授業ノート-病理学02
「まえいき」トップページ> 授業ノート> 病理学02
-LESSON1 代謝異常(代謝障害):変性-
 代謝異常(代謝障害)とは、代謝を営む細胞・組織が正常に働かなくなる状態のことです。代謝異常は、退行性病変(細胞・組織の機能が低下した状態)と、異常物質による変性(代謝関係物質の沈着)に分けられます。

 まずは、退行性の病変からです。
●変性 へんせい:生体とその構成要素が生理的活動を妨げられ、死に至る過程のことです。 変性の起こる原因は、以下のものです。
 1.循環障害(低酸素状態、酸素欠乏)
 2.病原体感染
 3.外傷、熱、放射線
 4.化学物質、薬剤
 5.免疫異常(自己抗体を生じる)
 6.遺伝子異常
 7.栄養障害
 8.老化

●萎縮 いしゅく:細胞・組織の容積や数が減少した状態です。原因は5つあります。
 1.加齢
 2.栄養障害
 3.無為(廃用性)
 4.圧迫
 5.神経性

●壊死 えし(ネクローシス):細胞・組織の死をさします。
 ・凝固壊死:凝固性が高まって壊死することです。結核による乾酪壊死(かんらくえし)など。
 ・融解壊死:細胞が液化して壊死することです。
 ・アポトーシス:遺伝子に支配され、プログラムされた細胞の死のことです。
-LESSON2 異常物質の沈着の種類-
 異常物質の沈着には、下の図のようなものがあります。
異常物質の沈着(変性)
(沈着場所) (変性の種類) (沈着する物質) (備考)
細胞内 硝子滴変性 顆粒状物質 尿細管・糸球体にたまる
ラッセル小体 免疫グロブリン 形質細胞にたまる
粘液変性 粘液 胃癌、大腸癌などの場合
細胞内外 石灰沈着 カルシウム 結石症(胆石、尿石など)
細胞外
(間質中)
硝子化 ヒアリン(硝子質) 高血圧症、糖尿病の合併症の場合
アミロイド変性 アミロイド
フィブリノイド変性 フィブリノイド
ムコイド変性 粘液様物質 甲状腺機能障害の場合など
糖原変性 グリコーゲン 肝臓、心臓、骨格筋にたまる
色素変性 炭粉 肺が黒く見える
リポフスチン
(消耗性色素)
加齢によっておこる
メラニン アジソン病、悪性黒色腫など
ヘモジデリン沈着 ヘモグロビンが壊れて鉄分がたまる
血鉄症(ヘモジデローシス)

-LESSON3 異常物質の沈着について-
 蛋白質変性(蛋白質の沈着)の具体的な疾患としては、
1.ネフローゼ症候群:腎糸球体に顆粒状物質が沈着して起こる疾患です(蛋白尿)。
2.尿毒症:BUN(血中尿素窒素の濃度)が高い場合で、腎不全につながります。
3.高アンモニア血症:肝性昏睡につながります。
4.痛風:プリン体の代謝異常です(血中尿酸が増加します)。
5.アミロイドーシス:全身にアミロイドが沈着します。原因不明の原発性、疾患による二次性があります。
6.糖原病:グリコーゲンの代謝異常です(先天性代謝異常の酸素欠損症の場合)。

 一方、脂質変性は脂質が沈着することで、具体的な疾患は、
1.肥満
 ・単純性肥満
 ・症候性肥満:クッシング症、内分泌障害などがある場合です。
2.動脈硬化:粥状硬化症(じゅくじょうこうかしょう)などで、脂肪の沈着が血栓・動脈瘤になります。
3.脂肪肝:アルコール脂肪肝などがあります。
4.高脂血症:血中のコレステロール、中性脂肪が多くなります。

 以下はその他の異常物質についてです。
●石灰沈着:カルシウムの異常沈着には2つの様式があります。
 ・異栄養性石灰沈着:動脈血供給不足による組織の壊死が起こった場合に起こります。
 ・転移性石灰沈着:副甲状腺ホルモンの過剰分泌、癌による骨の破壊で血中に大量放出されます(高カルシウム血症)。
●黄疸 おうだん:ビリルビンの血中量(正常は1.2mg/dl)が2mg/dlを越えて沈着します。
 ・溶血性(肝前性)黄疸:溶血が亢進し、血中ビリルビンから生じたヘモジデリンが沈着します。
 ・肝細胞性(肝性)黄疸:ウイルスや薬剤での肝細胞壊死・機能不全で、ビリルビンを生じます。
 ・閉塞性(肝後性)黄疸:癌や結石による胆汁の通過障害で、血中のビリルビンが増加します。
●糖尿病:インシュリン不足によって糖が代謝されずに起こります(高血糖状態)。I型はインシュリン依存型、II型はインシュリン非依存型です。