium)
肘(ちゅう elbow) 肘窩(ちゅうか cubital fossa)
肘頭(ちゅうとう olecranon)
前腕(ぜんわん forearm,antebrachium)
手根(しゅこん wrist,carpus)
手(しゅ hand) 手背(しゅはい dorsum of the hand)
手掌(しゅしょう palm)
下肢(かし lower limb) 大腿(だいたい thigh,femur)
膝(しつ knee) 膝蓋(しつがい patella)
膝窩(しつか popliteus)
下腿(かたい leg,crus)
足根(そくこん ankle,tarsus)
足(そく foot) 足背(そくはい dorsum of the foot)
足底(そくてい sole,planta)

-LESSON3 頭蓋の骨-
 それでは、LESSON2の表「人体の主要な部位」に照らして、具体的な骨の名前に入って生きたいと思います。まずは頭の骨からです(数字は骨の本数)。骨などの分類については医学・歯学などの専門や国によって異なるようです。
脳頭蓋(のうとうがい) 前頭骨 ぜんとうこつ frontal bone 1
頭頂骨 とうちょうこつ parietal bone 2
後頭骨 こうとうこつ occipital bone 1
側頭骨 そくとうこつ temporal bone 2
蝶形骨 ちょうけいこつ sphenoid bone 1
篩骨 しこつ ethmoid bone 1
顔面頭蓋(がんめんとうがい) 涙骨 るいこつ lacrimal bone 2
鼻骨 びこつ nasal bone 2
鋤骨 じょこつ vomer 1
下鼻甲介 かびこうかい inferior nassal bone 2
上顎骨 じょうがくこつ maxillary bone 2
下顎骨 かがくこつ mandible bone 1
口蓋骨 こうがいこつ palatine bone 2
頬骨 きょうこつ zygomatic bone 2
付属骨(ふぞくこつ) 耳小骨 じしょうこつ auditory ossicles 6
舌骨 ぜっこつ hyoid bone 1

-LESSON4 脊柱・胸郭の骨-
 椎骨をあらわすときは、「C1」(第1頸椎)などのように、英語の大文字と下付きの数字で記述します。数字は、頭蓋に近いほうから第1、第2、第3……とふっていきます。
 なお、仙骨は5つの仙椎から、尾骨は3〜5(通常4個)の尾椎からなっています。
脊柱(せきちゅう) 椎骨(ついこつ) 頸椎 けいつい cervical vertebra 7(C1〜C7
胸椎 きょうつい thoracic vertebra 12(T1〜T12
腰椎 ようつい lumbar vertebra 5(L1〜L5
仙骨 せんこつ sacrum 1(S)
尾骨 びこつ coccyx 1(Co)
胸郭(きょうかく) 肋骨 ろっこつ rib 24
胸骨 きょうこつ sternum 1

-LESSON5 上肢の骨-
 手根には手根骨が8個並んでいます。本に覚え方が書いてあったので、一応書いておきたいと思います。
 「にのって をみれば つの大小頭にひっかけた。」

 橈骨と尺骨がどちら側か迷ったときは、「とうちゃん指」(親指)の方が「とう骨(橈骨)」と覚えておくとわかりやすくなります。
上肢帯(じょうしたい) 鎖骨 さこつ clavicle 2
肩甲骨 けんこうこつ scapula 2
自由上肢(じゆうじょうし) 上腕骨 じょうわんこつ humerus 2
尺骨 しゃくこつ ulna 2
橈骨 とうこつ radius 2
手根骨(しゅこんこつ) 舟状骨 しゅうじょうこつ scaphoid bone 2
月状骨 げつじょうこつ lunate bone 2
三角骨 さんかくこつ triquetral bone 2
豆状骨 とうじょうこつ pisiform bone 2
大菱形骨 だいりょうけいこつ trapezium bone 2
小菱形骨 しょうりょうけいこつ trapezoid bone 2
有頭骨 ゆうとうこつ capitate bone 2
有鈎骨 ゆうこうこつ hamate bone 2
中手骨 ちゅうしゅこつ metacarpal bone 10
指骨(しこつ) 基節骨 きせつこつ proximal phalanx 10
中節骨 ちゅうせつこつ middle phalanx 8
末節骨 まっせつこつ distal phalanx 10

-LESSON6 下肢の骨-
 最後は下肢の骨です。足根骨の覚え方は本には載っていなかったので、自分で考えるしかないようです。
下肢帯(かしたい) 寛骨(かんこつ) 腸骨 ちょうこつ ilium 2
坐骨 ざこつ ischium 2
恥骨 ちこつ pubis 2
自由下肢(じゆうかし) 大腿骨 だいたいこつ femur 2
膝蓋骨 しつがいこつ patella 2
脛骨 けいこつ tibia 2
腓骨 ひこつ fibula 2
足根骨(そくこんこつ) 距骨 きょこつ talus 2
踵骨 しょうこつ calcaneus 2
立方骨 りっぽうこつ cuboid bone 2
舟状骨 しゅうじょうこつ navicular bone 2
内側楔状骨 ないそくけつじょうこつ medial cuneiform bone 2
中間楔状骨 ちゅうかんけつじょうこつ intermediate cuneiform bone 2
外側楔状骨 がいそくけつじょうこつ lateral cuneiform bone 2
中足骨 ちゅうそくこつ metatarsal bone 10
趾骨(しこつ) 基節骨 きせつこつ proximal phalanx 10
中節骨 ちゅうせつこつ middle phalanx 8
末節骨 まっせつこつ distal phalanx 10